« 人間の三つの運命 | トップページ | 瀬戸内寂聴さんの魅力 »

2008年12月10日 (水)

2009年度 私立医学部学費・学納金ランキング

 今年もいよいよ受験シーズンの到来の時期となりました。2009年度の主な私立医学部の学費・学納金は以下の通りです。

 初年度納入金総額/2年次以降の金額/6年間の総額 

 ・慶応大 368万円/348万円/(概算)2108万円

  ・日本医大 588万円/445万円/2813万円

  ・慈恵医大 350万円/380万円/2250万円

  ・順天堂大 360万円/346万円/2090万円

  ・昭和大 800万円/370万円/2650万円

  ・東京医大 7599万円/447万円/2995万円

  ・東京女子医大 1099万円/437万円/3284万円

  ・獨協医大 1030万円/540万円/3730万円

  ・帝京大 1420万円/699万円/4920万円

  慶応大と慈恵医大は学費が安いというイメージがありましたが、優秀な人材を確保したいため学費を下げる大学も増えてきました。日本医大や順天堂大、昭和大などが学費を下げ、慶応、慈恵と同じ6年間の総額は2000万円台で、以前より差はなくなってきました。やはり、新設医大は高い傾向があるようです。これ以外にも、寄付金がかかる場合や逆に特待生制度があり授業料免除制度がある学校もあります。

 大学を選ぶには、学費以外にもその学校の歴史・伝統や建学の精神なども考える必要があります。とはいっても、受験校を決めるのに学費は重要なファクターの一つです。

 私は妹と弟も含めて3人が私立医学部出身なので、こうして改めて学費一覧を見ると、親に感謝しなければ・・・と思います。今になってみると、6年間勉強のしやすい環境でしたし、楽しい学生生活を送ることができました。同窓会もしっかりしていて、先輩方に助けていただくことも多く、この大学を出て良かったと思っています。受験生の皆さんも自分に合った大学を見つけ、合格に向け頑張って下さいね。

|

« 人間の三つの運命 | トップページ | 瀬戸内寂聴さんの魅力 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/86468/26055000

この記事へのトラックバック一覧です: 2009年度 私立医学部学費・学納金ランキング:

« 人間の三つの運命 | トップページ | 瀬戸内寂聴さんの魅力 »