« つるの剛士さん グアムでリゾ婚 6年越しの挙式 | トップページ | 石原裕次郎さんの二十三回忌法要 »

2009年7月 5日 (日)

ウィンブルドンテニス2009 ウィリアムズ姉妹とフェデラー

 ウィンブルドンテニスもいよいよ男女シングルス決勝です。毎日テレビで観戦して、寝不足状態が続いています。

 女子はウィリアムズ姉妹の対戦になりました。「両親はどちらを応援しているのかなあ?どちらに優勝してもらいたいのかなあ?」と、ふと思ったりします。

 男子はフェデラーVSロディックの対戦になりました。セミファイナルも見ましたが、フェデラーはショットのミスが少し出たりして、絶好調というわけではなかったけれども、ハースにブレイクチャンスさえ与えないスキのないテニスでした。大切なここぞという時にはフェデラーがポイントを取っていたという感じで、終わってみればストレート勝ちでしたね。

 ロディックも地元期待のマレーをタイブレークを制して粘り強いテニスで破ってきました。細かいショットのミスなどを微調整して、優勝に向けてのモチベーションがあがってくれば、やはりフェデラー有利でしょう。5日の決勝も楽しみです。

 テニスファンとしては、昨年の名勝負を繰り広げた怪我で欠場のナダルは、どういう思いでいるのかなあとも考えてみたりもします。

 ロイヤルボックスにはビヨン・ボルグやロッド・レーバーなどの往年の名プレーヤーの姿もありました。さすがウィンブルドン!歴史と伝統と権威を感じます。

|

« つるの剛士さん グアムでリゾ婚 6年越しの挙式 | トップページ | 石原裕次郎さんの二十三回忌法要 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/86468/30403384

この記事へのトラックバック一覧です: ウィンブルドンテニス2009 ウィリアムズ姉妹とフェデラー:

« つるの剛士さん グアムでリゾ婚 6年越しの挙式 | トップページ | 石原裕次郎さんの二十三回忌法要 »