« おすすめスイーツ おいもやさん興伸の大学いも | トップページ | フェンシング太田雄貴選手 涙の就職会見 »

2008年10月24日 (金)

脳内出血の妊婦の救急搬送受け入れ拒否死亡事件

 また、救急搬送受け入れ拒否によるたらいまわし事件が起きてしまいました。妊娠中に脳内出血を起こした東京都内の36歳の女性が、7病院に搬送を断られた後に死亡した問題で、いろいろなことが分かってきました。

 妊婦の主治医は、「脳出血とは言わないまでも、強い頭痛があり、頭部に疾患があるというニュアンスは伝えた。」と言い、最初に受け入れを断った墨東病院側は、「脳出血疑いとは伝わらなかった。」と主張し、その辺の受け止め方の違いが生じてしまったことも不幸なことだったと思います。

 さらに、周産期医療情報ネットワークの検索ネットも機能していなかったことも判明しました。

 ネットワークシステムが機能しないならば、ないのと同じです。これを機会にリアルタイムで情報が見れるようにするなどの改善が必須だと思います。

 墨東病院の当直医は研修医1人で、退職者が出たために当直2人体制を維持できなくなっていたことも分かりました。

 墨東病院と言えば、都内でも有名な大病院であるにもかかわらず、このような状況になってしまうとは、産科医不足がより深刻化していることを痛感します。

 お腹の赤ちゃんは、帝王切開で無事生まれたそうです。結婚8年目での待望の妊娠だったそうであり、残念でなりません。脳死状態となり、3日後に亡くなられ、我が子を見ることも抱くこともできなかった妊婦さんは、さぞかし無念であったろうと思います。

 脳内出血は、妊産婦死亡原因の2位。それも加味した、総合的医療の質の向上を図ることも必要でしょう。

 

 

 

|

« おすすめスイーツ おいもやさん興伸の大学いも | トップページ | フェンシング太田雄貴選手 涙の就職会見 »

コメント

東京で子供が産めなくなる日(その2) - うろうろドクター - Yahoo!ブログ
http://blogs.yahoo.co.jp/taddy442000/16924024.html

…今回の「東京陥落」よりずっと前から、墨東病院を始めとした東京の救急はSOSを出していたんですよね…。

マスコミ、役人、その他、「医療の事なんて俺らには関係ねえよ」という人間が、そのSOSを聞かなかったために「東京陥落」が起きた。

そして今でもなお「医者のモラルの問題」とか「全国各地で救急搬送を拒否した病院は患者を捨てた」とか言う人間が跋扈する事実…。(「医師は応酬義務を果たしていない」と味方を後ろから撃つ人間までいるし…。)

いつになったら、医療に無理解な人間による「医師叩き」「病院叩き」が無くなるのでしょうかね…。

投稿: 都筑てんが | 2009年7月24日 (金) 02時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/86468/24702769

この記事へのトラックバック一覧です: 脳内出血の妊婦の救急搬送受け入れ拒否死亡事件:

« おすすめスイーツ おいもやさん興伸の大学いも | トップページ | フェンシング太田雄貴選手 涙の就職会見 »