« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月31日 (金)

誠意ある人

 最近、同じ職業の2人の方と接する機会がありました。

 最初にコンタクトをとったHさんの場合、お話したいことがあり連絡を取っても電話応対中などでなかなか話せないことが多く、後で折り返しますというものの連絡がないことも多かったです。わからないことや今後の打開策などを相談しても具体的なアドバイスは全くなし。調子のいいことしか言いません。誠意がまったく感じられませんでした。

 それに対してWさんは、私の思いや困っていることをよく聞いてくださいました。その上で、かなりきつい注意やダメだしもされました。これもダメ、あれもダメと・・・しかし、かえって私はそれが嬉しかったです。今まで、自分が勘違いしていたことやこれからどうしていかなければならないか、自分の現実の状況などがしっかり把握できたのもWさんのおかげです。そして、どんな小さなことでもメールや電話を通して細かく連絡をくれ、「一緒に頑張りましょうね。」という励ましがあります。的確なアドバイスもあります。Wさんとお話していると、すごく勇気付けられるし、頑張る力もどんどん湧いてきます。私のことをすごく考えてくれているという情熱や誠意も伝わってきます。

 「誠意」ってすごく大切なものだと思います。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月30日 (木)

ホカホカの薄皮まんじゅう 柏屋

 実家に帰った時、郡山駅のおみやげ館内の「柏屋」で、職人さんの手作りの蒸しあげたばかりのホカホカの薄皮まんじゅうをイートインするのが、最近のひそかなマイブームです。

 1個94円で、あたたかい緑茶つきです。冷めても美味しい薄皮まんじゅうですが、ホカホカあつあつのお味はまた格別です。2個も3個も食べれそうですが、1個で我慢しています。

 機会があれば、ぜひ御賞味くださいませ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月29日 (水)

一人結婚記念日②

 この投稿を読んで、同じく夫に先立たれ身としては、心にぽっかりと穴があいてしまったような、せつなくてやりきれない気持ちは手に取るようにわかります。自分の中にいつも満たされない、言い表すことのできない何ともいうことのできない寂しさもあります。行動を起こしてもいろいろな困難が生じ、うまくいかないこともしばしば・・・

 この62歳の投稿者の方は、今では人生をプラス思考で考えられるようになったとのこと。私も彼女を見習い、前向きに生きていきたいと思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月28日 (火)

一人結婚記念日①

 雑誌で以下のような素敵な記事を読みました。

 「夫が亡くなった年のある日、私は一人でバス旅行に出かけました。その日は私たち夫婦の33回目の結婚記念日だったからです。恋愛結婚が少ない時代、夫とは、家族に猛反対されたにもかかわらず結婚したいきさつがあり、帰郷しても歓迎されないなど、苦しみがありました。夫を亡くしてからの日々、毎日がむなしく、悲しくてどうしようもない日々・・・そんなある日、二人で行ったことのある信州のバス旅行の広告を見つけ参加しました。旅行では、一人で参加していた他の3人の女性と一緒になり、彼女たちにどんな思いで来たのかを話しました。素直に自分の気持ちを打ち明けることができ、心が軽くなりました。励ましてもらい、元気付けてもらい・・・それから毎年その時の4人のメンバーで旅行をしています。今では、済んだ事をいつまでも悔やむよりも、その日その時を一生懸命生きて、元気でいることで夫も喜んでくれているだろうと思えるようになりました。バス旅行に参加したおかげで素敵な友達もでき、、一人結婚記念日は新しい私が生まれた記念日にもなりました。」という内容の62歳の女性の投稿でした。

 心にしみますね・・・

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月27日 (月)

佐藤浩市さんと「官僚たちの夏」

 7月からの新ドラマで佐藤浩市さん主演の「官僚たちの夏」が始まりました。昭和の高度成長期の時代に自動車産業を盛り上げ、日本をアメリカに対抗できる国にしようと努力する官僚たちの熱い思いをテーマにしたドラマです。数年前の同じTBSのドラマ「華麗なる一族」を思い起こさせます。

 佐藤浩市さんは、三国連太郎さんの御子息ですが、親の七光という印象はまるでなく、御自分の実力でしっかりとした地位を確立され、今や日本の映画やテレビ界には欠かすことのできない名俳優となっています。独特の存在感と演技力が光る素晴らしい役者さんですよね。

 同じように中井貴一さん、香川照之さんなども2世役者さんですが、実力も十分で存在感を示していると思います。

 「官僚たちの夏」のドラマの展開もとても楽しみですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月26日 (日)

シンクロ メダルなしに思うこと

 ローマで行われている世界水泳のシンクロ競技で、日本はメダルなしに終わりました。

 ロシア、スペインの他、中国、カナダ、イタリアなどにも競り負け、残念な結果となってしまいましたが、新生日本チームはまだまだ若い!前年に北京オリンピックがあり、引退された選手も多く世代交代が進み、10代の選手もたくさんいます。今後まだまだ伸びる余地はあると思うので、ロンドンオリンピック目指し、頑張ってほしいです。

 それにしても、スペインのメングアル選手はかなりのベテランですが、五輪後も引退せず、モチベーションを持ち続け活躍する姿は見事ですね。

 次は競泳です。日本の新エース・入江選手に期待です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月25日 (土)

夏の高校野球 花巻東

 夏の高校野球の予選が各地で始まっています。春のセンバツで優勝の長崎県・清峰も予選で敗れました。また、早稲田実業や箕島などの強豪校も予選で敗退し、波乱の全国予選となっていますね。

 その中、センバツ準Vの岩手県・花巻東は甲子園出場を決めました。東北出身の私としては、応援したいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月24日 (金)

皆既日食 見えましたか?

 46年ぶりの皆既日食が日本で見れるということでだいぶ話題になりましたが、皆さんは御覧になりましたか?

 女優の沢尻エリカさんも、旦那様の高城氏と夫婦仲良く拝見されたみたいですね。

 天気の関係ではっきり見えなかった場所もあるようですが…私自身は個人的にいろいろ忙しくて思い悩むこともあり、皆既日食どころではありませんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年7月23日 (木)

お金持ちの方が合理的?有効なお金の使い方

 お金持ちの方が派手にお金を使っているというイメージがありますが、実は彼等はお金とシビアに付き合っているらしいという記事を雑誌で読みました。

 年商1500億円以上の上場会社の4代目社長の父は大の倹約家。洋服は擦り切れるまで着て、モノは壊れるまで使う。実家の冷蔵庫は19年前に買ったツードアのまま。割り箸は何度も洗って使うのだとか。その娘さんは結婚し、勤務医の夫と暮らしているが、大好きな歌舞伎には遠征費も合わせて月6万円以上使うが、その時は必ず手作りおにぎりと麦茶を入れたペットボトルを持参。映画はレディースデーしか見ないし、惣菜は半額になってからしか買わないそうです。

 ある社長さんは、セーターはカナーリで靴はプラダだが、タートルやパンツはユニクロで、散髪は1000円カット。

 お金持ちの皆さんの談によれば、「節約は志のようなもの。お金は強い意志をもって使っている。」「お金が惜しいわけでなく、合理的なことをしたいだけ。」「無駄なものを持たなければ、お金はたまる。」とのこと。

 つまり、教育や趣味、スキルアップなど、自分を高めるための必要なものへの投資にはお金を惜しまないが、無駄なものには使わないという、いたってシンプルなことのようです。彼等を見習って、有効なお金の使い方を見習いたいものですね。

 

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2009年7月22日 (水)

十勝大名のたい焼き

 北海道旅行に行った時、エスタ食品街で十勝大名のたい焼きが売っていました。次々と焼かれているのに人が並んでどんどん買っていくので、ちょっとした行列になっていました。

 食べたくなって購入してみました。一匹ごとに焼くタイプで115円です。パリッとした薄い皮と、このお店で毎日たい焼き用に作っている粒あんがしっぽまでたっぷり入っていました。アツアツで超美味しかったです。

 私が一番と思っていた麻布十番の浪花家よりも好みかも・・・とても気に入ったので、たい焼きの粒あんを300gお土産に買って帰りました。

 旅行から帰り、仕事で横浜に出かけた時、同じ十勝大名の一匹ごとに焼くタイプのたい焼きが売っていたので、購入していただいてみました。すると、皮も札幌のよりもやや厚めで、あんこは札幌の方がかなり美味しく感じました。値段も136円とちょっぴり高め。札幌の味が関東で再現されていなくて、ちょっぴり残念!

 札幌に行ったら、また食べたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月21日 (火)

西川史子先生が婚約

 女医でタレントの西川史子先生が、かねてからお付き合いしていた3歳年下の福祉関係の会社役員の男性と婚約しました。

 結婚相手の条件として年収4000万円以上!と発言するなど、高飛車キャラで活躍中の西川先生でした。結婚後はキャラも変化してしまうのでしょうか?

 御自身では、会見で「つまらない女になってしまった」とおっしゃっていましたが・・・

 でも、実はテレビで見る西川先生は生意気なキャラクターを演じているだけで、実は気配りのできる優しい女性だと私は思います。お幸せになってくださいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月20日 (月)

夏の三連休

 夏休みも始まり、7/18・19・20の三連休も今日でおしまい。皆様はどのように過ごされましたか?

 ETC割引を利用して、家族で遠くへ出かけて方、家でゆっくりしていた方、街に出かけた方、過ごし方もいろいろでしょうか。

 衆議院の国会議員の皆様は、連休明けに解散・総選挙のために、のんびりしているわけにはいかなかったでしょうね。今後の政局はどうなっていくのか、大変気になるところです。

| | コメント (2) | トラックバック (2)

2009年7月19日 (日)

全英オープンと石川遼選手 タイガー・ウッズ

 全英オープンゴルフで、タイガー・ウッズと石川遼選手が同じ組で回るということで、予選2日目のテレビ中継で午前3:30過ぎまで観戦しました。

 石川遼選手は、初日・2日目のinまでのプレーは本当に素晴らしかったです。outに入ってからリズムが崩れ、あっという間にスコアを崩してしまいましたね。これがメジャーの恐さか?しかし、ホールアウト後のインタビューを聞いて、本当によく自分のゴルフが分析できていたので、今後につながる良い経験になったと思います。

 タイガー・ウッズもまさかの予選落ち。こんなタイガーを見たのは久しぶりです。今年アメリカツアーでもすでに3勝をあげ、調子自体は悪くなかったと思うのですが・・・

 遼クンとタイガーの対決が見れたのは良かったのですが、共に好調からはほど遠いプレイだったのが残念でした。二人の姿が決勝ラウンドにないこともとても寂しいです。今度は、メジャーの優勝争いでの対決を楽しみにしたいと思います。

 全英オープン5回優勝のトム・ワトソンがトップタイで頑張っていました。本当に懐かしい!59歳の大ベテランのワトソンに優勝してほしいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月18日 (土)

人生記 ~人生70年を迎えて~ 患者さんからの感謝のお手紙

 クリニックの患者さんから、自分の人生の歩みを綴った「人生記~人生70年を迎えて~」という小冊子と直筆のお手紙をいただきました。

 貧乏な農家の次女として生まれ苦労したこと、母親が早く亡くなり兄弟の面倒や毎日の家事で大変忙しく、勉強したくてもそうした事情で学校に行けなかったこと、そんな中でも、昭和39年テレビで東京オリンピックを見て嬉しかったこと、夫の看病と孫の子守と忙しい中にも楽しさがあったこと、今までやった仕事は内職、保険の集金38年間、畳屋に勤めて10年間、左官屋2年間、外交セールス2年間、襖はりの自営業20年間、土方仕事3年間など多岐にわたり、その仕事と子育て・家事を両立し頑張ってきたことなど・・・

 福島県の農家に生まれたおばあちゃん世代が、こうして自分の人生を振り返って自分史をしたためるという事は凄いことだと思います。物資も少ない時代に、この方が大変苦労して生きてきたことが素朴な言葉でよく伝わってきて、大変楽しく読ませていただきました。

 私にはこれだけのことを両立しやりぬくことは無理・・・と正直思います。

 同時に、私は何不自由なく育ててもらい、十分な教育を受けさせてもらったことを当然のように思っていたので、両親や祖母にも改めて感謝しなければならないなあと思いました。

 当クリニックの医療スタッフに対しても、「身体の方が少しづづ良くなっていくようで、大変皆々様方には感謝しております。」とのお手紙をいただいたことも、医療人として嬉しいことでした。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年7月17日 (金)

育児放棄に思うこと

 私の友人の知り合いに、夫36歳、妻22歳と年の離れた夫婦がいます。できちゃった結婚で、今娘は3歳です。旦那様は残業なども多く、仕事は超多忙で、奥様は専業主婦という現況です。

 ところがこの奥様、面倒を見てくれる自分の実家近くに引越し、今は食事もろくに作らず、洗濯もせず、子供が入院しても夜の付き添いは忙しい夫にやってもらうという状況です。働いてもいないのに娘を月7万円の保育所に預けたり、祖母にみてもらったりして自分は友達と遊びに行くこともしばしば。それでいて、「お金がない」と愚痴をこぼしてばかりいます。

 確かにてんかんという持病はありますが、発作が頻繁に出ているわけでもなく、日常生活において家事や育児が不能という状態にはないと思います。

 しかし、何かというと「病気だから仕方がない」と言い、私から見ると、すべてを病気のせいにして責任転嫁しているようにしか思えません。何よりも子供が一番かわいそう!

 家族や夫など周りも病気だから仕方がないで済ませるのではなく、母親として、妻としてどうしていかなければならないのか、もっとしっかり導いてあげなければならないと思います。何でも面倒を見てあげること、常に助け船を出すことだけが優しさではありません。世の中にはもっと厳しい状況の中、必死に働きながら子供を育て頑張っている人がたくさんいます。

 年齢だけでは計れませんが、母になるにはまだ未熟だったのかもしれません。将来のことを考えると、今のうちに考えを変えなければ、不幸な結果になる気がします。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年7月16日 (木)

特定保健用食品(トクホ)と健康食品

 メタボ検診も始まり、今、健康に気を使う人たちも多くなってきました。健康食品トとか、トクホといった言葉をよく耳にしますが、その違いは何なのでしょうか?

 「健康食品」とは、健康の保持増進に資する食品として販売・利用されるものを総称するものを指します。健康食品には、実際に健康の保持増進効果があるかどうかが確認されているものもあれば、そうでないものもあります。

 このうち、国がその健康保持増進効果を確認したものが「保健機能食品制度」で、保健機能食品には「特定保健用食品(トクホ)」と「栄養機能食品」があります。つまり、トクホは国のお墨付きがあるわけですね。

 ちなみに、愛好者も多い「サプリメント」は健康食品に含まれ、国がその効果を確認したものではありません。

| | コメント (0) | トラックバック (7)

2009年7月15日 (水)

午後の紅茶 アジアンストレート

 暑くなってくるとのども渇きいろいろなドリンクが飲みたくなってきます。

 先日、午後の紅茶シリーズのアジアンストレートを購入してみました。最初は紅茶の風味がして、あとからジャスミンの香りがします。私は、紅茶もジャスミンティーもどちらも好きなので、一度で二度楽しめる感もあり気に入りました。

 コーヒーよりも紅茶が好きなので、アイスコーヒーはたくさん売っていてもアイスティーは種類が少ないのが残念です。ジャワティー、紅茶花伝、午後の紅茶シリーズぐらいでしょうか?

 美味しいアイスティーがあったら、教えてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月14日 (火)

久しぶりの仙台

 用事があり、久しぶりに仙台を訪れました。相変わらず、駅には仙台名物の笹かまぼこ、牛タン、萩の月を販売する店が連なっていました。

 東北の中心となる100万人都市なだけあって、日曜日ということもあり、みどりの窓口もかなりの行列でした。

 エキナカにあったすし横丁のお気に入りのお店がなくなっていたことがショックでした。数年前に亡き夫と仙台を訪れた際にも、2回も立ち寄って穴子丼をいただいた思い出のおすし屋さんだったのに、とても残念で寂しかったです。

 パルコも新しくできて、エスパルも郡山・福島と比べると規模が大きく、お土産も充実しています。エスパル地下の「レ・フィーユ」でお茶してきました。このお店は仙台ロールというロールケーキが名物のお店で、夫とパフェを食べた思い出の場所でもあります。

 さすが仙台、首都圏にあって他の東北の都市では見かけないお店、スープストックトーキョー、パン屋のポンパドール、シェ・リュイ、Roll Maduなどもありました。東京ほどはお店も込み合っていないので、時々仙台めぐりもいいなあと思いました。

 

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年7月13日 (月)

タモリさんと白内障手術

 タモリさんが白内障手術を受けるため、1週間「笑っていいとも!」をお休みするそうです。

 月から金まで帯での生番組をずっとやってきたタモリさん。本当にすごいです。60過ぎになれば、誰でも少なからずおきてくる白内障。手術自体は局所麻酔で20分ぐらいで終わると思います。

 手術をしてばっちり見えるようになっていいともに復帰し、またタモリ節を聞かせていただきたいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月12日 (日)

むぎの里の手延べうどん

 前身の「味の民芸」の時代から通い続けて20年前・・・こちらのお店のうどんが大好きで、高校時代には毎週土曜日のお昼に、学校のそばにある店舗で「天ぷらうどん」を食べるのが当時の楽しみでした。

 ちょっと前に名前が「むぎの里」に変わったものの、うどんの味はそのままで時々行っています。

 夏の新メニューは「焼きしゃぶうどん」など。夏野菜のなすやカボチャの素揚げ、かみこみ豚のスパイシー焼きののったヘルシーかつボリュームのある食欲が進みそうなメニューがたくさんあります。

 皆さんも、ぜひ御賞味くださいませ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月11日 (土)

男性の「拒食症」

 拒食症といえば、若い女性の病気というイメージがありますが、男性も拒食症になるそうです。例えば、作家のフランツ・カフカは死後、複数の臨床医によって拒食症だったとの診断を下されています。

 拒食症の原因は、スリムなモデルや偏った美的感覚を押しつけるメディアにあるとの批判もありますが、その原因はもっと複雑なものであるようです。食べないことで自己の存在が高められたと感じる患者さんもいるとのこと。食事を抜くとか体重を1キロ減らすとか、そうした小さな勝利の積み重ねに達成感を感じるらしいです。

 「飢えを選ぶー欲望と自己否定、拒食症克服の記録」は、男性患者を含む19人の拒食症患者の体験談をまとめたものです。同書の著者たちの体験は、世間の固定観念とはかけ離れたものです。「食べれば治ることなのに、なぜ?」と思いがちですが、複雑な深層心理があるのでしょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月10日 (金)

ウルフルズが活動休止

 ウルフルズが活動休止を発表しました。

 「ガッツだぜ!」など元気をみんなに与えてくれるような楽曲が多かったですね。私の妹はウルフルズのファンで、コンサートにも行ったことがあったと思います。

 昨年のサザンオールスターズに続き、活動休止の発表は残念ですね。やはり、長くバンド活動を続けていくということは難しいものなのでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2009年7月 9日 (木)

マネケンのワッフル

 大宮駅に立ち寄った時、小腹がすいていたので、「マネケン」のワッフルを買ってみました。

 味のバリエーションは豊富で、季節限定のバナナ、チョコ、メープル、宇治抹茶など・・・迷いましたが、一番人気の定番プレーンにしました。すぐ食べたいといったら、焼きたてのあったかいワッフルをくれました。2年振りぐらいだと思いますが、久々にいただきました。今はなくなってしまいましたが新宿にお店があった頃、大学生の時よく食べていました。

 ベルギータイプのもっちりとしたタイプで美味しかったです。高校生からおじ様まで、いろいろな年齢層の方が購入していました。今度は季節限定のバナナを買ってみようかと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月 8日 (水)

ウィンブルドンテニス2009 激闘の決勝戦 フェデラーVSロディック

 ウィンブルドンテニスの男子決勝戦は実に見応えのある素晴らしい試合でした。

 フルセット、77ゲームに及ぶ熱戦を制して、フェデラーが6回目の優勝を果たし、通算15個目のメジャータイトルを獲得し、世界ランキングも1位に返り咲きました。

 私はテニスプレーヤーとしても、一人の人間としてもフェデラーのファンなので、彼が優勝できてうれしく思いました。この試合を見て、対戦相手のロディックも大変素晴らしかった。ちょっとの差で準優勝となりましたが、ロディックにも優勝させてあげたかった!とも思ってしまい、彼のファンにもなりました。

 ピート・サンプラスもロイヤルボックスに観戦に来ていて、優勝したフェデラーをたたえていましたね。そしてまた、フェデラーやロディックのインタビューからも偉大な功績を持つサンプラスを尊敬する気持ちが伝わってきました。

 最盛期のフェデラーとサンプラスが対戦したら、どちらが強いのかなあ?などと想像しながら、表彰式を見ました。

 昨年に引き続き、内容の濃い決勝戦でした。次の全米オープンも楽しみです。

 

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2009年7月 7日 (火)

7月7日は「七夕」

 7月7日は「七夕」です。街を歩くと、笹の葉につるされた願い事が書かれた短冊を見かけます。

 私の勤務する老人ホームでも入所者の方々が、いろいろな願い事をしたためていました。「病気が治りますように」「世界が平和になりますように」「長生きできますように」など・・・やはり、健康に関する願い事が目立ちました。

 小さなお子様は、「将来○○になれますように」「勉強ができるようになりますように」など、未来の夢についての願い事が多いですね。

 「みんなの願いが叶うといいなあ・・・」と願いつつ、七夕の日を過ごしたい思います。

 ちなみに七夕の日は、私の妹の最愛の旦那様の誕生日でもあり、二人の記念日なのです。今日は夫婦で、ゆっくりと記念日を楽しんでいるのかなあ・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月 6日 (月)

石原裕次郎さんの二十三回忌法要

 石原裕次郎さんの二十三回忌法要が7月5日、国立競技場で盛大に行われました。

 11万人を超えるファンが集結。渡哲也さんの音頭で天国の裕次郎さんに向けてファンと共に、「裕ちゃーん、裕ちゃーん!」と大合唱・・・賑やかなことが大好きだった裕次郎さんも石原軍団やまき子夫人、多くのファンの皆さんと共に充実した時を過ごすことができ、さぞかし喜んでいるのではないでしょうか。

 ちなみに私の妹も、福島から法要に参加するため国立競技場へ行きました。「スケールの大きさがすごかった!」と言っていました。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年7月 5日 (日)

ウィンブルドンテニス2009 ウィリアムズ姉妹とフェデラー

 ウィンブルドンテニスもいよいよ男女シングルス決勝です。毎日テレビで観戦して、寝不足状態が続いています。

 女子はウィリアムズ姉妹の対戦になりました。「両親はどちらを応援しているのかなあ?どちらに優勝してもらいたいのかなあ?」と、ふと思ったりします。

 男子はフェデラーVSロディックの対戦になりました。セミファイナルも見ましたが、フェデラーはショットのミスが少し出たりして、絶好調というわけではなかったけれども、ハースにブレイクチャンスさえ与えないスキのないテニスでした。大切なここぞという時にはフェデラーがポイントを取っていたという感じで、終わってみればストレート勝ちでしたね。

 ロディックも地元期待のマレーをタイブレークを制して粘り強いテニスで破ってきました。細かいショットのミスなどを微調整して、優勝に向けてのモチベーションがあがってくれば、やはりフェデラー有利でしょう。5日の決勝も楽しみです。

 テニスファンとしては、昨年の名勝負を繰り広げた怪我で欠場のナダルは、どういう思いでいるのかなあとも考えてみたりもします。

 ロイヤルボックスにはビヨン・ボルグやロッド・レーバーなどの往年の名プレーヤーの姿もありました。さすがウィンブルドン!歴史と伝統と権威を感じます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月 4日 (土)

つるの剛士さん グアムでリゾ婚 6年越しの挙式

 タレントのつるの剛士さんが、結婚式を挙げたことをブログで明かしました。「グアムでリゾ婚してきました~」とのこと。

 2003年入籍後、6年越しの挙式となりました。11月には、第4子が誕生する予定です。つるのさんは、イエローリボン賞(ベストファーザー)芸能部門を受賞しています。家族をとても大切にしていて、あたたかいお父さんぶりが画面からも感じられます。今や理想の父親の代名詞ですね。

 奥さまもさぞかし嬉しかったのではないでしょうか。お父さんがいて、お母さんがいて、子供たちがいて、にぎやかで笑顔の絶えないあたたかい家族・・・うらやましいですね。

 

| | コメント (1) | トラックバック (5)

2009年7月 3日 (金)

川村カオリさん 乳がんがさらに転移

 歌手の川村カオリさんが、乳がんがさらに転移していたことを発表しました。

 自身が乳がんであることを昨年発表し、乳がん検診の啓蒙活動や音楽活動などを積極的に行ってきた川村さん。シングルマザーとして子育ても頑張っていました。

 お子さんのためにも、がんに負けないでもらいたいです。

 

| | コメント (0) | トラックバック (8)

2009年7月 2日 (木)

「生まれ変わりたい有名人は誰?」ランキング

 テレビで、40歳以上の人に聞いた「生まれ変わりたい有名人は誰?」の結果をランキング形式で紹介している番組を見ました。結果は以下の通りでした。

 (男性編)

 1位 イチロー

 2位 木村拓哉さん

 3位 所ジョージさん

 4位 福山雅治さん

 (女性編)

 1位 黒木瞳さん

 2位 吉永小百合さん

 3位 藤原紀香さん

 4位 松嶋菜々子さん

 男性編1位のイチローは、やはりWBCの活躍で支持を集めたようです。その他、比較的年配の方からは長嶋茂雄さん、高倉健さんとの意見も多かったようです。お金持ちということでビル・ゲイツと答える人もいました。

 女性編上位は気品あふれ上品な雰囲気のある黒木さん、吉永さんでした。藤原さんのナイスバディに憧れるおばさま方も多かったようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月 1日 (水)

開港150周年の横浜 横浜・神奈川デスティネーションキャンペーン

 横浜は開港して150周年。8月31日まで、「横浜・神奈川デスティネーションキャンペーン」が開催されています。

 「開国博Y150」や懐かしい車両を使用したイベント列車運行など、イベントが盛りだくさんです。

 横浜は亡き夫と2回目のデートをした思い出の場所です。マリンルージュで海をめぐり、仕事のことや趣味のことなどいろいろなお話をしました。その後も、パシフィコ横浜での学会のついでによく出かけたものです。

 最近横浜には出掛けていないので、この機会に彼との思い出の地を再び辿ってみようかと思っています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »