« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

2009年2月28日 (土)

東京慈恵会医科大学の合格発表

 私の亡き夫の母校である東京慈恵会医科大学の2009年度の二次合格者発表が、2月20日にありました。

 夫が受験したのは今からもう18年前のことです。当時は約25倍の倍率だったそうで、受験当日、もっと欠席者が多いと思っていたら、結構席が埋まっていて驚いたと言っていました。

 今はホームページから合格番号を確認できるのですね。当時はそのようなシステムもなく、首都圏在住の親戚に合格発表を見に行ってもらったそうです。

 今年の二次合格者は、受験番号0008から2481まで150人。ざっと17倍ぐらいですね。続いて補欠順位1番から277番まで277人の番号が発表されていました。

 初年度納入金は350万円。(入学金100万円、授業料250万円) 2年次以降は380万円。(授業料250万円、施設拡充費130万円)夫の時代とはちょっぴり変化しているようです。

 狭き難関を突破し、慈恵医大に入学が決まった後輩の皆さんには、病で志半ばで亡くなった夫の分まで立派な医師になっていただきたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月27日 (金)

IKEA(イケア)げんか

 IKEA(イケア)は、スウェーデンを本拠に展開する大規模家具販売チェーンで、国内にも4店舗のお店があります。その特徴は、完全セルフサービスです。

 IKEAで購入した憧れのおしゃれな家具を組み立てる際、それが結構難しく、夫がその作業に難儀したり、傷つけたりしてしまい、妻に文句を言われ、けんかとなってしまうという、いわゆる「IKEAげんか」が急増中だとか…

 一方、本家のスウェーデンではものづくりが好きな方が多いせいか、平和そのものだそうです。国民性の違いなのでしょうかねえ…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月26日 (木)

医師の働き方の多様化

 最近は、医師の働き方も多様化しているようです。

 バイト医師にとって、高額の報酬で拘束の日数が少ないため、当直専門の医師も登場しているのだとか。

 研修医制度の変革や国立大学の独法化により医師のバイトの基準が厳しくなり、かつては大学の医局に依頼することで、当直や学会出張における外来の穴埋めができていたのが次第に困難になってきている傾向があります。

 そうした状況を反映してか、医師紹介業も増加傾向にあります。時代も変貌していますね。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年2月25日 (水)

CKD(慢性腎臓病)とは?

 最近、慢性腎臓病(CKD:Chronic Kidney Disease)が注目されています。

 腎機能が正常よりやや悪い状態や、腎機能は悪くなくても蛋白尿が出ている状態が3か月以上続くと、CKDと診断されます。

 そのまま放置すれば、透析などが必要な末期腎不全に至る可能性もある病気です。心筋梗塞や脳梗塞などの危険性も高めます。

 しかし、治療可能な病気です。血圧や血糖、脂質のコントロールが重要で、管理目標値は、血圧:130/80mmHg未満、血糖:HbA1c6.5%未満、LDLコレステロール:120mg/dL未満となっています。

 現在、日本では約1300万人、つまり、20歳以上の8人に1人がCKDであると考えられており、日本における新たな国民病と言えるでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月24日 (火)

フォーシーズンズホテル丸の内 「ekki」での朝食 柑橘のワッフル

 妹と二人、フォーシーズンズホテル丸の内で、朝食をいただいてきました。

 ekki BAR&GRILLで、柑橘のワッフルをアラカルトでオーダー。「日経おとなのoff」の極上の朝食特集で見てとても美味しそうだったので、ぜひとも食したい一品の一つでした。

 ベルギータイプのワッフルが3つ、外はカリカリで意外と食べ応えがありました。その横には、バナナとラズベリーをキャラメリゼしたソースと付け合わせが添えてあります。これがまた素晴らしく、結構甘いですが上品なお味です。別添えのバニラクリームとメープルシロップをたっぷりつけていただきます。一口サイズのブルーベリーのヨーグルトドリンクも付いていました。

 柑橘とありましたが柑橘類のフルーツはなく、季節ごとに使われるフルーツは変わるようです。

 ワンプレート1900円です。高めのお値段ですが、ソファにゆったりしながら東京駅を眺めることができ、優雅で静かな雰囲気の中のんびりおしゃべりもできるので、たまにはいいかなあと思います。

 同じ雑誌に載っていたペニンシュラ東京のフレンチトーストも気になるところです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月23日 (月)

ホンダのハイブリッドカー インサイト(INSIGHT)

 ホンダのハイブリッドカー インサイト(INSIGHT)が今話題です。

 ガソリン価格が不安定な中、燃費効率が非常に優れていること、税金が軽減されること、コンパクトなのに中は広いことなどが人気の秘密のようです。

 ライバルトヨタのハイブリッドカーの先駆けである「プリウス」と比べて、低価格。ベースモデルで180万円と200万円を切っています。性能と価格のバランスを考えると、非常に素晴らしい車だと思います。

 世界金融危機で自動車業界も売り上げが伸びず、減産態勢をとるなど厳しい状況の中、ホンダのインサイトは予約注文も好調なようです。

 今後、燃費や自然環境への問題を考えると、自動車市場もハイブリッドカーへ移行していくと考えられます。ハイブリッドカーのシェアをどうおさえるかは、非常に重要なことだと思います。インサイトが自動車業界復活の起爆剤になってくれればいいですね。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月22日 (日)

ユニコーンの再結成

 テレビで再結成したユニコーンと松たか子さんの対談を見ました。

 奥田民生さんも久しぶりにテレビで拝見しましたが、短髪になり、ちょっぴりふっくらとされたでしょうか?

 ヒゲとボインやHELLO、素晴らしき日々などの名曲を一緒に口ずさみながら聞きました。歌声は全然変わらないですね。

 再結成は、実に16年ぶりだそうです。私が10代後半から20代前半に流行っていたサウンド・・・実に懐かしかったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月21日 (土)

第32回 日本アカデミー賞と「おくりびと」

 第32回 日本アカデミー賞の発表があり、作品賞、主演男優賞をはじめ、監督賞、助演男優・女優賞と「おくりびと」が総なめでした。

 主演男優賞を受賞した納棺師役の本木雅弘さんの演技はまさに圧巻で、国際的評価も非常に高かったので、予想通り、納得の結果と言えるでしょう。

 堤真一さんは主演男優賞(クライマーズ・ハイ)と助演男優賞(容疑者Xの献身)のダブルで、松雪泰子さんは助演女優賞2作品(デトロイト・メタル・シティと容疑者Xの献身)でノミネートされており、どんな役柄でも見事にこなしてしまう、お二人の幅広い活躍の凄さを認識させられました。

 唯一「おくりびと」の独占を阻んだのが、「ぐるりのひと」で主演女優賞を受賞した木村多江さん。今まで、ドラマなどでも影のある脇役が多かった印象がありますが、今回、初主演で主演女優賞の受賞となりました。おめでとうございます。

 「デトロイト・メタル・シティ」でノミネートされていた松山ケンイチさんも、今注目の若手俳優です。今後の活躍がとても楽しみです。

 本家アメリカでのアカデミー賞の発表ももうすぐです。そちらの結果も気になるところですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月20日 (金)

がん患者の家計の苦悩

 テレビで30歳代後半から40歳代前半の、比較的若いがん患者の方々の抗がん剤などの治療費の負担の厳しい現況についての特集を見ました。

 看護師をしていた現在40歳の女性は15歳と6歳の二人の子供と夫婦の4人家族。下の子供が生後6か月の時にがんに罹患し、その後5年間、がん治療を続けています。病気のために仕事も続けられなくなり、貯金も底をつきました。実際に彼女は、抗がん剤治療のために月8万円の費用が必要なのだそうです。がんも悪化し、さらに強い抗がん剤を使わなければならなくなり、今後はがん治療に月30万円が必要になるとのこと。我が子が小学校に通うランドセル姿を見たいという願いもあり、長く生きたいという思いは強くあります。しかし、がん治療にかかる莫大な費用をどう工面するか・・・どうすべきか葛藤する姿が画面を通して伝わってきました。

 その他にも、子供が学校に入るので抗がん剤治療は断念せざるを得ないと、アンケートに回答していた30歳代の男性患者もいました。実際に経済的理由で抗がん剤治療からドロップアウトしていく患者さんもいるそうです。

 抗がん剤治療にそんなにお金がかかるとは思いませんでした。病気で体力も落ち、抗がん剤の副作用でつらいにもかかわらず、命の心配のみならずお金の心配もしなくてはならないなんて、残酷すぎると思いました。

 番組内でも、がん患者の方々が行政への働きかけをしていましたが、外来での抗がん剤治療の公的援助などの必要性も感じました。しかし、医療費が増え続けている日本の今の状況では、実際には困難なこともまた事実・・・もどかしさを痛感せざるを得ません。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月19日 (木)

花畑牧場の生キャラメルと田中義剛さん

 田中義剛さんが経営する花畑牧場の生キャラメルを初めて食べました。

 今や北海道の名物で、お土産や全国各地で開かれる北海道物産展でも大人気。売れ切れ続出で、購入するのに一苦労です。

 私も今まで、首都圏で開催されている物産展で買おうと思っていましたが、すでに整理券は配り終えられ完売・・・ということもしばしば。なかなか買うことができませんでした。

 今回日本橋三越本店の新館B1で販売されることを知り、初めて生キャラメルを手にすることができました。仕事があったため、上京した妹に代わりに買ってきてもらいました。

 プレーン味は1箱12個入りで850円。丸い箱に入っていました。紙の包みをあけ口に入れると、ふわ~とあっという間にとろけてしまいます。牛乳や生クリーム、水あめなどの厳選された素材を手作りで煮詰めて作り上げた格別の一品です。今まで食べていた固形のキャラメルとは全く別物です。

 やわらかい独特の食感と濃厚な甘さがやみつきという感じです。私好みの味で、かなり気に入りました。大きさが小さすぎて、すぐにおいしい瞬間が終わってしまうのがちょっぴり残念です。もう少しサイズが大きくて、お値段も安いともっといいのになあと思いました。

 義剛さんも商売大繁盛ですね。ホエー豚を使った豚丼のお店も東京にオープンしましたし、札幌にも2店舗増やしました。新製品も発表し、最近マスコミにもよく登場していますよね。

 とても美味しかったので、翌日も購入しました。大事に少しずつ食べようと思っていましたが、一気に食べてしまいました。

 2日とも三越の開店前から地下に大行列ができていました。すると、もう一方に別の行列ができているのを発見!ロールケーキの堂島ロールでした。こちらも気になります。今度購入しようと思っています。後ろに並んでいたご夫婦は一人は生キャラメルに、一人は堂島ロールに並んで、ダブルで購入したようです。なるほど、その手があったかと思いました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年2月18日 (水)

祝!Sakeys Shangrila/サーキーズ シャングリラ ブログ通算20万アクセス達成

 2009年2月17日(火)に、私どものブログ Sakeys Shangrila/サーキーズ シャングリラが通算20万アクセスを達成することができました。

 このブログは、私の夫が2006年4月14日(金)にはじめたものです。その後、くも膜下出血で倒れた2007年11月26日(月)までの約1年7ヵ月は彼が書いていました。彼がいなくなってからの約1年2ヵ月は、妻の私が引き継ぎました。

 二人合わせて約2年9ヵ月で、20万アクセスを達成することができて、感慨深いものがあります。

 夫が書いたブログ内容を振り返ってみると、いろいろな思いがこみ上げてきました。旅行に行ったこと、美味しいご飯を食べに行ったこと、政治経済や医療問題のことなど二人でいろいろ話したことなどetc.・・・ブログには亡き夫との思い出がたくさん詰まっています。今でも時々彼が書いた記事を読み返すこともしばしばあります。

 彼がいなくなってしまったことは言葉にできないほどの痛みでしたが、気持ちが落ち込み何もやる気がでなくなった時、サーキーズ シャングリラを更新してみようと当時思いました。それから、なんとか仕事にも復帰できました。今思えば、彼が残してくれたサーキーズ シャングリラがあって、本当に良かったです。

 これからも少しずつではありますが、いろいろな思いや日々感じたことをブログに綴っていこうと思っています。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月17日 (火)

中川昭一財務相のG7記者会見

 中川昭一財務相のG7閉幕後の記者会見には驚きました。

 成果を強調するはずの会見にもかかわらず、うつろな表情で質問に対しての返答もしどろもどろな状態。この様子はAP通信を通じて全世界に発信され、醜態をさらす結果となってしまいました。

 本人は、「風邪薬を飲んだ影響です。」と釈明していましたが・・・「酩酊?」「居眠り?」「風邪薬の副作用?」真意のほどはわかりかねますが、GDPが-12%成長と経済が危機的状態にある中、財務大臣がこのような行動をとっていては、いかがなものかと思われます。もっと緊張感や責任感を持って職務を遂行していただきたいものです。海外の国々に対しても、日本の地位を失墜させることにもなりかねません。

 中川財務相はG7で日本を代表し、きちんと発言・議論をしたのでしょうか?甚だ疑問です。

 麻生内閣の支持率もいよいよひとケタ台へ。日本の政治経済はこれからどうなっていくのでしょうか?とても不安です。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2009年2月16日 (月)

小渕優子少子化担当大臣が第2子妊娠

 小渕優子少子化担当大臣は、第2子を妊娠したこと明らかにしました。現役閣僚の妊娠は初めてなのだそうです。

 暗い話題が続く中、女優の宮沢りえさんも妊娠を発表したばかりで、今回の小渕少子化担当相の妊娠発表とおめでたい話題が続きましたね。

 小渕大臣は昨年、働く女性の現況を知るという目的で、私の母校を視察にいらっしゃったこともあります。

 日本では出生率は下がる一方で、なかなか少子化に歯止めがかからない状態です。特に都心部ではその傾向が顕著です。今後の日本の出生率や人口動態はどう変化していくのでしょうか?今のままでは問題だと思いますが、その対策も政府としてはなかなか進まないようですね。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年2月15日 (日)

宮沢りえさんの妊娠と結婚

 女優の宮沢りえさんが妊娠6か月に入り、6月に出産予定ということがわかりました。

 お相手は実業家の男性で、近く結婚すると見られているそうです。

 宮沢さんといえば、貴乃花との婚約解消や拒食症による激やせなど、いろいろ紆余曲折がありました。最近では、映画や舞台にも数多く出演され、女優として大活躍中。演技も円熟を増した感があります。

 10代の頃から何かと注目を集めることが多かった宮沢さん。私は、さまざまな人生経験を重ね、女優として開花した現在のりえさんの落ち着いた清楚な雰囲気が大好きです。

 妊娠&結婚のダブルのおめでたですね。おめでとうございます!末永くお幸せに・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月14日 (土)

バレンタインデー 今年は逆チョコブーム

 2月14日は、バレンタインデーです。

 バレンタインデーといえば、女性が男性にチョコレートを贈るのが定番です。しかし、今年は、男性が女性に対してチョコレートを贈るという「逆チョコ」がブームのようです。

 実際にチョコレートメーカーの調査によれば、「もらえるものならばバレンタインの時期に男性からチョコを貰ってみたい」という逆チョコ願望を抱いている女性は、90.8%もいるそうです。

 いずれにしても、バレンタインデーがひとつのきっかけとなって、恋の告白や二人の愛が深まることにつながれば、めでたしめでたし。バレンタインデーがイベント的な要素として捉えられている傾向があると感じます。

 毎年のことながら、この時期になるとデパートはチョコレートコーナーで埋め尽くされています。皆さんは、どのようなチョコを贈りますか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月13日 (金)

介護付き有料老人ホーム

 高齢化社会の到来とともに、最近では介護付き有料老人ホームもだいぶ増えてきました。

 ただし、首都圏では一時入居金が数千万円~億単位でかかることところもあり、その他にも1か月で最低20万円ぐらいの費用が必要です。このような経済的問題、かつ特に地方では施設に預けたのでは世間体が悪いという思いが強く残っていることもあり、高齢者本人が望んでも家族に入居を反対される場合も多く、皆がホームに入れるわけではありません。

 今、世界、そして日本も、経済・金融・医療・福祉etc.・・・さまざまなことにおいて変革の時期に差しかかっています。人口動態が変化し、不安定なご時勢の中、介護や福祉問題を今後どのような方向性へ転換していけばよいのか、熟慮する時期に来ていると強く感じます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月12日 (木)

遅発性統合失調症

 テレビで遅発性の統合失調症に悩む60歳代の女性の特集を見ました。

 彼女は、大学卒業後に会社社長と結婚。その後、長男と長女の二人の子宝にも恵まれ、生活していましたが、数年前に一家離散となり離婚。そして、アパートで独り暮らしをしていましたが、「電磁波が邪魔している。誰かが私を見張っている。」などの妄想が出現し、次第にエスカレート。近所の方々ともトラブルを起こすようになりました。

 娘さんもなかなか踏ん切りがつかず、本人も病気と認めようとはせず、困難を極めていましたが、なんとか病院へ行き、「遅発性統合失調症」と診断され、現在入院治療中です。

 一般的に統合失調症は若年層に多いといわれていましたが、彼女のように、高学歴な中高年の女性が離婚や死別により独居となり、その孤独感が引き金となって発症する遅発性の統合失調症が増えているそうです。

 このような疾患は患者本人のみならず、家族のサポートも大切になってきますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月11日 (水)

ユニークな休暇制度

 以前、ビールやカクテルなどが無料で飲めるバーやビリヤード場が会社内にあり、社員のやる気を引き出し、競争力アップを図ろうとする企業の特集をテレビで見たことがありました。

 そして、さらに面白い休暇を発見!

 「失恋休暇」は、失恋した人向けの休暇を25歳未満なら1日、25歳以上30歳未満なら2日間とれる制度です。 

 「バーゲン休暇」は、年に2回、バーゲンに行くための半日の休みを取れる制度で、こちらの取得率はほぼ100%だそうです。

 「ブライダル休暇」は、結婚記念日を休みにする制度です。 

 その他にも、最大6年にわたり取得できる育児休暇制度、奨励金を100%付与する従業員持株会制度などを取り入れている企業もあります。

 その背景には、IT企業は離職率が高いのが悩みであり、このようなユニーク休暇や制度を導入した結果、離職率は低下しているのが現状です。実際にさまざまな福利厚生の充実が企業の貴重な人材をつなぎとめる切り札になっている気がします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月10日 (火)

鳥越俊太郎さんの大腸がんの肝転移

 ジャーナリストの鳥越俊太郎さんが、がんが肝臓に転移したことを明らかにしました。

 コメンテーターを務める番組内で、肝臓の手術のためしばらく休むことを発表しました。2007年には、肺の転移のため右肺切除手術を受けられました。

 数年前、帝国ホテルのレストランで、鳥越さんを偶然お見かけしたことがあるのですが、イメージ通り知的でダンディな素敵な方でした。

今回も、無事手術を乗り切って、お元気な姿で戻ってこられることを願いたいと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年2月 9日 (月)

日本橋 「うさぎや」のどら焼き

 日本橋の名店「うさぎや」のどら焼きをお土産にいただきました。

 かなりあんこがたっぷり詰まったボリューム感のあるどら焼きでした。あんこは大きな粒の小豆がごろごろ入っていて、本来の小豆の味がしっかりと感じられました。生地もしっとりしていて、美味しかったです。

 時間がたってからは、生地をオーブントースターで焼いてバターを塗って食べてみました。パンケーキみたいで、この食べ方も気に入りました。

 日本橋にお出かけの際は、ぜひ御賞味くださいませ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月 8日 (日)

凄まじい受験戦争 中学受験

 テレビで中学受験に挑む家族の特集を見ました。

 受験のために2年間、一日10時間以上にも及ぶ勉強を頑張ってきました。夜11:00に自宅に帰宅し、それから日付けが変わるまで自習。それを支えるお父さん、お母さんも必死です。毎日の塾の送り迎えや我が子の勉強に付き合い、自分も一緒に勉強や添削の手伝いです。

 塾の先生も一生懸命。熱心に白熱した授業をなさっていました。試験当日には励ましの電話コールがありました。

 本人の努力と周りのサポートの甲斐あって、彼は第一志望の名門、開成中学に見事合格しました。努力が報われて本当に良かったですね。おめでとうございます。

 この特集を見て、今の受験は才能ある子供が、これだけ努力しないと合格できないという、厳しい現実を見た気がしました。

 少子化社会ですが、首都圏の私立中学受験者数は年々増加する傾向にあります。時代の変化を感じますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月 7日 (土)

松雪泰子さんと映画「余命」

 松雪泰子さん主演の映画「余命」が本日、2月7日より公開となります。

 結婚10周年にして奇跡的な妊娠に喜ぶ松雪さん演じる38歳の外科医・滴。しかし、同時に10年前に患った乳がんが再発。出産か治療か、究極の選択に悩む滴・・・どちらを選んでも自分で我が子を育てることができないという悲しい現実・・・

 このような厳しい状況の中、滴はどのような決断を下すのでしょうか?決断に至るまでには、想像しがたいほどの葛藤があるに違いありません。もし、自分だったらどうするのだろうか?と考えてみましたが、結局、結論は出ませんでした。

 松雪さんの名演技にも注目です。「救命病棟24時」や「最後の雨」で見せた女医さんの役はハマっていましたからね。美しくて、強さを感じる役どころはぴったりだと思います。

 結末はどうなるのか、大変気になるところです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月 6日 (金)

飯島愛さんの孤独死 死因は肺炎

 昨年12月24日、都内の自宅で死亡しているのを発見された元タレントの飯島愛さん(享年36歳)の死因が、肺炎だったことがわかりました。

 行政解剖では死因の特定には至りませんでしたが、詳しい病理検査の結果、肺炎だったことが判明したようです。

 肺炎は高齢者の死因としてはいまだに多い病気ですが、飯島さんのように30歳代と若く、大きな基礎疾患がない方の死因としてはそれほど多くないと思います。現在は医学が進歩し、抗生物質などの治療薬も有効なので、早く発見されていれば助かった命だと思います。

 一人暮らしは危険と隣り合わせです。家族と一緒に暮していれば、病気や体調の不良なども家人が察知して対処もできますが、一人暮らしだとそうはいかず、飯島さんのように悲しい結末になってしまうこともあります。

 てんかんの発作で意識を消失しそのまま発見が遅れ、志半ばで医学部3年生の時、命を落としてしまった私の大学の先輩もいましました。

 一人暮らしの皆さん、十分注意しましょう。そして心から飯島愛さんの御冥福をお祈り申し上げます。

| | コメント (0) | トラックバック (5)

2009年2月 5日 (木)

大学の恩師との再会

 先日、大学の時にお世話になった恩師のもとへ足を運びました。

 先生は13年前に前立腺がんで亡くなられ、御仏前にお参りをしました。15年前に卒業式で卒業証書をいただいた時、先生とがっちりとあつい握手を交わし、「立派な医師となろう」と心に誓ったことを思い出しました。

 奥様といろいろお話してきました。先生はその強い責任感、使命感から、ご自分の職務を遂行し、前立腺がんの骨転移が判明してから、なんと4年半も全うし続けたとのこと。人間生き甲斐や目標を持つことで、医学の常識を超えた強い力を発揮するのだなあと驚嘆せずにいられませんでした。 

 奥様にも最高のおもてなしをしていただきました。学者としても人間としても、最高の品格を備えていらした方でした。先生やその奥様に出会えて私も良かったと思いますし、その出会いにも感謝しています。そして、少しでも彼に近づけるように、日々努力していきたいと思いました。改めて尊敬の念を抱きつつ、仏前を後にしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月 4日 (水)

銀座カフェでひとやすみ 虎屋菓寮

 銀座に出かけた際、久しぶりに「虎屋菓寮」に行きました。このお店は、亡き夫と二人最も多く通った思い出深いお店です。

 夫は、夏に登場する「宇治金時の練乳がけ(練乳はトッピングで追加)」が大好きでした。

 今回は上京した妹と行きました。私は定番メニューの「特製あんみつ」に花豆3個をトッピングで追加、妹は季節限定メニューの「冷やし白玉汁粉」をオーダーしました。

 和三盆糖を使った上品な味わいの黒蜜をかけていただきました。こしあんも花豆も美味しいです。ぎゅうひや色とりどりの寒天がたくさん入っていて、まるで玉手箱のようでした。

 妹も冷やし白玉汁粉が大変気に入ったようでした。ここの甘味はどれも甘さがくどくなく、上品です。

 その他にも、餅が入ったあたたかいお汁粉や粟ぜんざいも美味しそうでした。今度はそちらもいただいてみたくなりました。

 銀座にはお気に入りのお店もたくさんあり、大好きな街の一つです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月 3日 (火)

「節分の日」の思い出

 2月3日は「節分の日」です。節分といえば、家族みんなで、「鬼は外、福は内」の掛け声のもと豆まきをして、年の数だけ豆を食べていた思い出があります。

 「恵方巻」というものは、大学に通うため東京に来て、コンビニで売っているのを見て初めて知りました。小さい頃私の育った東北地方では、節分に恵方巻を食べる習慣はありませんでした。しかし、今では全国各地、お寿司屋さんでもデパートでもスーパーでも恵方巻が売られています。

 しかし、同い年の夫が育った東海地方ではこの習慣はあったとのこと。その年の方角を向いて1本の恵方巻を無言でひたすら食べ続けたと言っていました。地域によって、文化や習慣の違いってあるものなのですね。

 個人的には、私は巻き寿司が大好きなので、節分にかかわらずよくいただいています。節分の日にはふだんよりちょっぴり具がリッチな恵方巻を食べてみようかと思っています。

 

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2009年2月 2日 (月)

オバマ大統領と禁煙・たばこ

 先日アメリカ大統領に就任したオバマ大統領。選挙中、たばこをやめると公約していたのに、その公約は達成されていないようです。

 あれだけの素晴らしい演説ができ、並外れた能力があるにもかかわらず、「百害あって一利なし」といわれるたばこがやめられない・・・パーフェクトな人間だと思っていたオバマ大統領のアキレス腱なのですね。引き締まって身体をしているので、食事や運動にも相当気を使っているのだなあと思っていたので、愛煙家と聞いてちょっぴり意外でした。やはり、ストレスがあると、たばこに手が伸びてしまうものなのでしょうか?

 ただし、ホワイトハウスは全面禁煙。これを機会に禁煙したほうが、アメリカを担うオバマ大統領の健康面を考えてもよろしいのではないのかと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月 1日 (日)

銀座おすすめスイーツ ペニンシュラ東京のケーキ

 先日、ペニンシュラ東京のマンゴープリンが大変美味しかったので、その他のケーキも食べたくなり、ペニンシュラブティックに出かけ、今回はシュークリームと栗のミルフィーユも買ってきました。

 シュークリームは、1個430円。ナッツがかかったシュー皮の中に特製の濃厚なカスタードクリームがたっぷりと入っています。このカスタードが絶品で、今まで食べた中でも最高ランクです。さらにカスタードの中にはバナナも入っていました。カスタードの上には、キャラメル風味の生クリームがのっています。キャラメルの苦味と甘味が共存している感じの美味しいクリームでした。

 栗のミルフィーユの方は、1個650円。3段のパイの間にシュークリームと同じ濃厚なカスタードクリームとモンブランに使われている栗のペーストがダブルでサンドしてあります。栗のペーストも栗の味がしっかりしていて超美味しいです。パイも比較的サクサクしていてこちらも大変気に入りました。

 ちなみにお店の方によれば、人気があって売れ切れになりやすいのはマンゴープリンとシュークリームだそうです。

 マンゴープリン、シュークリーム、栗のミルフィーユ・・・どれをとっても大満足でした。さすがペニンシュラの味!リピート必須ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »