« ウェッジウッドの経営破たん | トップページ | 熊本城の思い出 »

2009年1月11日 (日)

2009年度 医学部入試の定員増加

 医師不足が叫ばれる中、2009年度医学部入試において、各大学の定員が増える傾向にあります。定員増加数の多い私立医学部は以下の通りです。

 ・前年比+20人:順天堂、岩手医科

 ・前年比+15人:杏林

 ・前年比+10人:獨協医大、埼玉医大、慶應、帝京、女子医大

           東邦、日本医大、日大、北里、聖マリなど

 全体では、2900人から3171人へと、271人ほど増えます。毎年私立の医学部はかなりの高倍率ですが、今年はやや広き門でしょうか・・・受験生の皆さん、合格目指して頑張ってください。

|

« ウェッジウッドの経営破たん | トップページ | 熊本城の思い出 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/86468/26936483

この記事へのトラックバック一覧です: 2009年度 医学部入試の定員増加:

« ウェッジウッドの経営破たん | トップページ | 熊本城の思い出 »