« 看護師さんが足りない! | トップページ | ソウルへの旅② グルメ編 »

2009年10月 3日 (土)

ソウルへの旅① 観光編

 香港、北京、シンガポールを旅したことはありましたが、日本人に一番人気があり、最も近いソウルに行った事がなかったため、夫と二人ソウルを旅してきました。その時のおすすめをを御紹介したいと思います。

 (観光編)

 ・世界文化遺産の昌徳宮、宗廟、水原華城などをいろいろ巡りました。北京の荘々たる世界遺産を見た後だったので、やはり、故宮、い和園などと比較すると小規模だなあと正直思いましたが、それなりに、韓国らしさが伝わってきました。

 別の機会に行った60歳代の私の母は、韓流ドラマも見ていたので、MBC「大長今(デジャングム)」テーマパークが面白かったと言っていました。

 ・ミュージカルパフォーマンス「ナンタ」

 包丁などの料理器具を使ったスピード感あふれるエネルギッシュなステージは、かなりの迫力があります。パフォーマーの二の腕の筋肉が逞しい!最後にエプロングッズを購入して、握手とサインをしていただき、出演者の皆さんと記念写真を撮っていただき、とてもよい思い出になりました。今でも、料理をする時には、家でこの時のエプロンを使っています。

 ・ 明洞、アックジョンドン散策

 ソウルの流行の最先端を行くアックジョンドンやにぎやかで活気あふれる街の明洞などもたっぷり散策しました。とても面白かったです。

 チェ・ジュ行きつけのカフェでランチをいただき、有名人のサイン帳も鑑賞してきました。また、イ・ビョンホン行きつけのパン屋さんでパンを買い、お茶してきました。良い思い出になりました。

 

|

« 看護師さんが足りない! | トップページ | ソウルへの旅② グルメ編 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/86468/23484086

この記事へのトラックバック一覧です: ソウルへの旅① 観光編:

« 看護師さんが足りない! | トップページ | ソウルへの旅② グルメ編 »