« 「エチカの鏡」と夫婦愛 | トップページ | 2009年度 私立医学部学費・学納金ランキング »

2008年12月 9日 (火)

人間の三つの運命

 ふるさとによく出かける私がお気に入りの懐石料理のお店があります。12月7日も、夫の一周忌法要をお寺で行いお墓参りをして、その後、そのお店で家族や和尚様とともに亡き夫の思い出をたくさん語らいました。

 夫もこの懐石料理店は大好きで、二人で秋に出かけた時、松茸のお料理を「美味しい!美味しい!」と言って、お腹いっぱいいただきました。また、名物デザートのお手製葛きりもお気に入りで、「バケツ一杯分ぐらいたくさん食べてみたい。」と言っていました。

 嬉しいことに、夫のために豪華なお花をきれいに飾っていただき、大好物の葛きりも用意していただきました。天国の夫も美味しくいただくことができたでしょう。

 そのお店の料理長と女将さんから贈られた言葉があります。

 「人間には、三つの運命があると申します。

  天から授かった天運  周りの人から助けられる他運 

  自分で努力して切り開いていく人運

  その運命を持って、これからも強く生きていって下さい。」

 今まで生きてきて嬉しいこと、辛いこと、悲しいこと、いろいろなことがありましたが、確かに自分自身ではどうしようもない天運もあるし、他人から支えてもらったからこそ頑張って来れたということも多々あります。そして、自分自身が努力して路を切り開いていくことも人間にとっては大切なことです。三つの運命と共存しながら、絶え間ぬ努力を続け、価値ある人生を送っていきたいと改めて思いました。

 

|

« 「エチカの鏡」と夫婦愛 | トップページ | 2009年度 私立医学部学費・学納金ランキング »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/86468/26037216

この記事へのトラックバック一覧です: 人間の三つの運命:

« 「エチカの鏡」と夫婦愛 | トップページ | 2009年度 私立医学部学費・学納金ランキング »