« 「節分の日」の思い出 | トップページ | 大学の恩師との再会 »

2009年2月 4日 (水)

銀座カフェでひとやすみ 虎屋菓寮

 銀座に出かけた際、久しぶりに「虎屋菓寮」に行きました。このお店は、亡き夫と二人最も多く通った思い出深いお店です。

 夫は、夏に登場する「宇治金時の練乳がけ(練乳はトッピングで追加)」が大好きでした。

 今回は上京した妹と行きました。私は定番メニューの「特製あんみつ」に花豆3個をトッピングで追加、妹は季節限定メニューの「冷やし白玉汁粉」をオーダーしました。

 和三盆糖を使った上品な味わいの黒蜜をかけていただきました。こしあんも花豆も美味しいです。ぎゅうひや色とりどりの寒天がたくさん入っていて、まるで玉手箱のようでした。

 妹も冷やし白玉汁粉が大変気に入ったようでした。ここの甘味はどれも甘さがくどくなく、上品です。

 その他にも、餅が入ったあたたかいお汁粉や粟ぜんざいも美味しそうでした。今度はそちらもいただいてみたくなりました。

 銀座にはお気に入りのお店もたくさんあり、大好きな街の一つです。

|

« 「節分の日」の思い出 | トップページ | 大学の恩師との再会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/86468/27457796

この記事へのトラックバック一覧です: 銀座カフェでひとやすみ 虎屋菓寮:

« 「節分の日」の思い出 | トップページ | 大学の恩師との再会 »