« 「懐石こと」で家族でお食事 | トップページ | 銀座おすすめスイーツ ペニンシュラ東京のケーキ »

2009年1月31日 (土)

歯科医師国家試験低合格率の大学の歯学部定員削減へ

 文部科学省の有識者会議で、歯科医師国家試験の合格率が低い大学に対し、入学定員の削減を求めていくとする提言がまとまりました。

 患者の数に対し歯科医師の数が多く、飽和状態。確かに街を歩けば、美容室と歯医者はたくさんありますよね。そうした状況の中で、学生の歯学部離れも進んでいるようで、最近5年間で3分の1以上も志願者が減少した大学が10校以上あるようです。当然、人気のない学校では質の良い学生が集まらず、国試の合格率も悪いという悪循環のスパイラルに陥ってしまっています。

 医学部では、医師不足解消のため定員増加の傾向にあるので、対照的ですね。

 歯科医師の質の向上を目指すためにも、少数精鋭で充実した教育をしたほうが良いと思うので、しかるべき対応だと私は考えます。

|

« 「懐石こと」で家族でお食事 | トップページ | 銀座おすすめスイーツ ペニンシュラ東京のケーキ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/86468/27618332

この記事へのトラックバック一覧です: 歯科医師国家試験低合格率の大学の歯学部定員削減へ:

» 歯科医師 [資格取得・・・そして転職へ]
歯科医師は、歯科医療の領域において、歯学に基づいて傷病の予防、診断および治療、そして公衆衛生の普及を責務とする医療従事者である。その職務等に関しては、歯科医師法により規定されている。業務独占資格および名称独占資格の医療資格である。資格の概要 歯科医師は、一般に齲蝕(むし歯)などの硬組織疾患を予防および治療する医療従事者と考え...... [続きを読む]

受信: 2009年3月 8日 (日) 09時29分

« 「懐石こと」で家族でお食事 | トップページ | 銀座おすすめスイーツ ペニンシュラ東京のケーキ »