« X・JAPANのYOSHIKIと父の自殺 遺児基金の設立 | トップページ | 「黒部の太陽」その② 石原裕次郎さんと香取慎吾さん »

2009年3月22日 (日)

「黒部の太陽」その① 石原裕次郎さんと香取慎吾さん

 フジテレビ開局50周年記念ドラマ「黒部の太陽」前編を見ました。

 「黒部の太陽」といえば、あの昭和の大スター・石原裕次郎さんの代表作です。

 当時、映画界会社間の交流を制約する「五社協定」という圧力があった中、石原プロと三船プロ、つまり、石原裕次郎さんと三船敏郎さんが共同で製作し、勝負をかけて挑んだ作品だったわけです。1968年2月に公開され、大ヒットを記録しました。

 裕次郎さんも自ら、「黒部の太陽」こそ生涯で第一番の映画だと語っていたとのこと。彼が最も情熱を注いで製作した特別な意味を持つ映画だったと思います。

 つい先日、小樽の「石原裕次郎記念館」に行ってきましたが、そこでも「黒部の太陽」は大きく取り上げられていて、ダム工事の模型までありました。やはり、裕次郎さんの並々ならぬ熱い思いが伝わってきました。

 (映画)黒四建設事務所次長 北川:三船敏郎さん (テレビ)滝山:小林薫さん

 (映画)熊谷組の下請け親方 岩岡:石原裕次郎さん (テレビ)倉松:香取慎吾さん

 映画とテレビでは、微妙に役名が違うようです。香取さんも、迫真の演技を見せていましたね。明日の後編の放送もぜひ見たいと思います。

|

« X・JAPANのYOSHIKIと父の自殺 遺児基金の設立 | トップページ | 「黒部の太陽」その② 石原裕次郎さんと香取慎吾さん »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/86468/28734387

この記事へのトラックバック一覧です: 「黒部の太陽」その① 石原裕次郎さんと香取慎吾さん:

« X・JAPANのYOSHIKIと父の自殺 遺児基金の設立 | トップページ | 「黒部の太陽」その② 石原裕次郎さんと香取慎吾さん »