« イチロー 最多安打日本記録タイ3085本 劇的満塁弾で達成おめでとう! | トップページ | 定額給付金と国債 »

2009年4月18日 (土)

2016年オリンピック招致合戦 東京オリンピックは実現するのか?

 2016年オリンピック招致合戦が本格化してきました。つい先日も東京にIOCの調査団が来日しました。東京は世界一コンパクトで環境にやさしいオリンピックを目指し、強くアピールしています。 

 H20年6月のIOC理事会では、東京が最も高い評価を得ているそうです。

 お金のことをいえば、かかる経費としては、招致推進活動経費:150億円、競技施設整備費(恒久施設):2406億円、競技施設整備費(仮設施設):843億円です。

 一方の経済波及効果は、全国で約2兆8000億円、都内で約1兆6000億円といわれています。

 この通りだとすれば、オリンピック招致が叶えば、だいぶメリットがありそうですね。

 ただでさえ人の多い東京。都民としては、渋滞など交通の混乱なども予想され、お金もかかりそうだし、当初はオリンピック開催でちょっと生活しにくくなるのでは?と思っていました。しかし、この前の野球のWBCの盛り上がりをみると、選手たちを近くで応援もできるし、東京でのオリンピックも悪くないかなあと思い始めてきました。

 今年10月にIOC総会で開催都市が決定されます。結果はいかに?私は治安が悪いという問題があるとはいえ、オバマ大統領の地元のシカゴが最大のライバルだと思います。

|

« イチロー 最多安打日本記録タイ3085本 劇的満塁弾で達成おめでとう! | トップページ | 定額給付金と国債 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/86468/29147124

この記事へのトラックバック一覧です: 2016年オリンピック招致合戦 東京オリンピックは実現するのか?:

« イチロー 最多安打日本記録タイ3085本 劇的満塁弾で達成おめでとう! | トップページ | 定額給付金と国債 »