« 銀座でランチ 赤坂離宮 | トップページ | Qさま! やくみつるさんの漢字力 »

2008年11月24日 (月)

2008年度のインフルエンザワクチン

 2008年度のインフルエンザワクチンの成分組成は、A型株 Aブリスベン/59/2007(H1N1)(Aソ連型のこと)、A/ウルグアイ/716/2007(H3N2)(A香港型のこと)、B型株 B/フロリダ4です。

 ワクチン接種後、免疫ができるまで2週間ぐらいかかるので、11月中にはワクチン接種を行ったほうがよいでしょう。体質によっては、発熱やだるさなどの副反応が出る場合もあるので、体調の良い時に受けるのがベストです。効果は3~5ヵ月は持続します。

 今年は、流行するのでしょうか?私も今年はワクチンを受けました。

|

« 銀座でランチ 赤坂離宮 | トップページ | Qさま! やくみつるさんの漢字力 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/86468/25415168

この記事へのトラックバック一覧です: 2008年度のインフルエンザワクチン:

« 銀座でランチ 赤坂離宮 | トップページ | Qさま! やくみつるさんの漢字力 »