« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2009年3月31日 (火)

香港旅行⑧ アフタヌーンティー レパレスベイのヴェランダ

 夫と二人、アフタヌーンティーをしてゆっくりおしゃべりをするのも、私たち夫婦の定番の香港の過ごし方のひとつでした。

 一番のお気に入りの場所は、レパルスベイの「ヴェランダ」です。

 クローテットクリームやジャムを添えたスコーン、プチケーキやパウンドケーキ、クッキーなどの甘い系のものと、サーモンやキュウリ、ハムなどを挟んだサンドウィッチの甘くない系のものが程よくミックスされ、三段トレイに乗って運ばれてきます。上品な香りの紅茶と合わせていただくと、ちょっぴりセレブになった気分です。

 中環からバスで行くことおよそ30分弱。レパルスベイは、超高級マンションが点在するリゾート地です。ヴェランダは1920年に建設されたホテルの一部がそのまま保存され、レストランとなったものです。その扉を開けてみると、天井にはファンが回り、コロニアル調の優雅な雰囲気に包まれています。

 海側の席を希望しましたが、予約でいっぱい。希望通りとはいきませんでしたが、アフタヌーンティーを十分堪能できました。お値段は二人分で350香港ドルです。

 その後は、浜辺をゆっくり散歩してきました。香港の街中とはまた違った雰囲気があり、とても素敵なお気に入りの場所です。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月30日 (月)

香港旅行⑦ グルメ 飲茶

 香港に来たら、ぜひとも飲茶ランチを楽しんで下さい。香港の飲茶に総じて言えることは、日本よりもサイズが大きくて、数が多く、値段は安いということ。ちなみに定番の海老蒸し餃子を例にとってみると、1せいろに日本では3個、香港では4個入っています。ぷりぷりの海老がごろごろ入っていて食べごたえもあり、サイズは1.5倍ぐらいあります。数多くのお店がありますが、やはりホテルのものが美味しく、値段は、1つ30~45香港ドルのものが標準的です。私たちのおすすめのお店をご紹介しますね。

 ①セレスティアルコート (シェラトンホテル)

 香港料理大賞飲茶部門で、最高金賞を受賞しています。ふかひれ入りスープ餃子、チャーシューまんじゅう、ポークシューマイ、春巻き、海老蒸し餃子などがおすすめです。飲茶はもちろんのこと、デザートのマンゴープリンと楊枝甘露が絶品で、必ずといっていいほどオーダーします。楊枝甘露とは、タピオカ入りカスタードミルクのことです。

 ②スプリングムーン (ペニンシュラ)

 飲茶だけだったら、ここが一番です。お値段的にはやや高めです。ただし、マンゴープリンがやや硬すぎるのと、楊枝甘露の甘味がやや足りないので、個人的には飲茶+デザートのランチと考えると、総合的にみて2位かなあ・・・

 福臨門やアイランドシャングリラの夏宮に行ったことがないので、今度はぜひ訪れて食べ比べてみたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月29日 (日)

第103回医師国家試験 合格発表

 第103回医師国家試験の合格発表がありました。

 全体の合格率は91.0%と、前回の90.6%から0.4%ほど上昇しました。

 ちなみに、千葉大、防衛医大、兵庫医大、滋賀医科大の4校は、新卒合格率100%でした。素晴らしい結果です。

 合格率の良い大学は、常に安定していますね。私の母校も今年は新卒合格率がかなり良かったので、OBとして嬉しく思いました。

 今、医療はいろいろな問題を抱えています。合格された皆さんには、良い医師を目指して頑張っていただきたいと思います。

 一方、歯科医師国家試験の合格率は67.5%と、医師国家試験と比べてだいぶ低かったようです。GReeeeNの二人は合格できたのか気になります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月28日 (土)

香港旅行⑥ グルメ 香港料理大賞

 香港を旅する時、グルメを満喫することも大きな楽しみの一つです。

 その中でも私たち夫婦のいちおし料理は、モンコックにあるランガムプレイスホテルの6階にあるレストラン「明閣」の2005年度香港料理大賞最高金賞受賞料理(チャイニーズ・フュージョン料理部門)です。

 メインコースは、「揚げロブスターのチーズがけとアワビの香酢ソース、カペリーニ添え」

 デザートは、「ヘーゼルナッツ風味のあん入りタロイモの揚げ団子と冷製プリン2種添え」

 その中でもあわびの香酢がけは最高です。やわらかいアワビがからっと揚げてあり、上にかかった甘辛いソースと本当によくマッチするのです。私が今まで食べた料理の中で、最も好きな料理のひとつです。当初は248香港ドルでしたが、318香港ドルに値上がりしました。

 私たちは、香港に到着した当日のディナーと香港を旅立つ最終日のランチの2回は、必ずこの料理を食べに行きます。滞在が長い時はさらに間に1回、合計3回行くこともあります。何回リピートしても良いほど、それくらいとても美味しいのです。

 2004年にオープンした明閣ですが、毎年訪れる度にお客さんが増加。特に地元の方が多いように感じます。予約をしないと、飛び込みでは入れないこともあり、オープンと同時にたくさんの方が来店し、活気にあふれ、人気急上昇中です。やはり、お値段もお手ごろで、美味しいからなのでしょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月27日 (金)

小田急百貨店新宿店のリニューアル

 新宿西口の小田急百貨店のハルク食品館と本館レディースファッションフロアがリニューアルオープンしたということなので、先日出かけてきました。

 ハルク食品館は輸入食品を取り扱うことで有名な明治屋などが新規にオープン。果物類なども以前と比べて豊富な品ぞろえになった気がします。

 オープン記念で、大きくて新鮮なあまおう苺が2パックで1350円していたものが、タイムサービスで800円で売っていました。

 店内はお客さんでにぎわっていて、明るい雰囲気で、とても活気にあふれていました。

 帰り際に「ポンパドール」で、夕方焼きたてのぶどうパンを買い、帰路につきました。

 レディースファッションフロアの方はまだゆっくり見ていないので、こんどまた行きたいと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年3月26日 (木)

卒業式の思い出

 3月は卒業のシーズンです。私の住んでいる所の最寄り駅の早稲田駅でも、25日が早稲田大学の卒業式だったようで、袴姿の女子学生をたくさん見かけました。

 気が付けば大学を卒業してから、はや14年・・・「時が経つのは早いもの」ということを実感します。

 14年前の当時は、阪神淡路大震災があり、オウムの地下鉄サリン事件が起きて・・・世間を揺るがす大災害や大事件が起きた激動の時代でした。国家試験の勉強を一生懸命していたことを懐かしく思い出しました。

 今思うと、「6年間の学生生活を頑張ったご褒美として、卒業式の時に着た袴をもう少し奮発して良いものを着ればよかったなあ・・・」とちょっぴり後悔があります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月25日 (水)

侍JAPAN WBC優勝・連覇とイチロー選手

 第2回WBCで、日本チームが決勝で延長の末宿敵・韓国を破り優勝を決め、見事大会2連覇を果たしました。

 序盤から日本が押し気味にゲームを進めていましたが、チャンスがたくさんありながらも攻めきれず、僅かにリードという展開の中、9回裏同点に追いつかれ、嫌なムードになりかけました。しかし、最後は決めるべき人・イチロー選手が打って勝ち越し優勝!仲間に感謝するイチロー選手の姿がありました。

 準決勝のアメリカ戦の前には、イチロー選手の呼びかけで焼肉店での総決起集会が開かれたのだとか。費用は彼のポケットマネーだそうです。

 イチロー選手は、機械的とかストイックだとか言われる事もありますが、実はすごく人間味のある選手なのだと思います。そしてイチロー選手がよりチームの和を大切にするような、野球人としても人間としても一層魅力的なプレーヤーに成長したのは、前回のWBCでの王監督との出会いだったように感じます。

 今回の侍JAPANは、原監督を中心とした勝利を目指してのチームの一体感が素晴らしかったと思います。北京オリンピックのリベンジを果たしましたね。

 手に汗握るナイスゲームでした。久しぶりに日本中が興奮に沸いた、喜び爆発の一日でした。やっぱり野球って面白い!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月24日 (火)

2009東京マラソン 松村邦洋さんと急性心筋梗塞・心室細動

 先日3月22日(日)に行われた東京マラソン。芸能人や政治家を含む約35000人のランナーが都心を駆け抜けました。

 参加者のうち、病気やけが等で救急搬送されたのが20名。うち意識消失を認めたのが4名。(4名はいずれも意識回復)そのうちの1人がタレントの松村邦洋さんでした。

 松村さんは、15キロ付近で倒れ一時心肺停止となりました。原因は急性心筋梗塞による心室細動のようです。

 心室細動とは、心臓の電気信号がうまく伝わらなくなり、心筋が無秩序に収縮し、小刻みに震え出すというかなり危険な不整脈です。突然死の原因となることも多いわけですが、今回松村さんは、電気的除細動により一命を取り留めました。現在も入院中で、退院のメドは立っていないそうです。まさに、半分死にかけたといった状態だったと思います。

 元横綱の曙太郎さんも参加を予定していましたが、ドクターストップがかかり、出場辞退になったようです。

 二人に共通することは、極度の肥満。やはり、肥満や高血圧などの持病がある方は、よほど注意してマラソンを行うことが必要だと思います。

 2016年の東京オリンピックの招致に向け、いい景気付けになったと思いますが、松村さんの病状は心配ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (7)

2009年3月23日 (月)

「黒部の太陽」その② 石原裕次郎さんと香取慎吾さん

 「黒部の太陽」後編も見ました。

 生命をかけてトンネルを掘り開通させた、男達の強い心意気と魂を感じました。そして、その影には若い命が犠牲になったこと、大切な娘さんの死があったこと、そして、その死を悼む恋人や家族、同僚・仲間がいたこと・・・いろいろな葛藤を抱き、挫けそうになりながらも、情熱を燃やし続けたわけですね。

 技術や機械が現在より発達していない昭和30年代の時代に、これだけの仕事をやり遂げるということは、並大抵のことではなかったと思います。軟弱な体質の今の若者では、到底無理でしょう。社長をはじめとするトップの姿勢も素晴らしかったと思います。私利私欲に走ることなく、ダム完成・電力供給の安定に向け、一丸となっている姿が伝わってきました。

 数年前に、私も夫と二人で立山・黒部アルペンルートに行った時、実際の黒部ダムを見てきました。そのダイナミックさに圧倒されたものです。その時の事を思い出しました。

 香取さんの演じていた倉松の強いリーダーシップと行動力には、感心しました。お互いに好きだったのに、滝山さんの長女(綾瀬はるかさん役)と結ばれなかったのが、ちょっぴり残念でした。

 同じ昭和30年代に、鉄鋼の高炉開発に頑張っていたキムタク主演の「華麗なる一族」と、男達の仕事にかける熱い思いを描いた作品という点では一致する部分もあり、SMAPつながりでもあり・・・

 津川雅彦さん、平泉成さん、柳葉敏郎さんらは、両方の作品に出演されており、この手の作品には欠かせない名優の方々ですね。

 1968年に公開された、裕次郎さん主演の映画の方も見てみたくなりました。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2009年3月22日 (日)

「黒部の太陽」その① 石原裕次郎さんと香取慎吾さん

 フジテレビ開局50周年記念ドラマ「黒部の太陽」前編を見ました。

 「黒部の太陽」といえば、あの昭和の大スター・石原裕次郎さんの代表作です。

 当時、映画界会社間の交流を制約する「五社協定」という圧力があった中、石原プロと三船プロ、つまり、石原裕次郎さんと三船敏郎さんが共同で製作し、勝負をかけて挑んだ作品だったわけです。1968年2月に公開され、大ヒットを記録しました。

 裕次郎さんも自ら、「黒部の太陽」こそ生涯で第一番の映画だと語っていたとのこと。彼が最も情熱を注いで製作した特別な意味を持つ映画だったと思います。

 つい先日、小樽の「石原裕次郎記念館」に行ってきましたが、そこでも「黒部の太陽」は大きく取り上げられていて、ダム工事の模型までありました。やはり、裕次郎さんの並々ならぬ熱い思いが伝わってきました。

 (映画)黒四建設事務所次長 北川:三船敏郎さん (テレビ)滝山:小林薫さん

 (映画)熊谷組の下請け親方 岩岡:石原裕次郎さん (テレビ)倉松:香取慎吾さん

 映画とテレビでは、微妙に役名が違うようです。香取さんも、迫真の演技を見せていましたね。明日の後編の放送もぜひ見たいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月21日 (土)

X・JAPANのYOSHIKIと父の自殺 遺児基金の設立

 日本テレビの報道番組「NEWS ZERO」で、X・JAPANのYOSHIKIさんが実の父が自殺していたことを告白し、その心の葛藤を特集した放送を見ました。

 YOSHIKIさんが11歳の時、父親が34歳で自殺していたとのこと。死に装束をまとった父を見て理解できなかったという。YOSHIKIさん自身、「本当の答えはわからないし、永遠にその答えを求めて生きていくしかない。父の死を乗り越えてはいない。常に戦いです。この傷は癒えない傷だと思う。」とおっしゃっていました。

 愛する大切な人が突然いなくなってしまうということは、本当に悲しいこと。まだまだ父親に甘えたい11歳のYOSHIKIさんにとって、相当なショックだったに違いありません。父親の突然の自殺が受け入れられなかったことは、当然の成り行きだったのかもしれません。

 音楽家として成功をおさめた現在でも、その葛藤は消えるわけでなく、傷は癒えないまま・・・「なぜ?どうして?」という気持ちがリフレインしてくるのでしょうね。上述のYOSHIKIさんの言葉が、彼の気持ちそのものだと思います。

 自殺ではなく病気でしたが、大切な人を失ったという点では、私もYOSHIKIさんと同じです。時が経っても、「もっと何か出来なかったか?なぜなの?」という疑問符が頭をよぎることも多々あります。

 YOSHIKIさんは、X・JAPANの香港でのコンサートに親を亡くした香港の遺児200人をを招待しました。そして今回、遺児のチャリティ基金を設立することを明らかにしました。「自分と同じ境遇の遺児のためにできる何かをしたい!」という行動の表現なのだと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月20日 (金)

藤原紀香さんと陣内智則さんの離婚報道

 女優の藤原紀香さんとお笑い芸人の陣内智則さんが、近く離婚することが報道されました。紀香さんが仕事先のアフリカから帰国次第、離婚届を提出する予定だそうです。

 600人を招待して、テレビ中継までしたあの派手な結婚式は、いったい何だったのだろうか?と思ってしまう人も多いのではないでしょうか。勢いで結婚して、すぐに離婚というパターンになってしまいました。結婚生活は、わずか2年足らず・・・素敵な生き方をされているなあと思っていたし、いつまでも素晴らしい夫婦を続けて欲しいなあと思っていたカップルだったので、とてもがっかりしました。

 仕事の拠点が陣内さんは大阪、紀香さんは東京と、すれ違いがあったのは事実のようです。結局、紀香さんは仕事のキャリアを捨てきれず、陣内さんへの愛を優先できなかったということなのでは?その結果、一緒にいる時間も少なくなり、陣内さんが浮気?DV?そのような噂もあるようですが・・・あるいは、浮気に走ってしまった陣内さんが人間として未熟だったのか?もちろん、二人にしかわからないいろいろな問題があったのでしょう。

 「人生、山あり谷あり」それを助け合い、支えあいながら困難を乗り越え、生きていくのが夫婦だと思います。

 私自身は、結婚4年9ヶ月の時に夫が突然の病に倒れ、大切な伴侶を失ってしまいました。今後もずっと手を携えて人生を歩んでいこうと思っていたのに・・・有名人の離婚報道を見るたびに、「一緒に生きていけるのに、どうして別れを選んでしまうのか。」といつも思ってしまいます。夫も紀香さんの大ファンだったので、ますます残念な気持ちです。

| | コメント (6) | トラックバック (3)

2009年3月19日 (木)

香港旅行⑤ B級グルメ エッグタルト

 香港、マカオの名物スイーツといえば、「エッグタルト」です。

 まわりがビスケットタイプのものと、パイ生地のマカオタイプのものがありますが、私は後者のタイプがより好きです。

 一番おいしかったのは、マカオのカフェエナタのもの。店の厨房で焼きたてのあつあつがいただけます。

 香港内でのNO.1は、エクセシオールホテルのもの。中のプリンのような具の量もたっぷりで、やわらかさと程よい甘さとパイのパリパリ感のハーモニーが素晴らしい!マカオのほどあつあつとはいかないまでも、かなりいけます。滞在中2回行きました。1個9香港ドルでした。

 香港、マカオに来たら、スイーツ大好きっ子としては、「エッグタルト」は食べること必須です。ぜひ、ご賞味下さいませ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月18日 (水)

香港旅行④ B級グルメ編 パイナップルパン

 香港には意外と街角にパン屋さんが多くあります。その中でも私が大好きなのは「パイナップルパン」です。

 日本でいえばメロンパン風のものですが、微妙に違います。香港のパイナップルパンは、生地はふわふわで外はほんのり甘いカリカリ感がたまりません。個人的にはメロンパンよりこちらの方が好みです。

 私がお気に入りのお店は、朝行くと、焼きたての温かいパンが売っているので、朝食としていただくのがGOOD!お値段は3.3香港ドルから4.3香港ドルに値上がりしたとはいうものの、日本円にして50円前後とお値打ちで美味しいのです。滞在中、3回も食べました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月17日 (火)

香港旅行③ B級グルメ ポコポコしたお菓子「ガイダーンチャイ」

 香港の街を散策していると、道端でちょっとしたおやつやジュース、串揚げや肉団子のようなもの?が売っています。

 小腹がすいた時など、ちょこっとそれらを買ってB級グルメを楽しむのも、私たち夫婦は大好きです。街かどグルメで特にお気に入りなのは、「ガイダーンチャイ」です。1970年代から小さい女の子に愛されているおやつで、30個くらいのくぼみのある鉄板にホットケーキのような卵液を流し入れて焼いたものです。中はモチモチした食感で、外はこんがりきつね色をしています。自分たちの間では「ポコポコ」」と呼んでいます。

 北角のものが一番おいしいと思います。以前に香港在住の方のブログの記事を読んで、「ぜひ食べに行かねば…」と思い、トラムに乗り、夫と二人わざわざ出かけました。その甲斐あって、とても美味でしたよ。尖沙咀のHaiphong Rd.(海防道)沿いの許留山の近くで売っているものも好きです。

 だいたい10香港ドルくらいで売っています。できたてを買ってちょっぴり1分くらい時間を置き、外がカリカリになってから食べるのがポイントです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月16日 (月)

香港旅行② エアポートエキスプレス

 香港への旅行の際、空港からホテルの移動にはエアポートエクスプレス(AE)が大変便利です。

香港国際空港から九龍駅まで約20分(値段は往復で160香港ドル)、香港駅まで約25分(往復160香港ドル)で到着し、駅からは有名ホテルまでは無料シャトルバスが出ています。

 私たちがいつも滞在するモンコックのランガムプレイスホテルはシャトルバスが走っていないので、九龍駅からタクシーで行きましたが、代金は35香港ドル(日本円で約450円ぐらい)と、とても安いです。

 さらに便利なのは、帰国の際のチェックインもAEを利用すれば、駅で済ませることができるということです。空港のチェックインカウンターに並ぶ必要もなく、スーツケースを預ければ手ぶらでラクラクAEに乗って空港に行けます。時間も短縮され滞在時間も有効に活用でき、まさに一石二鳥!私は、ツアーでホテルから空港でバスで移動する方法もAEも両方経験しましたが、後者の方が断然良いです。

 移動の際にはAEかつ、帰国時の駅でのチェックインシステムの利用をぜひおすすめします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月15日 (日)

香港旅行① おすすめホテル

 香港にはラグジュアリーなものから比較的お値打ちなものまで、かなり多くのホテルが存在します。旅の時にどのホテルを選んだらよいかは、本当に迷うところです。

 私達夫婦は今まで3箇所のホテルに滞在しました。最初にペニンシュラ、次にカオルーンシャングリラ、3回目以降はランガムプレイスです。二人ともホテル巡りが好きなので、宿泊はしないまでもロビーで佇んだり、食事をしに行ったり、たいていの有名ホテルには行きました。そこで、今回は私たちのお気に入りホテルをご紹介したいと思います。

 ①ランガムプレイスホテル

 モンコックにある2004年オープンのホテルです。スタイリッシュな作りで、広さもまずまずで、一室一泊23000円ぐらいです。コストパフォーマンスを考えると、NO.1だと思います。マンダリンやフォーシーズンズの半分以下ですから。3泊以上すると、ホテルよりアフタヌーンティーのサービスがあり、珍しいオリエンタルアフタヌーンティーもあります。大変気に入っているので、最近の宿泊はいつもここです。夜は女人街なども近く、歩いて行けますしね。1年以内に3回宿泊したので、ホテルの特別会員(gateway)になりました。会員になると、通常12:00のチェックアウトが16:00までOKのレイトチェックアウト、ウェルカムフルーツ、クッキーや菓子のおやつのサービス、新聞のサービス等も受けれます。

 ②フォーシーズンズホテル

 AEの香港駅と直結しているので 便利です。ロビーが広く開放感があり、雰囲気がとても良いです。客層もワンランク上という感じがします。このホテルでアフタヌーンティーをしてみたい!ただしお値段も高めなので、余裕があれば泊まってみたいホテルですね。

 ③アイランドシャングリラ香港

 豪華なシャンデリアがたくさん飾られ、重厚な雰囲気のあるホテルです。甘く上品な香りがホテルに漂っています。夏宮で高級食材を用いた飲茶ランチをしてみたいと思っています。

 その他にも、マンダリンオリエンタル、ランドマークマンダリン、インターコンチネンタル、リッツカールトン、グランドハイアットなど、一流ホテルがたくさんあります。これらのホテルを色々めぐるのも、香港旅行の楽しみの一つです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月14日 (土)

ボクシングの長谷川穂積選手と母のがん

 WBCバンタム級タイトル戦で、長谷川穂積選手が8度目の防衛を果たしました。

 彼のお母様は大腸がんにおかされ、現在兵庫県の病院に入院治療中。最先端の陽子線治療にかかる費用は、1回の入院で300万円です。その費用は長谷川選手のファイトマネーから捻出されています。

 お母様は、「この病院に来る前にも、いいといわれるあらゆる治療を受けさせてもらった。こんなに素晴らしい治療を受けさせてもらって、もう充分という気持ちでいっぱい・・・」とおっしゃっていました。

 長谷川選手が若い頃、くじけて挫折しそうになった時、勇気付け支えてくれたのがお母さん。長谷川選手も、「どんな手を尽くしても母を助けたい。母の闘っているがんという病に比べれば、僕の目の前のボクシングの敵は小さなものにすぎない。」と言っていました。

 地元神戸での1ラウンドTKO勝ちは見事でした。お母様もとてもうれしそうでしたね。防衛後のインタビューでも、現状に満足することなく、「さらに強くなりたい!」という意気込みが伝わってきました。自分のためのみならず、母のためにも・・・そうした気持ちが長谷川選手をより一層奮い立たせているのでしょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月13日 (金)

ビニール靴が流行

 今、巷ではビニール靴が流行の兆しをみせているようです。

 ビニール製のため、大変軽くてやわらかく、とても履きやすいのだとか。皮靴と比べて価格もお求め易く、伊勢丹新宿店などでは、たくさんのビニール靴が店頭に並んでいます。今年は、カラフルで明るいタッチのカラーのものが多く出ていて、バリエーションも豊富に取りそろえられ、大人気を集めています。

 レインブーツ、ムートンブーツに引き続き、春はビニール靴が大流行?足もとからおしゃれを楽しんでみてはいかがでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月12日 (木)

GReeeeNの記念モニュメント 

 今、絶大な人気を誇るGReeeeNの記念モニュメントが、福島県郡山市の駅前に建立されました。

 GReeeeNのメンバー4人はもともと京都、千葉、佐賀、沖縄と出身地はバラバラですが、歯科医を志して入学したのが郡山市にある奥羽大学です。

 まさにGReeeeN生誕の地といえる郡山にモニュメントが完成したことを、同市出身の私としても、大変うれしく思います。ほとんど露出のないGReeeeNがモニュメント建立に賛同・協力してくれたということは、彼らもまた、第二の故郷といえる郡山に対して愛着があるということだと思います。

 <夢を開くこころの扉~扉の向こうには・・・笑顔~>と名付けられたこのモニュメント。今度帰省した際には、ぜひ見に行きたいと思います。郡山市の新名所になりそうです。

 名俳優の西田敏行さんに続き、郡山が生んだ音楽界の大スター「GReeeeN」の活躍がますます楽しみです。

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月11日 (水)

母の親友の死と盲腸がん 思い出の喪服

 3月6日に私の母の最も仲の良かった親友の方が永眠されました。

 2008年の9月頃から風邪をひいて調子が悪いとおっしゃっておりましたが、盲腸がん原発及び転移性肝がんとわかりました。盲腸や上行結腸病変に対しての外科的手術や抗がん剤治療行いましたが、残念な結果となってしまいました。

 非常に心の暖かい人でした。私は彼女に喪服のサイズ直しをしてもらいました。そして、その喪服を着て、亡き夫の法事に参加しました。今後、この喪服に袖をとおすたび、夫や彼女のことを思い出すことになるでしょう。

 盲腸がんは自覚症状が出ないことも多く、気がついた時には手遅れのことも多いがんです。グラビアアイドルで活躍中だった村上恵梨さんも、闘病わずか半年あまりで、26歳の若さで盲腸がんにて急逝されましたね。

 「調子が悪くなって半年、入院して3ヶ月。なんでこんなにいい人が、珍しいがんになってこんなに早く逝ってしまったのだろう・・・」という思いが生じます。

 大切な人がいなくなってしまうことは、本当につらいことです。心からお悔やみ申し上げます。合掌。

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月10日 (火)

東京大学の合格発表

 本日3月10日は東京大学の前期試験の合格発表です。私の周囲にも受験生を持つ家族がちらほら・・・結果はいかに?

 私の高校の同級生にも東大に入学した子がいましたが、「彼女は今どうしているのだろうか?」とふと思いました。

 大学の同級生のお姉様は、東大卒業後、総合管理職としてバリバリ仕事をこなしていましたが、今は退職し、子育てに専念していると言っていました。

 毎年思うことですが、この時期になると、予備校や○○ゼミなど通信添削講座などのCMが増えますね。

 合格した皆さんには、入ることを目的でなく、大学に入学してからこそしっかり学び、有意義で充実した大学生活を送って欲しいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年3月 9日 (月)

モーグルの上村愛子選手 世界選手権2冠おめでとう!

 2009年フリースタイルスキー世界選手権猪苗代大会で、上村愛子選手がデュアルモーグルでも優勝し、前日のモーグルに引き続き2冠を達成しました。

 高校生だった上村選手も今や29歳。実力をしっかり身につけ、世界の頂点に立ちました。私も、かわいくて笑顔が素敵な上村選手のファンです。モーグル競技に対して、真剣に取り組んでいることも実に素晴らしいです。

 私のふるさとで世界選手権が行われたので、妹が競技を見に行きました。実際に見ると、テレビとは別の迫力があるようです。

 連日の世界制覇、おめでとうございます。来年のバンクーバー冬季五輪の代表にも内定し、今からとても楽しみです。めざせ、金メダル!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月 8日 (日)

レーシック手術の危険性

 東京都中央区のクリニックでレーシック手術を受けた67人が、感染性角膜炎などを発症した問題で、うち2人は角膜の移植が必要な状態であることが分かりました。

 レーシック手術は、眼鏡やコンタクトレンズを使用しないと視力が出ない近視の方に急速に広まった手術です。プロゴルファーのタイガー・ウッズなども受けたことで有名になりました。

 きちんとした清潔区域で行えば問題ないのでしょうが、こうした事態が報道されるとやはり怖い思いも生じるし、躊躇う方も増えるのではないでしょうか。

 私も近視ですが、程度も軽度ですし、コンタクトレンズの使用であまり問題もないので、このまま様子を見ようかと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年3月 7日 (土)

シャングリラホテル東京の開業

 シャングリラホテル東京が満を持してオープンしました。

 六本木のリッツカールトン東京、日比谷のペニンシュラ東京に次いで、海外の外資系ラグジュアリーホテルのオープンですね。東京駅に程近く、立地は抜群です。

 夫はホテルめぐりが大好きで、リッツ、ペニンシュラの時も開業早々出掛けていたので、元気だったらシャングリラにもきっと行っていたのだろうなあと思いました。

 海外では、香港のカオルーンシャングリラに宿泊したことがあります。部屋も広く、なかなか快適なホテルライフを楽しむことができました。

 シャングリラ東京はどうでしょうか?今度ぜひ、アフタヌーンティーにでも出掛けてみようと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月 6日 (金)

定額給付金の給付と民主党・小沢代表の秘書逮捕

 定額給付金が給付されることが国会で決定し、実際に給付が開始されました。雇用対策に使った方が良いのでは?などいろいろな議論がありましたね。注目の小泉純一郎元首相は、欠席でした。

 次期政権を狙う民主党代表の小沢代表も、政治献金問題で秘書が逮捕されるなど、不安要素が出てきました。

 給付金が受給されるといっても、結局税金が使われているわけですし、政治の不透明感が増す中、手放しで喜ぶ気にはなりませんね。

 麻生内閣の支持率はどう変化するのでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2009年3月 5日 (木)

ケアマネージャーの退職

 10年前、クリニックと介護サービスの立ち上げに共に携わってきた職員が、2月末をもって退職しました。

 彼女はもともと看護師であり、介護保険制度の開始と同時にケアマネージャーの資格を取り、更には在宅介護支援センター、地域包括センター所長とどんどんキャリアアップし、地域医療に貢献してくれました。

 意見がぶつかり合うこともありましたが、今考えるとそれは我が施設を大切に思うがゆえの発言や行動であったと思います。

 行政やサービス利用者にも大変人望厚く、皆が信頼を寄せ、リーダーシップを発揮してくれました。僅か数名から始まった通所リハビリ、開院初日患者さん11人から始まった外来で看護師として頑張ってくれたことetc.・・・いろいろなことが思い出され、非常に感慨深い思いが胸にこみ上げてきました。

 今まで仕事中心だった分、今後は家族との時間を大切にしていきたいとのこと。10年間どうもありがとう!の気持ちでいっぱいです。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年3月 4日 (水)

織田信長と糖尿病

 混乱する戦国の世の中、天下布武を掲げ、天下統一を目指していた織田信長。そんな信長は、糖尿病を患っていたそうです。

 五層七重の天守閣を持つ安土城に移って、糖尿病性神経障害と思われる下肢のしびれや痛みに悩まされていたんだとか。ジンジンする痛みがなければ、光秀に対する虐げも、本能寺の変もなかった可能性もあり、日本の歴史が変わっていたかもしれませんね。

 亡き夫も信長が活躍していた戦国時代の日本の歴史が大好きでした。ちなみに最も好きな武将は、秀吉の知恵袋といわれる「黒田如水」と言っていました。

 信長も患っていた「糖尿病」は、今、成人人口の5人に1人が該当者か予備軍と言われています。三大合併症が天下を揺るがしかねません。皆さん、食生活には十分気を付けましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月 3日 (火)

ヴィド・フランスのVDFメロンパン

 ベーカリーカフェとして、各地で展開している「ヴィド・フランス」朝ごはんやちょっとしたランチ、休憩にと使い勝手が良く、私はよく利用しています。

 その中でもお気に入りなのが、VDFメロンパン。1個168円です。ここのメロンパンは他社と比べて、中の生地がとてもふんわりしていて、外のメロン皮のパリッとした食感とのコンビネーションが素晴らしい!私が最も好きなメロンパンのひとつです。

 もう一つのお気に入りは、金時豆パン。1個137です。金時豆がごろごろとたくさん入っていて甘くて美味しいのです。

 昼時はズラリとパンが並んだ棚には「焼きたて」マークが出ています。そして、ホカホカのパンを買い、その場でいただくのは最高です。定番メニューに加え、毎月必ず新製品が発表され、それもまた、楽しみの一つです。皆さんも、ぜひご賞味くださいませ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月 2日 (月)

銀座ウェストの思い出

 銀座に出かけるとゆっくりティータイムを亡き夫と楽しむことが多かったのですが、その中でも彼が大好きだったのが、「洋菓子舗ウェスト銀座本店」です。彼は大学の時からよく通っていたと言っていました。

 彼はハーフシューとコーヒーを、私はスコーンやシュークリーム、ケーキなどのいずれかのスイーツとハーブティーをオーダーすることが多かったです。シュー皮の中には、たっぷりのカスタードと生クリームが詰まっていて、とても食べ応えがあります。

 店内を流れるクラシック音楽とレトロな雰囲気がマッチしてゆったりでき、二人でのんびりおしゃべりをしたものです。

 飲み物がお代わりOKなのもうれしい限りです。銀座7丁目を通りかかると、いつも彼との楽しいひと時が思い出されます。今は二人で訪れることがもうできなくなってしまったのが、とても残念でなりません。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年3月 1日 (日)

俳優 本木雅弘さん

 本木雅弘さんといえば、私の中ではジャニーズ事務所のアイドル「シブガキ隊」のモックンというイメージでした。

 「100%そうかもね」「スシ喰いね~」などのヒット曲を飛ばしていましたね。解散後は、俳優として活躍。今回のオスカー受賞の「おくりびと」も、本木さんが27歳の時読んだ本に感銘を受けて企画を持ち込んで映画化されたものです。

 「おくりびと」には、納得できる作品を作りたいという、本木さんの強い心意気を感じました。人間としても素晴らしい方なのだと思います。

 奥様や義母の希林さんもうれしそうでしたね。本木さんも英語のスピーチコメントも良かったです。留学経験のある奥様の内助の功の影響があるのではないでしょうか。

 今後、俳優本木雅弘さんがどんな進化を遂げるのか?とても楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »