« 北海道旅行⑦ 観光編 札幌時計台・テレビ塔・旧北海道庁 | トップページ | 中山美穂さんの本「なぜならやさしいまちがあったから」 »

2009年5月 9日 (土)

北海道旅行⑧ 観光編 小樽 石原裕次郎記念館

 2日目は小樽へ行きました。家族皆が石原裕次郎ファンであったので、小樽築港駅で下車し、「石原裕次郎記念館」へと向かいました。

 1階のショップをのぞいてみると、亡き夫が新宿高島屋のイベント物産展で購入した裕次郎直筆サイン入りのベストとジャンパーが売っていました。本人が大変気に入っていたのに、2~3回しか着ることなくいなくなってしまったことが残念でなりません。

 2階へ行くと、まず裕次郎の代表的な出演映画をまとめた約7分間のビデオが放映され、鑑賞しました。

 引き続き、数多くの出演映画やテレビのパネル、歌手としてのレコード集、裕次郎の愛したヨットやハワイの思い出の数々、当時の給料をつぎ込んで購入したといわれるガルウィングのベンツやロールスロイスなどの愛車、成城の自宅や家具、結婚式の衣装からステージ衣装、プライベートの洋服、裕次郎直筆の絵画や書などの作品、裕次郎の輝かしい年表etc・・・

 俳優として映画作品にかける熱い思い、まき子夫人や渡哲也さんをはじめとする石原軍団の方々との固い絆、そして、肝細胞ガン・解離性大動脈瘤・舌ガン・結核など多くの病気やけがと闘いながら生きてきた裕次郎とそれを最も近くで支えてきたまき子夫人の献身的な愛・・・

 ゆっくり午前中かけて、存分に「裕次郎ワールド」を堪能してきました。昭和の大スター「石原裕次郎」の52年間の生き様を深く知ることができました。そして、今後これほどの大スターは出ないだろうなあと思いました。

 最後に、下の妹がブランデーグラスを持った裕次郎と合成写真を撮るコーナーを発見。ぜひやりたいというので、記念に撮りました。なかなかきれいに撮れて大満足!大変良い思い出になりました。

 入館者の年齢層を見ると比較的高齢な方が多く、今後裕次郎を知らない世代が増えてくると、記念館はどうなるのかなあとちょっぴり心配な面も感じました。

|

« 北海道旅行⑦ 観光編 札幌時計台・テレビ塔・旧北海道庁 | トップページ | 中山美穂さんの本「なぜならやさしいまちがあったから」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/86468/28703751

この記事へのトラックバック一覧です: 北海道旅行⑧ 観光編 小樽 石原裕次郎記念館:

» 三宮 の簡単グルメ [三宮(三ノ宮)情報ネット]
三宮の簡単グルメを楽しみませんか?三宮でグルメを満足させるもといえば、神戸ビーフから始まり、イタリア料理や中華料理など、数多くあります。でも、観光で三宮を訪れたときに、観光の時間に追われて、ゆっくりグルメを堪能することは難しいと思います。そこで、安く、簡単にグルメを楽しみたいという人向けに、少しずつ、情報を公開していきたいと思います。まず、第一弾として何を選ぼうかと迷ったのですが、たまたま、先日、TVの番組で「よいこ部」という番組で、三宮で10000歩歩いて、料理を食べようと...... [続きを読む]

受信: 2009年5月 9日 (土) 09時03分

« 北海道旅行⑦ 観光編 札幌時計台・テレビ塔・旧北海道庁 | トップページ | 中山美穂さんの本「なぜならやさしいまちがあったから」 »