2008年11月 2日 (日)

ブログが秘めるセラピー効果

 ブログを書き、自分の悩みや思っていることを訴えたいと考える人も多いと思います。

 実際に、医学的にもブログには癒し効果があり、アメリカでは治療の一環として患者にブログ執筆を勧める精神科医が増えているようです。

 ハーバード大学の神経科医は、「読者を前提とするブログは従来の日記より一段上の存在である。人は悩みがある時、人に話して助けてもらおうとし、対話は癒し効果を持つ。ブログに治療効果があるのは、同情してくれる読者に近づけるからであろう。」と言っています。

 また、ブログの匿名性も効果を高めており、親密度は高いが、傷つく恐れは少ないそうです。

 日頃もやもやした心の中の思いがあれば、ブログをはじめて、自分の意見を表現してみませんか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)