« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年6月30日 (火)

山形のさくらんぼ「佐藤錦」と祖母の思い出

 今年もまたさくらんぼの美味しい季節がやってきました。一年のうちで6月下旬のわずか2週間の短い期間しか味わうことのできないのが佐藤錦です。

 小さい頃から今は亡き祖母に、毎年山形のさくらんぼ「佐藤錦」を買ってもらい、食べていました。祖母の知り合いのさくらんぼ農家から直接送っていただくので、お店で売っているのよりもさらに大きくて、赤くて、甘いとても美味しいさくらんぼでした。

 大学時代や結婚してからも送ってもらっておりましたが、祖母が他界し、今年は残った家族でお取り寄せしました。佐藤錦を味わう度に祖母とのいろいろな思い出もよみがえってきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月29日 (月)

ウィンブルドン2009前半戦を振り返って 杉山愛選手

 ウィンブルドン2009も前半戦が終了しました。男子シングルスは、第1シードナダルは膝の怪我のため欠場となり残念でしたが、第2.3.4シードのフェデラー、マレー、ジョコビッチは順調に勝ち上がっています。

 フェデラーは全仏オープンも優勝し、生涯グランドスラムを達成。ミルカ夫人と結婚し、もうすぐ子供も生まれるので、公私共に充実していそうですね。最も得意のグラスコートのウィンブルドンでの優勝候補の最有力選手といえるでしょう。マレーも地元イギリス出身で観客の後押しもあるでしょうし、最近好調ですので、優勝の可能性も十分にあると思います。

 日本選手は杉山愛選手が敗退し、全滅となってしまいました。それにしても杉山選手は、17歳の時から16年連続ウィンブルドンに出場しているのだそうです。これだけ長い間モチベーションを保ち続け、世界ランキングも30位台をキープし頑張っていることは本当にすごいことだと思います。小麦色に日焼けした杉山選手の爽やかな笑顔は素敵ですね。一方で、伊達選手や杉山選手に続く、日本の若手がなかなか出てこないのもちょっぴり残念です。

 後半戦はどうした展開が待っているのでしょうか?私の予想はフェデラー優勝です。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2009年6月28日 (日)

キムタクと「MR.BRAIN」

  キムタク主演の「MR.BRAIN」を見ました。

 TBSは春の番組改編で視聴率低迷に苦しんでおり、「MR.BRAIN」にかける思いが相当強いのか、番宣にキムタクもずいぶん出ていました。

 内容はキムタク扮する脳科学者が難事件の謎を解明していくという1話完結もの。事件の謎ときという点では福山雅治さん主演の「ガリレオ」とちょっぴり似ているかも?と思いました。

 面白くないというわけではないけれども、超面白いというわけでもない・・・という感じでしょうか?

 1年に1クールしかドラマに出演しないというポリシーがあるらしいキムタクなだけに、連続ドラマで勝負して欲しかった!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年6月27日 (土)

マイケル・ジャクソンさん死去

 朝テレビをつけたら、「マイケル・ジャクソンさん死去」の報道をきき、本当にびっくりしました。

 心肺停止で発見され、病院に搬送されるも死亡が確認されました。ツアーに向けてかなりハードなトレーにングをしていたようなのでその影響とか、また長年にわたる鎮静剤などの薬物内服によるものとか、MRSA感染か?など、いろいろな憶測があるようですが、原因は今のところ不明のようです。

 世界に衝撃が走ったマイケルの死・・・良い意味でも悪い意味でも波乱に満ちたマイケルの半生でしたが、世界的なエンターテイナーがいなくなったことには違いありません。まだ、50歳という若さだっただけに残念です。心よりご冥福をお祈り申し上げます。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2009年6月26日 (金)

ガトーフェスタ・ハラダの「ガトーラスク・グーテ・デ・ロワ」

 ラスクで有名な「ガトーフェスタ・ハラダ」。都内のデパ地下で大人気です。

 本店は群馬県高崎市にあります。創業100余年という元和菓子屋が、戦後パン屋に転向。2000年にラスクを始め、08年、東京の百貨店でスポット催事出店し、爆発的人気となったのだそうです。

 新宿の京王でも、銀座の松屋でもいつも大行列です。私は行列に尻込みしてしまい、まだ一度も購入したことがありません。プレーン1小袋420円、ホワイトチョコレート簡易袋(5枚入り)420円が人気なのだとか。高級チョコレートがたっぷりコーティングされている金箔付きのプレミアタイプもあるそうです。

 すごく美味しいらしいので、ぜひ一度食べてみたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月25日 (木)

ドクターヘリ

 先日、私の勤務するクリニックのスタッフの御主人が、ゴルフ中にカートから転倒し、頭部を打撲、頭蓋骨骨折、脳挫傷を受傷し、ドクターヘリにて救急病院に転送されるも約6時間後に亡くなられるという悲しいことがありました。57歳という若さでした。

 夫のこともあったので、くも膜下出血と外傷による違いがあるとはいうものの、愛する夫が急にいなくなってしまったという点では同じ状況なので、とても他人事とは思えない気持ちになりました。

 福島県ではドクターヘリの制度を導入していますが、今回はその甲斐もなく残念な結果となりました。

 ドクターヘリは予想を上回る稼働率で莫大な費用がかかり、多くの県で公費ではとてもまかなえないことが現状のようです。山間部の医療過疎地区などでは必要な医療システムだと思いますが、お金がかかることも事実。今後、どうなっていくのでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月24日 (水)

比内やサスケの親子丼とオムライス

 私の実家の近所に、「比内やサスケ」という秋田の放し飼い比内地鶏の美味しいお店があります。

 比内地鶏はもちろんのこと、お米も北会津のすとう農産よりの無農薬のアイガモ米を使用し、無農薬・減農薬野菜をふんだんに使ったサラダも大好きです。

 母と妹とランチでよく出かけます。私と母はとろとろの親子丼が、妹はふわふわのオムライスのファンです。

 以前はクーポン券提示で名物の玉子プリンがサービスになっていたのですが、最近なくなってしまったのでちょっぴり残念です。

 雰囲気、サービス、味ともに気に入っているので、今後も通いたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月23日 (火)

東関親方の土俵人生

 元関脇高見山の東関親方が日本相撲協会を定年退職されました。

 先日、テレビの情報番組に生出演されているお姿を拝見いたしました。

 1964年にハワイから日本にやってきて、大変苦労されたみたいです。当時は魚介類を使ったちゃんこが多く、味が合わなくてマヨネーズやケチャップをかけながら食べていたこのこと。身体が硬かったので、股割などの基本稽古は特に辛かったようです。でも、「なんで泣いているんだ!」と言われても、「涙じゃない。これは汗です。」と言って頑張ったとのこと。

 私の中では、丸八真綿のおちゃめなCMの印象が強い高見山関。日本人に最も愛された外国人力士だと思います。

 その功績をたたえ、アメリカのオバマ大統領からも祝電が届いたようですね。

 45年間の土俵人生、御苦労様でした。力士としても、親方としても素晴らしい相撲道だったと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2009年6月22日 (月)

臓器移植法改正の動き

 臓器提供の条件緩和などを盛り込んだ臓器移植法の改正案について、子供の脳死、臓器移植をどうとらえるかが議論となっています。先日、「脳死は人の死」とするA案が国会を通過しました。

 以前の私は、脳死を人の死と判定するのに、それほど抵抗はありませんでした。しかし、最愛の自分の夫が脳死状態になり、まだ、体も温かく心臓も動いているのに、それを死と判定することには正直抵抗があります。頭では、いずれは心臓死がやってきて、助からないことはわかっていても・・・脳死に関しての考え方が変化したのも事実です。

 それが小さい子供だったら、なおさらそうなのでは?とも考えてしまいます。

 ただ、重症の病気で、臓器移植が唯一の治療であり、それを待ち望み苦しんでいる子供達やその家族のことを思うと、国内で移植が可能になれば・・・という思いも十分わかります。

 脳死を受け入れることができない人もいれば、脳死を受け入れ、臓器移植により助かる命があるならば、提供したいと考える人もいるでしょう。人それぞれ考え方はさまざまですから。

 一律ではなく、色々な方法が選択でき幅広い対応が取れるように、改正するのが良いのではないかと私は思います。「失われる命と助かる命・・・」いくら考えても本当に難しい問題です。個人的には、脳死ー臓器移植ですんなりハイとはやっぱり言えません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月21日 (日)

6月21日は父の日

 本日6月21日は父の日です。

 母の日に比べるとマイナーという印象が否めない「父の日」ですね。日ごろ感謝の気持ちはあっても、なかなかお父さんを目の前にして「お父さん、ありがとう。」とは言い難いものです。

 私も結婚式の時はとても恥ずかしくて、バージンロードを父親と一緒に歩いたり、感謝の手紙を読んだりはできませんでした。しかし、両親に対する感謝の気持ちは常に持っています。

 皆様も心の中で家族のために頑張るお父さんに「ありがとう!」を言いましょう。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月20日 (土)

サーティワンアイスクリーム チャレンジ・ザ・トリプル

 アイスクリームのチェーン店「サーティワンアイスクリーム」でチャレンジ・ザ・トリプル~ダブルをたのむとトリプルに!~のお得なサービスが6月1日より始まりました。

 サーティワンといえば、夫とソウル旅行に行った時、ソウルでアイスクリームが食べたくなり二人で入った思い出があります。以前はアイスクリームクレープが大好きでよく食べていました。

 私だったら、マンゴタンゴ、キャラメルリボン、バナナアンドストロベリーの3種類をチョイスしたいと思います。このお得なうちに久しぶりに行ってみようかなあ・・・と考えています。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2009年6月19日 (金)

新熊野神社の神木「ナギの木」の成長

 2008年5月の京都への思い出旅行の際に、新熊野神社で苗木を分けいただいてきました。

 ナギの木は、災いや病魔などをナギはらい、平和と幸福を招来する零樹といわれています。

 その御神木「ナギの木」も1歳半になりました。都会のマンション暮らしなのでベランダで育てているのですが、春になり太陽の光をたくさん浴びたせいか、新芽もすくすくと元気に伸びてきました。亡き夫にも「こんなに大きくなったよ!」と仏前に報告しておきました。

 今年5月にも新熊野神社へ行こうと計画していましたが、仕事の都合で中止となってしまいました。

 先日クリニックの外来をしていたところ、ある患者さんが、「京都で撮影してきた新熊野神社のナギの木です。」と言って、自分の旅行写真ライブラリーの中から見せてくれました。京都から遠く離れた東北の地で、ナギの木を私の他にも大切に思ってくれる方がいたことに嬉しさを覚えました。

 ナギの木よ・・・これからも私を守ってくださいと祈りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月18日 (木)

伊勢丹新宿店の「夏のスイーツフェスティバル」

 新宿のデパートめぐりをしていたら、伊勢丹で「夏のスイーツフェスティバル」が催事場で開催されていたので行ってみました。

 野菜を巧みに使った新感覚のスイーツが主役という感じでした。野菜スイーツ専門店で有名なパティスリー・ポタジエの人気シェフ・柿沢安耶シェフと、佐賀県の老舗豆菓子店「宮本邦製菓」のコラボ商品「ヤサイマメ」がイチオシ!

 その他、ポタジエのソイロール各日100点限りの1680円、長崎の「のあ畑」の野菜あんの虹色羊羹なども人気のようでした。

 女性を意識してか、スイーツといえど野菜を素材にしたヘルシー志向のものが多かったです。健康的かつ美味しくいただければ最高ですよね。

 新宿にお出かけの際にはぜひ立ち寄ってみてください。6月17日(水)~23(火)まで開催されています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月17日 (水)

田母神俊雄・元航空幕僚長 講演大人気

 元航空幕僚長の田母神俊雄氏の講演が大人気です。

 民間企業主催の懸賞論文に「日本が侵略国家だったというのはぬれぎぬ」と主張する作品を応募し、政府見解に反する意見の表明で自衛隊の文民統制を乱したとして更迭されてから半年。講演は100回を超え、予定は来年2月までもうすでに埋まっているそうです。某週刊誌には、収入も1億円超えかと書かれていました。

 軽妙な語り口で時にユーモアを交えながらの講演で、持論を曲げない姿が共感を呼んでいるのだそう。

 本もベストセラーになり、「タモちゃん現象」と呼ばれるブームも起きているのだそうです。

 幕僚長という重々しい名前の役職をつとめていたわけですが、本人はどちらかといえば小柄な方です。

 ちなみに、田母神氏は、私と同郷の福島県出身で、父や弟と高校の同窓です。地元福島では、講演が開かれたという情報はきかないので、ぜひ故郷で講演会を催していただき、聴講に行ってみたいですね。

| | コメント (1) | トラックバック (3)

2009年6月16日 (火)

盲目のピアニスト・辻井伸行さん その両親孝さんといつ子さん

 ヴァン・クライバーン国際ピアノコンクールで日本人として初めて優勝した辻井伸行さん。帰国後は、凱旋コンサートやマスコミの取材と大忙しですね。

 伸行さんのお父様は、産婦人科のお医者さま。たまプラーザで実のお父様と産婦人科医院を営まれています。お父様の「これでひとりで飯が食べていけるかなあ。」というコメントを聞いて、長い目で愛しい息子を思っているのだなあという深い愛情を感じました。

 お母様は元フリーアナウンサー。どおりで美しい方だと思いました。お母様は小さい頃から伸行さんの音楽教育に一生懸命。家が一軒建つ分ぐらいの費用を遠征費や教育費に費やしたそうです。

 8年前、24時間テレビにも出演していて、武道館でピアノ演奏を披露していました。

 それにしても、いくら耳が敏感といっても譜面が見れないのにどうしてあの難しい曲を耳で聞いてマスターし演奏できるのか、とても不思議です。

 伸行さんの「心の眼で両親の顔は見ていますから。」というコメントも心に響きました。

 温かい家族に囲まれて、本当に幸せな伸行さん。これからは世界をまたにかけるピアニストとして、活躍を期待しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月15日 (月)

「真夏のオリオン」と玉木宏さん

 玉木宏さん主演の「真夏のオリオン」が6月13日より公開となりました。

 「亡国のイージス」「ローレライ」の福井晴敏氏が4年の沈黙を破って放つ、第二次世界大戦末期、生きる希望を描いた話題作です。

 玉木さんは今やCM王子。ミスタードーナツ、永谷園の茶漬け、マツダの自動車など・・・かなりの数のCMに出演されていますね。落ち着いたトーンの声も素敵です。

 ケミストリーの堂珍嘉邦さんも俳優として出演されています。初めての経験だったようですが、とても良い経験になったとおっしゃっていました。

 日本アカデミー賞候補作品といったところでしょうか・・・

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2009年6月14日 (日)

プロレスラー・三沢光晴さんの訃報

 6月13日午後8時30分頃、プロレスラーの三沢光晴さんが試合中に倒れたとのこと。バックドロップを受け頭を強く打ち動けなくなり、AEDによる心肺蘇生を行い、広島大学病院に搬送されるも、同日午後10時10分死亡が確認されたとの報道をインターネットで見て、本当に驚きました。

 三沢さんといえば、2代目タイガーマスクとして大活躍。現在は新団体のノアを設立し、社長として頑張っておられました。

 試合中に何度か頭を振るような仕草を見せていたという情報もあるようなので、体調不良などがあったのでしょうか?まだ46歳とお若いだけに残念でなりません。詳しいことはまだ発表されていないので詳細なことは分かりませんが・・・今後のプロレスの危機管理問題なども問われるかもしれませんね。心より御冥福をお祈り申し上げます。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月13日 (土)

上村愛子選手&皆川賢太郎選手結婚おめでとう!

 モーグルの上村愛子選手とアルペンの皆川賢太郎選手が結婚することになりました。

 上村選手がモーグル界に登場した時はまだ高校生だったのに、今や彼女も29歳。10年以上もトップで活躍していることはすごいです。

 皆川選手もオリンピックでの入賞経験もあり、素晴らしい選手です。

 二人のお子さんはやはり冬季オリンピック選手を目指すのでしょうか?

 御結婚おめでとうございます。幸せパワーで来年のバンクーバーオリンピックではぜひ金メダルを狙って欲しいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年6月12日 (金)

大手門の完成

 実家のクリニックの入り口に「大手門」が完成しました。

 父が長年建てたかった門で、京都の二条城などを見学に行き参考とし、門の屋根のカーブなどにもこだわったようです。

 大手門の両サイドには、いろは紅葉も植えられ、大手門と書かれた石碑も完成。この紅葉は亡き夫が「植えたらいいのでは?」と提案してくれたものです。秋になったら、真っ赤に色づききれいなことでしょう。今からとても楽しみです。

 同一敷地内の介護付き有料老人ホームの入所者の方も、「大手門とは、お城の正面にある門です。老人ホーム・クリニックをお城とみれば、それを守ってくれる役割の立派な門が完成しましたね。」とおっしゃっていました。

 父も、思い通りの大手門が完成し、大満足のようです。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年6月11日 (木)

ロジャー・フェデラー選手 生涯グランドスラム達成おめでとう!

 2009年の全仏オープンでロジャー・フェデラー選手が念願のタイトルを手にし、生涯グランドスラムを達成しました。

 フェデラー選手はテニスプレーヤーとしてのみならず、人間的にも素晴らしいといった評判をよく聞きます。そんな彼だからこそ、プレッシャーの中、すごいプレーができるのでしょうね。一人の人間としても尊敬します。

 自分自身もテニスプレーヤーであったミルカ夫人の支えも大きいのでしょうね。

 テニスファン歴が長い私ですが、マッケンロー、レンドル、ビランデル、エドバーグ、ベッカー、アガシ、サンプラスといろいろな選手を見てきました。その中でもフェデラーは史上最強のオールラウンダーと評していいほど、優れた選手だと思います。

 2009ウィンブルドンも目前に迫っています。膝を故障し、出場が危ぶまれていた現在の世界ランキング1位の最大のライバル・ナダルも出場を決めたようです。昨年の決勝のフェデラーVSナダルの試合は本当に素晴らしかった!My Best Gameです。今年も昨年のような熱戦を期待したいです。そしてフェデラー選手には、サンプラスの記録を超える4大大会15個目のタイトルを狙って欲しいです。今からウィンブルドンがとても楽しみでわくわくします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月10日 (水)

不妊症治療とその苦悩

 身近な人が不妊症で悩んでいます。子宮内膜症で手術しましたが再発し、卵管閉塞もあり、自然妊娠の確率はかなり低いと言われたそうです。

 複数の病院の不妊外来を受診しましたが治療方針も異なり、彼女自身もどうしたらよいか、どこまですべきか、とても悩んでいます。

 不妊の治療はタイミング療法から体外受精、人工授精とさまざま・・・不妊治療を行ったからといって必ず妊娠するという保障もなく、治療のための通院にも多ければ月の半分ぐらいかかることもあり、大変なようです。

 旦那様は「二人の生活も楽しいし、君に任せるよ。そうくよくよすることない。」と励ましてくれています。彼女は夫が大の子供好きなことも知っているし、妻の自分をいたわるその優しさが手に取るようにわかるがゆえに、さらに思い悩み、と同時に夫に申し訳ないという気持ちも芽生えてくるようです。

 妊娠を望んでいなくても妊娠し堕胎手術を受ける人もいれば、子供が欲しくてもできずに苦しむ人もいる・・・世の中不条理なものですね。

 私は、「吉永小百合さんや山口智子さんのように、子供がいなくても輝いている人もたくさんいる。信頼できる医師と相談しながら納得の治療をしたら・・・結果のことは神のみぞ知る。天命に委ね、自分らしい楽しい人生を送ることが大事。あまり思い詰めないように・・・」とアドバイスしました。治療がうまくいって、子供が授かるといいなあと心から祈っています。

| | コメント (2) | トラックバック (5)

2009年6月 9日 (火)

佐藤隆太さんと「ROOKIES」

テレビドラマでヒットした 「ROOKIES」の劇場版が公開となりました。主演は佐藤隆太さん。最近PRのためにテレビにたくさん出演されていますね。先日、鶴瓶さん司会のトーク番組に出ていましたね。

 ドラマ「ROOKIES」の主演に隆太さんが決定した時、担当プロデューサーは嬉しさのあまり号泣したのだそうです。隆太さん自身も、「ROOKIES」を作っていく過程でのいろいろな思いが走馬灯のように思い出され、感極まって涙するシーンも・・・彼の人柄がにじみ出ていましたね。ちなみに彼は、意外?にも日大芸術学部出身です。

 キムタクや福山雅治さんのようにすごくイケメンというわけではありませんが、人間的な優しさや男らしさが感じられ、とても魅力的な俳優さんだと思います。

 その他にも魅力的な俳優さんたちがたくさん出演している「ROOKIES」。GReeeeNの主題歌もとてもいい曲です。大ヒットしそうですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月 8日 (月)

祖母の三回忌法要

 6月7日に祖母の三回忌法要がありました。

 父が一人っ子だったため、祖母にとって孫は私たち兄弟4人のみ。幼い頃は、ほぼ毎日曜日といっていいほど同じ市内にある祖母の家に家族みんなで遊びに行っていました。

 妹とお揃いの祖母の縫ってくれた浴衣を着て縁日や夏祭りに連れて行ってもらったり、お寿司や天ぷらを御馳走してもらったり、洋服やおもちゃを買ってもらったり・・・

 私は長女で一番年長であったため、特にたくさんかわいがってもらっておりました。

 2007年6月23日、突然の呼吸停止をきたし逝ってしまいました。80歳を過ぎてなお現役で仕事を続け、大腿骨頚部骨折後もリハビリを頑張り復帰していました。

 結婚の際にもいろいろ応援してもらいました。私と同じように夫のことも人一倍可愛がってくれていましたが、その夫も祖母が亡くなってから約半年後に、くも膜下出血で急逝してしまいました。

 今は天国で祖母と夫の二人で、大好きなマグロと玉子のお寿司を美味しそうにいただいているのかなあと思っています。やはり二人がいなくなってとても寂しい気持ちは否めません。

 私は祖母にふり注いでもらった分の愛情を充分返せていなかったように思います。これからはその分も家族にそして社会に還元していきたいと考えています。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2009年6月 7日 (日)

獨協医大 学位審査の現金授受問題

 獨協医大の教授34人が、学位審査で謝礼金合計4100万円の現金授受の事実があったことが発覚しました。

 獨協医大は私の兄弟が卒業し、現在も勤務している大学であるがゆえにとても残念です。

 獨協医大は以前にも研究費問題で取りざたされたことがありましたね。

 立派な学位論文を書いていらっしゃる先生もたくさんいらっしゃると思うので、学校の名誉を汚さぬよう努めていただきたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年6月 6日 (土)

浅野史郎さんと成人T細胞白血病

 前宮城県知事で慶応大教授の浅野史郎さんが、急性白血病のため東大病院に入院しました。

 浅野氏は約5年前に成人T細胞白血病のウィルス保有者ということが判明し、経過観察をしていましたが、白血球の数値が悪化し発症が確認され入院、治療に専念することになったようです。

 成人T細胞白血病とは、九州地方を中心にキャリアーがいるといわれ、白血球の一種のリンパ球のうちT細胞がウィルスに感染し、白血病細胞に変化していくという特殊な白血病です。

 浅野氏は、九州でなく東北出身なのに成人T細胞白血病と聞いて、少し驚きました。

 骨髄移植も必要なのではとの報道もありましたが、とりあえず週明けから化学療法の治療の予定だそうです。

 東大卒業後、官僚、県知事、大学教授と、エリートコースを歩み、最近はコメンテーターとしてテレビ出演も多かった浅野氏。趣味がジョギング、マラソンのスポーツマンとも聞いていたので、大変びっくりしました。歌舞伎の市川団十郎さんや俳優の渡辺謙さんも白血病を克服し、復帰されています。白血病の化学療法は発熱、吐き気、脱毛など強い副作用もあると思いますが、頑張って寛解してほしいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2009年6月 5日 (金)

KAGOME 野菜生活100 Refresh!クリアタイプ・100%

 普段野菜不足に陥りがちな生活をしている私。先日、KAGOME野菜生活シリーズの新製品 Refresh!クリアタイプ100%を飲んでみました。

 1年位前に、同メーカー同シリーズの黄色の野菜にはまり、愛飲していた時期がありました。いつの日か飽きてしまい、久しぶりに新シリーズを手に取りました。

 メーカー推奨どおり、グレープフルーツ&レモンのすっきりとした味わいで、350mlあっという間に飲み干してしまいました。果物の果汁も入っているので、とても飲みやすかったです。

 野菜不足を感じる方におすすめです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月 4日 (木)

北海道旅行⑰ 全体を通しての感想

 今回の3泊4日の北海道旅行は、実に有意義なものでした。いろいろな所に行って、たくさんのおいしいものを食べ、観光もグルメも十分に堪能できました。また、母と娘3人でいろいろなおしゃべりもできました。

 5年前に、亡き夫と訪れた時のこともいろいろ思い出しました。夫婦二人で旅した懐かしの地を再び訪ねることができて、感慨深い思いもありました。

 とても楽しかったので、毎年1回ぐらいは恒例にしたいです。今度は、6月ぐらいの紫色のラベンダーが咲き誇る時期に富良野を旅してみたいです。また、今回小樽には行きましたが、運河や北のウォール街と呼ばれる辺りはい行けなかったので、そちら方面にも足を延ばしてみたいです。そして、お寿司や札幌味噌ラーメンを再び食べたいです。

 北海道は最高!大変満足な旅となりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月 3日 (水)

北海道旅行⑯ おみやげ編 六花亭のバターサンド・石屋製菓の白い恋人

 4日目の最終日に大丸百貨店でおみやげをいろいろ買いました。

 石屋製菓の白い恋人、六花亭のマルセイユバターサンドの定番商品はじめ、セゾンファクトリーの新発売の塩キャラメルクリーム、しんむら牧場のリキュール入りミルクジャム、ロールケーキなど・・・

 大丸はJR札幌駅とも直結で、売り場面積も広くゆったりしていて、おみやげの種類もたくさんありおすすめです。マルセイユバターサンドが特に美味しかったです。

 

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2009年6月 2日 (火)

北海道旅行⑮ おみやげ編 花畑牧場の生キャラメル

 今一番ホットな北海道のおみやげといえば、田中義剛さんの「花畑牧場の生キャラメル」でしょう。

 最近、新作のバナナ味が発売されたとのことなので、とりあえず2日目にバナナ味を買って味見をしてみることにしました。バナナの味や香りはかなりします。プレーン味と同様に口の中ですっと溶けるけるのは同じです。ただし、キャラメルという感じではないかも。でも、こちらのフレーバーもとても美味しいです。個人的にはプレーンの次に好みです。

 東京では常に売っているものではないので、行列もしょうがないのかなあと思っていましたが、本元の北海道でも大行列!アピア店に行ったのですが、常に行列は途切れることなく続いており、びっくりしました。ちなみにここでは1人10個まで買えました。

 旅行最終日に、プレーン5個、バナナ3個、いちご1個を購入しました。もう少し大きいといいのになあ・・・すぐになくなってしまいます。

 新千歳空港店でも大行列ができていました。他にも生キャラメルはあるのに、花畑牧場のものに人気が集中!これだけ人気が出れば、年商120億円もうなずけます。義剛さん、儲かってますなあ・・・

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年6月 1日 (月)

北海道旅行⑭ 観光編 登別温泉

 札幌から近いので定山渓に行こうかとも思いましたが、せっかくなら有名な登別温泉へということになりました。

 行きは高速を使わず、北海道の地をドライブで楽しみながら行くことにしました。恵庭、千歳、室蘭と進んでいくとすぐそばに海が見えました。真っ直ぐな道をひたすら直進ということも多く、やはり広い!という印象です。

 午後5時半頃、登別温泉に到着。観光協会で聞いたおすすめの「ホテル湯本登別」へ。メインの硫黄泉の他、酸性泉、鉄泉、混合泉の4種類の泉質の温泉がありました。

 硫黄泉は、温度42度でほんのり薄いブルー色。わずかに硫黄の香りが漂います。私は露天風呂が一番気に入りました。外気のやや冷たい空気と温かい温泉のコントラストが気持ちいい・・・

 38度とややぬるめのバイブラ浴も楽しみました。

 ただし、源泉かけ流しでなく、循環温泉であったと思われるのがちょっぴり残念でした。

| | コメント (0) | トラックバック (4)

サッカーの中村俊輔選手と「察知力」

 イギリスのセルティックで大活躍中のサッカー界のスーパースター、中村俊輔選手。日本に帰ってくるという噂もありますが・・・その中村選手が「察知力」という本を発売したという特集をテレビで見ました。

 身体能力の高い外国人選手と戦うには、相手よりも常に一歩先に早く動き出すこと。その時必要なのが、瞬時に状況判断を導く力「察知力」。

 中村選手が中学生の時、横浜マリノスユース時代、ずば抜けたサッカーセンスがあったにもかかわらず、個人プレーに走り、チームでの自分の役割などを全く考えずプレイした結果、試合に出してもらえなくなり、第一の挫折を味わったのだとか。

 二度目の挫折は、トルシエ監督時代にポジション問題や自分の求めるプレーとの隔たりに葛藤が生じ、日本代表をはずされた時。なぜ、中村選手を選ばないのか?と論争も巻き起こりました。中村選手曰く、「それは自分が監督の求めることを察知できていなかったから。」だそうです。

 欧州に渡り、一回りも二回りも大きくなった中村選手。毎日の反復練習とこまめな情報収集により、自分を冷静に客観視でき、サッカー選手として大切な「察知力」を見に付けました。

 今では監督が変わろうとも、日本代表の中で確固たる地位を確立し、自分の役割を心得、なくてはならない存在になりました。

 中田英俊選手引退後、やや盛り上がりに欠ける印象も否めない日本サッカー。中村選手がぐんぐん牽引して、次回ワールドカップに向け、大爆発してもらいたいですね。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »