« 一人っ子政策がもたらした現代中国の歪み | トップページ | 川崎LASONA »

2008年9月12日 (金)

小田原の思い出 魚国 菜の花 小田原城

 4年前の8月に、夫婦2人で小田原を旅したことがありました。

 駅前の「魚国」というお魚料理が自慢のお店で金目鯛の煮付け定食をいただきました。とても美味しかったので、翌日にも訪れ、今度はマグロのカマの塩焼きも追加オーダー。40~50分してから焼きあがったカマのボリュームにびっくり。隣の席の方も私達のを見てオーダーしていました。

 久々に小田原を訪れてみると、駅ビルのLUSKA2階に場所が変わり、名前も魚国海鮮茶屋となっていました。今回も金目鯛の煮付け定食をいただきました。

 4年前には、その後小田原城を散策しました。お城好きの夫が詳しく解説してくれたことを思い出します。

 そして、おんせん饅頭で有名な地元の「菜の花」という和菓子屋さんでひと休み。私は涼しげな水羊羹を、夫は名物の伊予柑ゼリーをいただきました。

 今回も訪ねてみると、2階の喫茶室は2年以上前に閉鎖してしまったとのこと。夫との思い出の場所がなくなってしまったことが、ちょっぴり悲しかったです。今回は、1階で栗入りのどら焼きとお抹茶をいただいて帰ってきました。

 思い出の小田原を夫と2人で訪れたかったけど・・・ちょっぴり寂しい一人旅でした。小田原に行ったら、「魚国」と「菜の花」と「小田原城」をぜひ訪ねてみてください。

 

|

« 一人っ子政策がもたらした現代中国の歪み | トップページ | 川崎LASONA »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/86468/22706331

この記事へのトラックバック一覧です: 小田原の思い出 魚国 菜の花 小田原城:

« 一人っ子政策がもたらした現代中国の歪み | トップページ | 川崎LASONA »