« 自民党総裁選と今後の行方 | トップページ | SASUKE(サスケ)とハンドボールの宮崎大輔選手 »

2008年9月17日 (水)

次世代ソフトコンタクトレンズ シリコーンハイドロゲル素材

 最近、眼の健康を最優先に考えた次世代コンタクトレンズが続々と発売されています。

 眼に酸素が不足した状態が続くと、充血や角膜の腫れ、視力低下などのトラブルを引き起こす原因となります。

 従来のソフトコンタクトは、ハードに比べて酸素透過率が低いという欠点がありましたが、シリコーンハイドロゲルを採用することで、今までの6倍もの酸素透過を可能とし、眼にも安心です。まさに、呼吸する呼吸するソフトコンタクトレンズといったところでしょうか・・・

 私は、ほぼ毎日、一日15時間装用していますが、トラブルもなく快適に過ごせています。レーシックは度胸がなく踏み切れないため、当分、お世話になろうと思っています。

 値段は少し張りますが、皆さんもぜひ、試してみてください。でも、やはり、裸眼でバッチリ見えるのが一番ですね。

|

« 自民党総裁選と今後の行方 | トップページ | SASUKE(サスケ)とハンドボールの宮崎大輔選手 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/86468/22858909

この記事へのトラックバック一覧です: 次世代ソフトコンタクトレンズ シリコーンハイドロゲル素材:

« 自民党総裁選と今後の行方 | トップページ | SASUKE(サスケ)とハンドボールの宮崎大輔選手 »