2009年9月15日 (火)

イチロー選手 9年連続200安打の偉業達成!

 イチロー選手が、メジャー史上初の9年連続200安打の偉業を達成しました。

 インタビューの中で、「時には野球に打ち込むため家庭の時間を削らざるを得ないこともあったけれども、妻はそれを理解し、助けてくれました。この記録は妻・弓子との共同作業の結果です。」と、奥様に対する感謝の気持ちを述べていらっしゃいました。

 あの天才イチロー選手でさえも一人で成し遂げたものではなく、奥様の支えがあってこそ達成された新記録です。

 二人で作り上げていく幸せというものが感じられて、大変微笑ましく思いました。偉業達成おめでとうございます。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2009年9月14日 (月)

杉山愛選手の引退

 プロテニスプレーヤーの杉山愛選手が引退を発表しました。

 長年に渡って日本の女子テニスをけん引してきた杉山選手。会見でもおっしゃっておりましたが、サポートしていただいたお母様の支えも大きかったようです。

 シングルスのみならず、ダブルスでも大きな大会で活躍されましたね。選手生活お疲れ様でした。しばらくはゆっくり休んでくださいね。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年8月22日 (土)

世界陸上 ボルト選手の100m 200m二冠で世界新記録!

 世界陸上はまさにボルト選手の独壇場という印象ですね。

 100mでは、ライバルのタイソン・ゲイ選手も9秒71とかなりいい走りをしたにもかかわらず、それを寄せ付けない圧倒的な強さでした。驚異の9秒58。こちらは狙っての世界新記録だったと思います。

 一方の200mでは、「世界記録は意識していなかった。」とコメント。にもかかわらず、あっさり19秒19の新記録達成でした。

 この先、どこまで記録を伸ばすのでしょうか?まさに、「すごい!」としか言いようがありません。リレーはどうでしょうか?

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月18日 (火)

2016年オリンピックにゴルフと7人制ラグビー

 2016年のオリンピック競技にゴルフと7人制ラグビーが採用候補として申請されました。

 ゴルフでは石川遼選手や宮里藍選手が出場に意欲を燃やしているようです。タイガー・ウッズは出るのでしょうか?

 日本期待のソフトボールと野球は復活ならず。北京での感動的な女子ソフトボールの金メダルを目の当たりにしただけに、とても残念ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2009年8月17日 (月)

織田裕二さんと世界陸上と映画「アマルフィ」

 イタリアロケで今話題の映画「アマルフィ」に外交官役で主演の織田裕二さん。今度は世界陸上のMCとして活躍ですね。

 過去の世界陸上でも、いろいろな名言や選手に対するあつい応援メッセージがありましたね。

 何事に対してもアツい織田さんのMCにも注目しながら、世界のトップアスリートのパフォーマンスを楽しみたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月26日 (日)

シンクロ メダルなしに思うこと

 ローマで行われている世界水泳のシンクロ競技で、日本はメダルなしに終わりました。

 ロシア、スペインの他、中国、カナダ、イタリアなどにも競り負け、残念な結果となってしまいましたが、新生日本チームはまだまだ若い!前年に北京オリンピックがあり、引退された選手も多く世代交代が進み、10代の選手もたくさんいます。今後まだまだ伸びる余地はあると思うので、ロンドンオリンピック目指し、頑張ってほしいです。

 それにしても、スペインのメングアル選手はかなりのベテランですが、五輪後も引退せず、モチベーションを持ち続け活躍する姿は見事ですね。

 次は競泳です。日本の新エース・入江選手に期待です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月25日 (土)

夏の高校野球 花巻東

 夏の高校野球の予選が各地で始まっています。春のセンバツで優勝の長崎県・清峰も予選で敗れました。また、早稲田実業や箕島などの強豪校も予選で敗退し、波乱の全国予選となっていますね。

 その中、センバツ準Vの岩手県・花巻東は甲子園出場を決めました。東北出身の私としては、応援したいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月19日 (日)

全英オープンと石川遼選手 タイガー・ウッズ

 全英オープンゴルフで、タイガー・ウッズと石川遼選手が同じ組で回るということで、予選2日目のテレビ中継で午前3:30過ぎまで観戦しました。

 石川遼選手は、初日・2日目のinまでのプレーは本当に素晴らしかったです。outに入ってからリズムが崩れ、あっという間にスコアを崩してしまいましたね。これがメジャーの恐さか?しかし、ホールアウト後のインタビューを聞いて、本当によく自分のゴルフが分析できていたので、今後につながる良い経験になったと思います。

 タイガー・ウッズもまさかの予選落ち。こんなタイガーを見たのは久しぶりです。今年アメリカツアーでもすでに3勝をあげ、調子自体は悪くなかったと思うのですが・・・

 遼クンとタイガーの対決が見れたのは良かったのですが、共に好調からはほど遠いプレイだったのが残念でした。二人の姿が決勝ラウンドにないこともとても寂しいです。今度は、メジャーの優勝争いでの対決を楽しみにしたいと思います。

 全英オープン5回優勝のトム・ワトソンがトップタイで頑張っていました。本当に懐かしい!59歳の大ベテランのワトソンに優勝してほしいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月 8日 (水)

ウィンブルドンテニス2009 激闘の決勝戦 フェデラーVSロディック

 ウィンブルドンテニスの男子決勝戦は実に見応えのある素晴らしい試合でした。

 フルセット、77ゲームに及ぶ熱戦を制して、フェデラーが6回目の優勝を果たし、通算15個目のメジャータイトルを獲得し、世界ランキングも1位に返り咲きました。

 私はテニスプレーヤーとしても、一人の人間としてもフェデラーのファンなので、彼が優勝できてうれしく思いました。この試合を見て、対戦相手のロディックも大変素晴らしかった。ちょっとの差で準優勝となりましたが、ロディックにも優勝させてあげたかった!とも思ってしまい、彼のファンにもなりました。

 ピート・サンプラスもロイヤルボックスに観戦に来ていて、優勝したフェデラーをたたえていましたね。そしてまた、フェデラーやロディックのインタビューからも偉大な功績を持つサンプラスを尊敬する気持ちが伝わってきました。

 最盛期のフェデラーとサンプラスが対戦したら、どちらが強いのかなあ?などと想像しながら、表彰式を見ました。

 昨年に引き続き、内容の濃い決勝戦でした。次の全米オープンも楽しみです。

 

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2009年7月 5日 (日)

ウィンブルドンテニス2009 ウィリアムズ姉妹とフェデラー

 ウィンブルドンテニスもいよいよ男女シングルス決勝です。毎日テレビで観戦して、寝不足状態が続いています。

 女子はウィリアムズ姉妹の対戦になりました。「両親はどちらを応援しているのかなあ?どちらに優勝してもらいたいのかなあ?」と、ふと思ったりします。

 男子はフェデラーVSロディックの対戦になりました。セミファイナルも見ましたが、フェデラーはショットのミスが少し出たりして、絶好調というわけではなかったけれども、ハースにブレイクチャンスさえ与えないスキのないテニスでした。大切なここぞという時にはフェデラーがポイントを取っていたという感じで、終わってみればストレート勝ちでしたね。

 ロディックも地元期待のマレーをタイブレークを制して粘り強いテニスで破ってきました。細かいショットのミスなどを微調整して、優勝に向けてのモチベーションがあがってくれば、やはりフェデラー有利でしょう。5日の決勝も楽しみです。

 テニスファンとしては、昨年の名勝負を繰り広げた怪我で欠場のナダルは、どういう思いでいるのかなあとも考えてみたりもします。

 ロイヤルボックスにはビヨン・ボルグやロッド・レーバーなどの往年の名プレーヤーの姿もありました。さすがウィンブルドン!歴史と伝統と権威を感じます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧