« TBSアナウンサー 安住紳一郎さん | トップページ | 金沢への旅② グルメ編 »

2009年9月27日 (日)

金沢への旅① 観光編

 前田家百万石の城下町である金沢は、文化的な香りが高く、四季の移り変わりの中で時期によりさまざまな美しい姿を見せてくれます。私達夫婦は、新緑の美しい5月初旬に金沢を旅してきました。

 (観光編)

 ・兼六園

 江戸時代を代表する林泉回遊式遊園で、日本三名園のひとつです。緑が映える手入れの行き届いた美しい庭園をゆったりと、おしゃべりをしながら散策していると、とても落ち着いた気分になります。二人で有名な琴柱灯篭で記念撮影をしてきました。

 また、その内部にある成撰閣も合わせて見学することをおすすめします。13代藩主斉泰が母のために建てた隠居所で、ギヤマンの雪見障子、極彩色の欄間など、贅を凝らした優美な邸宅です。とても艶やかでした。

 ・妙立寺(忍者寺)

 私達が行った時は連休だったせいか、かなり混んでいて、予約制をとっていました。お寺の内部は隠し階段や扉、ふすまなど、敵から身を守るためのさまざまな工夫やカラクリが施されていて、びっくりしました。昔の人はよく考えたなあと感心させられました。係の方が何人かまとめて、カラクリの内容を詳しく説明してくださるので、わかりやすく、とても面白かったです。

 ・21世紀美術館

 地方の美術館が集客に苦戦することが多い中、大成功をおさめている美術館です。現代アートの斬新な作品が多いです。今までにないタイプのユニークな美術館だと思います。

 ・ひがし茶屋街、主計町茶屋街

 紅殻格子の家並みが続く粋な所で、どこか京都を感じさせるような風情のある街並みです。しっとりした落ち着いた雰囲気で、のんびりできました。

 ・その他、箔座で金箔の茶室を見学したり、加賀友禅伝統産業会館で手描き実演を見たり、名品の展示を鑑賞したり・・・などいろいろ見る所がたくさんあります。街をぶらぶら散策していると、無料で見学できるスポットも数多くあります。

|

« TBSアナウンサー 安住紳一郎さん | トップページ | 金沢への旅② グルメ編 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/86468/23494188

この記事へのトラックバック一覧です: 金沢への旅① 観光編:

« TBSアナウンサー 安住紳一郎さん | トップページ | 金沢への旅② グルメ編 »