« フォーシーズンズホテル丸の内 「ekki」での朝食 柑橘のワッフル | トップページ | 医師の働き方の多様化 »

2009年2月25日 (水)

CKD(慢性腎臓病)とは?

 最近、慢性腎臓病(CKD:Chronic Kidney Disease)が注目されています。

 腎機能が正常よりやや悪い状態や、腎機能は悪くなくても蛋白尿が出ている状態が3か月以上続くと、CKDと診断されます。

 そのまま放置すれば、透析などが必要な末期腎不全に至る可能性もある病気です。心筋梗塞や脳梗塞などの危険性も高めます。

 しかし、治療可能な病気です。血圧や血糖、脂質のコントロールが重要で、管理目標値は、血圧:130/80mmHg未満、血糖:HbA1c6.5%未満、LDLコレステロール:120mg/dL未満となっています。

 現在、日本では約1300万人、つまり、20歳以上の8人に1人がCKDであると考えられており、日本における新たな国民病と言えるでしょう。

|

« フォーシーズンズホテル丸の内 「ekki」での朝食 柑橘のワッフル | トップページ | 医師の働き方の多様化 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/86468/25398279

この記事へのトラックバック一覧です: CKD(慢性腎臓病)とは?:

« フォーシーズンズホテル丸の内 「ekki」での朝食 柑橘のワッフル | トップページ | 医師の働き方の多様化 »