« ユニークな休暇制度 | トップページ | 介護付き有料老人ホーム »

2009年2月12日 (木)

遅発性統合失調症

 テレビで遅発性の統合失調症に悩む60歳代の女性の特集を見ました。

 彼女は、大学卒業後に会社社長と結婚。その後、長男と長女の二人の子宝にも恵まれ、生活していましたが、数年前に一家離散となり離婚。そして、アパートで独り暮らしをしていましたが、「電磁波が邪魔している。誰かが私を見張っている。」などの妄想が出現し、次第にエスカレート。近所の方々ともトラブルを起こすようになりました。

 娘さんもなかなか踏ん切りがつかず、本人も病気と認めようとはせず、困難を極めていましたが、なんとか病院へ行き、「遅発性統合失調症」と診断され、現在入院治療中です。

 一般的に統合失調症は若年層に多いといわれていましたが、彼女のように、高学歴な中高年の女性が離婚や死別により独居となり、その孤独感が引き金となって発症する遅発性の統合失調症が増えているそうです。

 このような疾患は患者本人のみならず、家族のサポートも大切になってきますね。

|

« ユニークな休暇制度 | トップページ | 介護付き有料老人ホーム »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/86468/27836196

この記事へのトラックバック一覧です: 遅発性統合失調症:

« ユニークな休暇制度 | トップページ | 介護付き有料老人ホーム »