« いよいよ開幕 北京オリンピック | トップページ | ヤワラちゃんこと谷亮子選手 お疲れ様 »

2008年8月 9日 (土)

福島県の佐藤栄作久前知事 有罪判決 県発注ダム工事をめぐる収賄事件

 福島県発注の木戸ダム工事をめぐる県政汚職事件で、収賄に問われた前知事の佐藤栄作久被告に懲役3年、執行猶予5年、法律上身分なき共犯とされた弟の祐二被告に懲役2年6ヶ月、執行猶予5年、追徴金約7372万円支払いの判決が下りました。

 この件に関しては、県庁の家宅捜索なども行われ、公判は34回にも及び、脱税や談合なども発覚するといった大事件となりました。

 福島では、テレビでおなじみの大沢弁護士や、元東京地検の河上さんが解説者として登場し、報道特別番組が組まれ、号外も出ていました。

 佐藤前知事は、地元ではクリーンなイメージが強い政治家だっただけに、事件が発覚した時に、福島県民は強い衝撃と驚きを覚えたものです。

 やはり、5期18年にもわたる長期政権になると、いろいろな癒着や談合が生じてしまうものなのでしょうか?個人的には、アメリカ大統領のように、2期8年位に任期を決めた方が、目標も定まり集中して良い政治活動がができるような気がしますが・・・

 弁護側は、「真実を貫くと事件が拡大すると思い、その火を消すためにうその供述をした。」と主張し、供述調書の信用性や任意性がないことを指摘してきました。

 事実は、収賄はあったのでしょうか。そして、皆さんは今回の判決を重いと考えますか。それとも、軽いと考えますか。

 

|

« いよいよ開幕 北京オリンピック | トップページ | ヤワラちゃんこと谷亮子選手 お疲れ様 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/86468/22863186

この記事へのトラックバック一覧です: 福島県の佐藤栄作久前知事 有罪判決 県発注ダム工事をめぐる収賄事件:

« いよいよ開幕 北京オリンピック | トップページ | ヤワラちゃんこと谷亮子選手 お疲れ様 »