« 東国原知事が衆院選出馬? | トップページ | 株安とノーベル賞 »

2008年10月 8日 (水)

俳優 緒方拳さんの急死と肝細胞がん

 俳優の緒方拳さんが、5日夜、肝細胞がんによる肝臓破裂、出血にて急死されました。

 9月30日のフジテレビドラマ「風のガーデン」の制作発表にも出演されており、突然のことで本当にびっくりしました。緒方さんは数多くの映画、テレビに出演されていますが、私の中では、名無しの探偵シリーズをよく見ていた覚えがあります。

 役者生活50年。殺人鬼のような怖い役もやれば、笑顔を見せる穏やかな役まで、本当に幅広い役柄をこなす、個性的な演技派俳優でした。盟友の津川雅彦さんをはじめ、多くの皆さんが緒方さんの死を悼んでいました。横浜の自宅の近所の方々からも、気さくに挨拶を交わしてくれるような親しみやすい方だったと、芸能界以外からも偲ぶ言葉が多く聞かれました。大切な人が急にいなくなるということは、本当に辛いことです。

 役者という仕事が好きだったのでしょうね。「仕事関係の人には病気のことは言うな。」と息子さん達に言っていたことや「倉本さんの脚本が素晴らしいんだよ。」と評し、出演した「風のガーデン」の撮影を終えて亡くなられたということからも、緒方さんの役者魂を感じます。制作発表の時、「人は誰でも老い、そして病るわけで、否応なく死ぬわけで・・・」と語られていましたが、その頃は、緒方さん自身、自分の死を覚悟していたと思います。その心中を察すると胸が痛みます。

 次男の緒方直人さんが「かっこいい、温かい男です。」とおっしゃっていましたが、その通りの素晴らしい生き様でした。心からのご冥福をお祈り申し上げます。合掌。

|

« 東国原知事が衆院選出馬? | トップページ | 株安とノーベル賞 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/86468/24337073

この記事へのトラックバック一覧です: 俳優 緒方拳さんの急死と肝細胞がん:

« 東国原知事が衆院選出馬? | トップページ | 株安とノーベル賞 »