« 麻生総理大臣の豪遊 | トップページ | 高橋尚子選手の引退 »

2008年10月28日 (火)

進む円高・株安

 ついに日経平均は7100円台となり、バブル後最安値更新となりました。

 この数字は、26年前の1982年代の水準だそうです。500円玉の流通がはじまり、アメリカではレーガン大統領、日本では中曽根康弘総理大臣が就任していた時代です。せっかく頑張ってきた日本経済も、この数ヶ月であっという間に26年前に逆戻り。悲しい現実ですね。

 円高も1ドル92~93円台と急激に進み、日本の輸出企業にとって、さらにその下請けの中小企業にはさらなる大打撃となっています。

 今後の世界経済・日本経済は、どうなるのでしょうか?大変心配です。いつかは立ち直ってくれることを願いたいものです。

|

« 麻生総理大臣の豪遊 | トップページ | 高橋尚子選手の引退 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/86468/24791584

この記事へのトラックバック一覧です: 進む円高・株安:

« 麻生総理大臣の豪遊 | トップページ | 高橋尚子選手の引退 »