« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2008年8月31日 (日)

「ぐぅー」のエド・はるみさんと24時間テレビのマラソン

 「ぐぅー」の一発芸で、人気沸騰中のエド・はるみさん。

 マナー講師やパソコン教師など様々な仕事を経験してきて、憧れだったお笑い芸人を目指し、吉本興業の学校で修行を積み、ようやく開花した異色芸人さんです。

 年齢、スリーサイズは非公開。想像するに、年齢は40歳を超えたくらいで、バツイチらしいという噂です。

 住まいは銀座の近くで、銀座界隈をジョギングするのが趣味だそうです。最近仕事が忙しく、ジョギングができないために太ってしまったとか。

 今回24時間テレビ「愛は地球を救う」のマラソンにも挑戦。100キロ越えの相当の距離ですが、ゴール目指して頑張って欲しいです。

 上品な女性が突然、お笑い芸人の顔に豹変するというギャップが面白さがエドさんの魅力だと思います。エドさんは、芯もしっかりしていて、自分の考えもきちんと持っている方ですよね。そして美人ですしね・・・昨今、一時一発芸で一世を風靡しても飽きられてしまい、忘れられ消えていく芸人が多いのもまた事実です。遅咲きの苦労人のエドさんには、そうなることなく活躍を続けて欲しいです。

 

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年8月30日 (土)

柳楽優弥さん急性薬物中毒で病院搬送

 俳優の柳楽優弥さんが、薬100錠ほどを大量に服薬し、病院へ搬送されました。急性薬物中毒ということですが、命には別状はないようです。

 H16年に「誰も知らない」の作品でカンヌ国際映画祭にて、最優秀主演男優賞を最年少で受賞し、注目を浴びました。

 それから4年。俳優としての苦悩やプレッシャーもあったのでしょうか?ブログでも体調を崩したなどのコメントもあったみたいですね。

 詳細は分かりませんが、とにかく早く元気な姿を再び見せてもらいたいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (4)

2008年8月29日 (金)

北京オリンピックを振り返って

 日本のエースといわれる水泳の北島選手、女子レスリングの吉田選手などはやはり強かった!という印象です。

 金メダルを獲得した選手はアテネからの連覇を達成した選手が多かったですね。彼らに共通していたのが、アテネの金メダルの後、挫折を味わい、もう一度這い上がってきて連覇を成し遂げたということでした。最初にとる金メダルよりも、研究し尽くされ注目も集まる2個目の金メダルを取ること、金メダルを守り通すことの方が難しいのでしょうね。

 体操の内村選手やフェンシングの太田選手、柔道の石井選手など若手が活躍してのメダル獲得も目立ちました。若い力がどんどん伸びてきて、次回のロンドンオリンピックがますます楽しみです。

 団体競技としてはモントリオール大会の女子バレー以来、32年ぶりとなったソフトボールの悲願の金メダルも素晴らしかったです。

 アスリートを支えるコーチや家族の存在の大切さも強く感じましたね。1人でなく、さまざまな人々の支えがあってこそのメダル獲得なのでしょう。

 水泳のフェルプス選手の8個の金メダルや陸上ボルト選手の100m、200m驚異的な世界記録での2冠など世界のトップアスリートのプレーも十分堪能できました。

 日本国民が一体となり、選手団を応援。やはり、スポーツは最高!と改めて感じる17日間でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月28日 (木)

むずむず脚症候群(レストレス・レッグス症候群)

 「むずむず脚症候群」をご存知ですか?ふくらはぎから脚先にかけて、絶えず足を動かしていないと落ち着かないむずむずした感じがおこる病気です。正式には「レストレス・レッグス症候群」と言います。

 特に夕方から夜間にかけてひどくなる傾向があり、夜眠れず不眠に陥る場合が多いです。年齢層も小児から80歳代まで幅広く、比較的女性に多いとされています。日本でも成人人口の2~4%の患者がいるということです。

 現在、はっきりとした原因は分かっていませんが、①脳内の神経伝達物質であるドパミンの機能低下 ②脳の鉄欠乏 ③遺伝的な要因が可能性として考えられています。

 むずむず脚症候群友の会も設立され、専門医の先生との結びつきを深めたり、患者同士の交流で情報交換をしたり、積極的な活動を行っています。また、大塚製薬ではこの疾患の新しい薬(貼り薬)を使った治験を行っています。

 お心当たりの方は、お早めに専門医を受診するようにしましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月27日 (水)

美味しいイタリアン 白金台のロマンティコ

 中山シェフが調理から接客まで、すべて1人で切り盛りするカウンター席のみのオープンキッチンのお店です。

 先日、妹と二人で来訪しました。ランチは、おまかせコースとパスタランチがあります。私達は、パスタランチにしました。

 まずは、自家製パンと大きなお皿にたっぷり盛られたサラダがサーブされました。私はパスタに負けないくらいこのサラダが大好きです。すごく甘いトマトとレタス、自家製ドレッシングがよく絡み合い、シンプルなのですがとても美味しいのです。

 パスタは季節の鯵と大葉のパスタを選択。昨年もこの時期に来て、このパスタがお気に入りです。イタリアンのお店はパスタの量が少なめの所も多いですが、ここはたっぷり量もあり、味もgood!大食漢だった夫も大満足のお店です。鯵の塩気と大葉の香りがとてもマッチしています。翌週には、九条ねぎとあさりのパスタをいただきましたが、こちらは通年の定番メニューです。

 とても美味しかったので、「いつまでこのメニューは提供していますか。」と尋ねたら、「いい鯵が入らなくなるので、そろそろ終わりです。」とのこと。

 ドルチェは、3種類から選べます。私はブランマンジェを、妹はティラミスにしました。ブランマンジェは口の中でとろけるようで、ドルチェのレベルもとても高いです。

 あとは、食後にコーヒーがついて、パスタランチは1800円です。

 おまかせコースもいただいたことがありますが、こちらも素晴らしいです。アナゴのフリットなどの前菜、パスタ2種、イベリコ豚のグリルなどのメイン、ドルチェ、コーヒーという内容で、3800円です。

 中山シェフは一見ぶっきらぼうに見えますが、料理に対する思い入れも強く、質問するといろいろ教えてくれますよ。

 イタリアンでは、以前このブログでも紹介したイルギオットーネと並び、大好きなお店で、休日に夫と一緒によく出掛けていました。その時の事をふと思い出しながら、大満足なランチをいただいたひとときでした。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月26日 (火)

映画 SEX AND THE CITY (セックス・アンド・ザ・シティ)

 話題の映画 SEX AND THE CITY  (セックス・アンド・ザ・シティ)がいよいよ8月23日より日本で公開となりました。

 コミカルで辛辣、ナルシシスティックな固い友情で結ばれた4人のヒロイン達。本音で生きる彼女達の姿が女性の共感を呼び、劇場版の登場となりました。

 過激な性描写も売りですが、ストーリーは案外保守的?作品のテーマは、女性が独身で生きることではなく、運命の相手との出会いです。結局、映画では独身者は4人のうち1人だけです。

 仕事も恋愛もファッションも、いつだって自分があってこそ最高に楽しめる!輝くことがどういうことか、生きるパワーがもらえそうな映画ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月25日 (月)

ラファエル・ナダルとロジャー・フェデラー

 男子テニスで、8月18日発表の最新世界ランキングで、ラファエル・ナダル(スペイン)が初めて1位となりました。2004年2月以来、1位を守ってきたロジャー・フェデラー(スイス)は2位に後退となりました。

 北京オリンピックでは、シングルスはナダルが優勝。フェデラーはナダルとの対戦の前に敗れてしまいました。私としては、今年のウィンブルドンの試合が素晴らしかったので、オリンピックでも二人の決勝での好勝負を期待していたのですが、ちょっぴり残念でした。

 ナダルは金メダルをとった翌日にランキング1位になりました。

 ダブルスではフェデラー組が優勝し、意地を見せました。

 ナダルはクレーコートのみならず、グラスコート、ハードコートでも勝ち、最近本当に強くなっているなあという印象を受けます。いよいよナダル時代の到来でしょうか?

 フェデラーは、勝ち続けていたウィンブルドンの敗戦後、以前の絶対的な強さが少し影を潜めています。でも、ウィンブルドンでの粘りは凄かった。力強いフェデラーも戻ってきて欲しいです。

 北京オリンピック後は、すぐに全米オープンが待っています。ウィンブルドン決勝戦を彷彿させるような両者の決勝での熱い戦いを再び期待したいです。ナダルとフェデラーのライバル対決は、今後も大いに注目です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月24日 (日)

陸上男子4×100mリレー銅メダルおめでとう!

 陸上男子の4×100mリレーで、日本チームが銅メダルを獲得しました。

 予選でアメリカをはじめとする強豪チームが次々とバトンミスで、決勝進出できないという状況の中、日本は確実なバトンパスを披露。個人の持ちタイムではやや劣るものの、リレーは個人の走力のみで決まるものではない、バトンパスの技術もタイムを縮める重要な要素だということを証明してくれましたね。

 テレビで言っていましたが、他の強豪国はレースが終わるとバラバラに1人ずつ帰っていくが、日本チームは4人揃っての行動。個人主義ではなく、日本チームとしての結束力を感じました。銅メダル獲得後も、レースには参加していなかった為末選手も泣いていましたよね。やはり、同時期に一緒に陸上界を牽引してきた仲間のメダルに、いろいろな思いがこみ上げ、感極まるものがあったからなのでしょう。

 4回のオリンピックを経験した朝原選手は今回が最後の大会。黒人選手が圧倒的に強い短距離において、長期に渡り、日本のトップとして頑張ってきました。銅メダルが獲得できて、本当に良かった!おめでとうございます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月23日 (土)

女子ソフトボール悲願の金メダルと上野由岐子選手の力投 星野ジャパンは残念

 女子ソフトボールチームが宿敵アメリカを破り、悲願の金メダルを獲得しました。

 それにしても、エース上野投手の力投には、頭が下がる思いです。前日、2試合で318球を完投し、それも球史に残る名勝負でした。連投が続き、大丈夫かなあと心配する気持ちもありましたが、魂の投球あるのみ。上野投手の姿には本当に感動しました。

 オーストラリア戦で決勝打を放った西山選手も、心臓の持病を抱えながら良く頑張りました。日本のチームの結束力や強い絆も強く感じました。ナインに肩車され、No.1ポーズをする上野選手の笑顔がとても素敵でした。

 上野選手は努力家です。練習も人一倍行い、学生時代は、部活の後も練習が足りないと言い、怖がるお母さんをキャッチャーに更なる投球練習やランニングして家に帰るなど、凄まじい努力をしていたようです。彼女を見ていると、心からソフトボールを愛しているんだなあと思います。育ててくれた高校の恩師がくも膜下出血でなくなり、大会前に福岡のなき恩師の墓前に金メダルをとって来ると誓い、オリンピックに望んだ上野選手。恩師にも約束どおり、金メダルの報告が出来て本当に良かったですね。素晴らしい金メダルでした。

 これだけ感動的な試合が続いたソフトボールが次回のオリンピックからなくなってしまうのはとても残念です。

 ソフトボールに引き続き、星野ジャパンも金メダルを!と応援していましたが、韓国に逆転負けを喫し、残念な結果となってしまいました。気持ちを切り替えて、銅メダルは死守してもらいたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年8月22日 (金)

大野病院帝王切開死亡事故の判決

 現役医師が逮捕ということで注目が集まっていた福島県の大野病院医療事件で、被告の加藤克彦医師に無罪判決が言い渡されました。

 判決を聞いて、被告の加藤医師は安堵の表情を浮かべ、医療関係者からは「妥当な判断」「教訓として、再発防止を」との声が上がりました。

 一方の遺族側は、怒りの気持ちをあらわにしました。今でも孫に母親を意識させたくないと家族連れの集まる場所には連れ出さないそうです。

 司法の判断も難しかったと思います。結局どうすべきだったのかは誰にも分からない・・・尊い母親の命が失われたことは事実です。結果が悪ければ、すべて医師側に問題があるというのもいかがなものかと思います。そして医師側も、患者が納得できるように十分に説明する義務もあり、最善を尽くすべきではないでしょうか。

 

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年8月21日 (木)

体操の冨田洋之選手お疲れ様でした

 北京オリンピックも後半にさしかかり、体操も19日の種目別鉄棒を最後に競技を終えました。

 日本期待のエース、冨田洋之選手に鉄棒でメダルをとって欲しい!と応援していましたが、着地が乱れ、6位という結果に終わりました。

 90年代後半に活躍していたビタリー・シェルボ選手の演技を見て、「美しい体操」にこだわり続けた冨田選手。彼の恩師も、「体操はサーカスではないので、美しさがなくては意味がない。」とおっしゃっていました。難しい技を多く入れた者が勝つ現代の体操。難易度よりも美しさで勝負を挑んできた冨田選手の「美しさも同じように感じてもらって得点に反映されるようにして欲しい。」という言葉が印象的でした。

 2005年世界選手権では、個人総合でも優勝を飾り、その後にルール改正があり、難易度が重視されるシステムに苦しみましたが、今回チームを引っ張っての団体での銀メダル獲得。日本も一時期低迷していた時期がありましたが、それを振り払ってくれたのがアテネでの素晴らしい演技「栄光への架け橋」でした。ここまでレベルを引き上げたのは冨田選手の功績によることも大きかったと思います。どうもお疲れさまでした。

 内村選手、坂本選手などの若手も育ってきており、今後もとても楽しみな男子体操チームです。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2008年8月20日 (水)

内村航平選手とブラックサンダーチョコ

 北京オリンピック特需のためでしょうか?メダリストグッズに、今熱視線が注がれています。

 体操の内村航平選手がお気に入りなのは、有楽製菓のチョコ菓子「ブラックサンダー」1個31円です。また、ずいぶんとお値打ち価格ですね。コンビニなどで売っているようですが、私は見たことがありません。同社は内村選手がブラックサンダー好きなのを知り、320個入り1箱を送ったとか。内村選手も北京に40個のブラックサンダーを持ち込み、チョコパワーで銀メダルを獲得しました。売上も急増し、銀メダルにちなんだ「シルバーサンダー」も発売されるかもしれませんね。

 その他、北島選手のゴーグル、フェンシング太田選手の援助会社やまやの明太子、世界最速のボルトの金スパイクなどに問い合わせが殺到しているそうです。

 オリンピックには、いろいろな楽しみ方や経済効果があるものですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月19日 (火)

大阪桐蔭優勝おめでとう!女子レスリング伊調姉妹の強い絆

 夏の甲子園では、17-0で大阪桐蔭が常葉菊川を圧倒し、17年ぶり2回目の優勝を飾りました。

 甲子園では打撃絶好調で打ちまくり、見事な優勝でしたね。私も、予想がばっちり的中しました。優勝おめでとうございます。

 北京オリンピックも、連日熱戦が続いています。女子レスリングの伊調姉妹の絆の強さには、強く心を打つものがありました。「二人で金メダル」を目標にやってきた二人。姉の千春さんが決勝で敗れ、銀メダルとなってしまったことがショックで、妹の馨さんは出場を取りやめようかと思ったほど精神的にまいっていたとか。それを励まし、勇気付けたのが姉の存在だったそうです。千春さんは引退し、結婚という報道もあるようで、お姉さんが引退するのならば、私も区切りをつけたいと馨さんは言っているようですが・・・と、思っていたら、姉妹揃っての引退表明。まだ24歳と若いので、吉田選手とともに五輪3連覇を目指して欲しいと個人的には思っていましたが・・・でも、2人が決断したことなので、今は御苦労様という気持ちでいっぱいです。

 女王、吉田選手も強かった!浜口選手の銅メダルの笑顔も最高でした。女子レスリングはすべての階級でメダルを獲得し、家族愛や姉妹愛を強く感じた素晴らしい戦いぶりでした。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2008年8月18日 (月)

会津継承米 氏郷

 会津継承米 氏郷は、こだわりの土から生まれた厳選の会津コシヒカリです。全ての契約農家で「特別栽培農産物の認証」を受けています。

 会津は(財)日本穀物検定協会が行う食味ランクで特Aの評価を受け、最高値の最も美味しい米とされています。

 ちなみに、高級寿司で有名な銀座久兵衛でもこのお米を使用しているようです。

 氏郷のおにぎりを食べましたが、さめても米がホクホクしてとても美味しかったです。通販でも販売しているようですので、少し割高ですが一度味わってみてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月17日 (日)

高校野球もあついぞ!

 連日北京オリンピックの熱戦が続いていますが、五輪に負けず、高校野球も熱い戦いが繰り広げられています。

 準決勝は、浦添商VS常葉菊川  横浜VS大阪桐蔭という組み合わせとなりました。私は、決勝は常葉菊川VS大阪桐蔭で、優勝は打撃好調の大阪桐蔭と予想しております。

 私の故郷の代表も、県代表として33年ぶりのベスト8を果たし、地元では盛り上がりましたが、準々決勝では横浜に大敗してしまい、残念でした。

 北京オリンピックの影に隠れがちですが、高校球児達も頑張っています。どのチームに栄冠は輝くのでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月16日 (土)

柔道石井選手 最後に金メダル 北島選手引退?

 柔道競技の最終日の100キロ超級で、石井選手がなんとか金メダルを死守しました。内柴選手の金メダル以降、低迷が続いていた日本男子柔道陣。今回は金メダル2個、銀、銅メダルはなしという結果で大会を終えました。

 どちらかに差をつけようという指導が多く出ることが多かった状況の中、きちんと組んで、1本をとる柔道を目指す日本選手は大変苦しみましたね。どの競技でもそうですが、国際ルールが変化する中、それにのっとった戦いをしていかなければならず、ロンドン五輪に向けて、今後の対策と強化をしっかりと行っていかなければならないと思います。

 やはり、日本の国技ともいえる柔道が弱いと悲しいです。

 また、平泳ぎ100m、200mで2冠を達成した北島選手引退?の見出しがスポーツ新聞の一面を飾りました。北島選手のファンの私としては、寂しさを感じます。ちなみに私の弟は北島選手に似ています。

 でも、トップアスリートであるがゆえに、モチベーションを保ち続けることの難しさもあるであろうし、最高の形で終えたいという気持ちも理解できます。とりあえずは、メドレーリレーでのメダル獲得を目指し、頑張ってほしいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年8月15日 (金)

男子体操 内村航平選手と冨田洋之選手

 体操競技は私がオリンピックの中でもとても好きな競技のひとつです。

 男子体操個人総合で19歳の内村航平選手が銀メダルを獲得しました。あん馬で2度の落下をし、23位からの大逆転。その後あきらめることなく、気持ちを切り替えての好演技が続き、最後の鉄棒で4位から2位へと順位を上げました。次回のロンドンオリンピックもとても楽しみですね。次は金メダルだ!

 一方の冨田洋之選手も吊り輪のアクシデントがありながらの4位と、良く頑張りました。多くを語らず、自分が若手の手本となり、背中で引っ張っていくタイプ。日本チームとして冨田選手のリーダーシップがなかったら、内村選手の銀メダルもなかったかもしれません。個人的には最終的に、3位と僅かの差だったので、メダルを取らせてあげたかった!

 若手とベテランがうまく融合した素晴らしい体操チームです。種目別でもがんばれ、日本!

 水泳の北島選手も貫禄の2冠でした。それにしても、男子柔道はどうしてしまったのでしょうか?内柴選手以外は早々と姿を消すシーンが多く、鈴木選手までも敗れてしまいました。せめて、明日の100キロ超級の石井選手には有終の美を飾ってほしいです。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月14日 (木)

資生堂パーラーの思い出

 結婚前、毎週土曜日、仕事を終え新幹線で東京に向かい、夫と資生堂パーラーでお食事をするのが恒例でした。今はなくなってしまいましたが銀座四丁目店の資生堂パーラーは私達夫婦にとって毎月通っていた思い出のレストランなのです。

  資生堂パーラーは、明治35年からおよそ100年以上にわたって、銀座で営業を続け、森鴎外や川端康成らの文豪、勘三郎一家らの歌舞伎俳優達も数多くひいきにし、銀座の旦那衆も常連として訪れる伝統あるお店です。

 毎月変わるディナーコースセットを注文していました。お肉のグリル、お魚のソテー、カレーなど月折々の洋食を楽しみました。夫はコンソメスープが大好きで、私はミートクロケットのファンでした。

 料理の味はもちろんのこと、行き届いたサービスや店内の雰囲気も素晴らしかったです。今度はぜひ8丁目の本店にも出かけてみようと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月13日 (水)

お盆と先祖供養

 今年もお盆の時期となりました。私も毎日仏壇に手を合わせ、亡くなった家族と御先祖様のお参りをしております。

 御先祖様がいたからこそ、我々が今この世に存在し、生きていけるのだということがもともと仏教の考え方の基本にあります。

 今日、8月13日も家族でお墓参りをして、供養をしてきたいと思います。仏壇や故人のお墓参りをし、和尚様の説法をうかがうと、自分の心も洗われたような気持ちになります。

 そして、故人への感謝の気持ちを大切にしていきたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月12日 (火)

北島選手 世界新で五輪連覇 おめでとう!

 昨日の柔道内柴選手に続き、北京オリンピック競泳男子百メートル平泳ぎで、北島康介選手が58秒91の世界新記録で2連覇を達成し、金メダルを獲得しました。

 急成長のダーレオーエン、永遠のライバルのハンセンとほぼ横並びで50メートルをターンした後、素晴らしいレースでしたね。やっぱり、北島は強かった!

 アテネの金メダルの後、モチベーションの低下やケガもあり、スランプの時期もありました。あの北島選手でさえ、苦しい時期はあったのです。

 金メダル獲得後のインタビューで、タオルで顔を抑えながらぐっとつまり、喜びをかみしめ眼に涙を浮かべる北島選手の姿を見て、本当に感動しました。

 これだけの注目と期待を背負いながらエースの貫禄を備えて獲得した金メダルは、アテネの時とはまた違う意味を持つものだと思います。おめでとう、北島選手。二百メートルもこの勢いで金メダルだ!

 12日は、男子体操の団体決勝です。予選ではライバル中国と少し差がありましたが、予選の得点は決勝では関係ありません。北島選手に続いて、五輪連覇を期待したいです。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月11日 (月)

ベルリンでのオバマ氏の演説

 2008年7月24日、ベルリンでのバラク・オバマ氏の演説に約20万人が集まりました。

 オバマ氏は、「確かに、アメリカとヨーロッパには異なる部分がある。しかし、地球市民としての責務から、私達は結束を続ける。」と、演説を行いました。

 ベルリンは過去にも、ジョン・F・ケネディ大統領やロナルド・レーガン大統領が演説を行い、かつ、見事に実績を示し、歴史的評価を得ました。

 よくケネディに例えられるオバマ氏ですが、今回はレーガンのイメージに自分を重ねることも意識したようです。

 今のアメリカが直面する問題は、多岐にわたっており、オバマ氏にはニューリーダーとして、世界を変える良き指導者になることを信じたいですね。そして、行動と実績で示し、世界をリードしていってもらいたいです。オバマ氏の若い力に期待したいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月10日 (日)

ヤワラちゃんこと谷亮子選手 お疲れ様

 北京オリンピックの柔道女子48kg級で、谷亮子選手が準決勝で敗れ、銅メダルに終わり、「ママでも金」の夢は果たせませんでした。

 ヤワラちゃんも、32歳。全盛期と比べれば、やはり体力的にもピークは過ぎ、子育てとの両立も大変であったと思います。

 高校時代から、長きに渡り、日本中から注目されながら、世界の第一線に君臨し続けたことはすごいことだと思います。

 銅メダルを決めた試合で1本勝ちしても、笑顔がなかったヤワラちゃんの表情が印象的でした。

 試合後の会見で、「主婦がしたい」と、引退を示唆したヤワラちゃん。本当に、お疲れ様でした。

 男子の平岡選手は1回戦で敗退し、柔道競技としてはスタートダッシュとはいきませんでしたが、水泳の北島選手は、余裕の泳ぎで準決勝に進みました。明日からの日本選手の頑張りに期待したいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月 9日 (土)

福島県の佐藤栄作久前知事 有罪判決 県発注ダム工事をめぐる収賄事件

 福島県発注の木戸ダム工事をめぐる県政汚職事件で、収賄に問われた前知事の佐藤栄作久被告に懲役3年、執行猶予5年、法律上身分なき共犯とされた弟の祐二被告に懲役2年6ヶ月、執行猶予5年、追徴金約7372万円支払いの判決が下りました。

 この件に関しては、県庁の家宅捜索なども行われ、公判は34回にも及び、脱税や談合なども発覚するといった大事件となりました。

 福島では、テレビでおなじみの大沢弁護士や、元東京地検の河上さんが解説者として登場し、報道特別番組が組まれ、号外も出ていました。

 佐藤前知事は、地元ではクリーンなイメージが強い政治家だっただけに、事件が発覚した時に、福島県民は強い衝撃と驚きを覚えたものです。

 やはり、5期18年にもわたる長期政権になると、いろいろな癒着や談合が生じてしまうものなのでしょうか?個人的には、アメリカ大統領のように、2期8年位に任期を決めた方が、目標も定まり集中して良い政治活動がができるような気がしますが・・・

 弁護側は、「真実を貫くと事件が拡大すると思い、その火を消すためにうその供述をした。」と主張し、供述調書の信用性や任意性がないことを指摘してきました。

 事実は、収賄はあったのでしょうか。そして、皆さんは今回の判決を重いと考えますか。それとも、軽いと考えますか。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月 8日 (金)

いよいよ開幕 北京オリンピック

 2008年8月8日、いよいよ北京オリンピック開幕の日となりました。世界各国のVIPや選手団が北京入りし、オリンピックモード突入ですね。

 オリンピックでは日本選手団の応援はもちろんのこと、世界のスーパーアスリート達にも注目したいと思います。

 例えば、水泳のマイケル・フェルプス選手。五輪前にも複数の種目で世界記録を連発しており、1人でいくつの金メダルを取るのか期待が膨らみます。

 そして、毎回のことながら、注目の的となるのが陸上の男子百メートル。10秒弱であっという間に決着がつく勝負ですが、誰が勝利をおさめるのか、今からわくわくします。

 日本選手団、金メダル第一号は誰なのか、本当に楽しみです。この夏は、北京オリンピック観戦で、あつく燃える日々が続きそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月 7日 (木)

現代人に急増中のうつ病、うつ状態

 先日、テレビを見ていたら、「うつ」に関する医学の学会の著名な先生が出演されていて、詳しく解説されていました。

 うつは完璧主義者、几帳面で、100点か0点かと考えるような生真面目な人がなりやすいとのこと。

 また、人間の人生において、うつを引き起こす原因となるインパクトファクターとしては、1位が配偶者の死亡で、2位が離婚だそうです。

 うつに効く食べ物は「魚」。日本人は魚を多く食べるので、増えたとはいえ、まだ、欧米人よりうつは少ないらしいです。

 何もしたくなく、する気もおこらず、家に閉じこもっている状態が1ヶ月間続くようならば、危険とのこと。すぐに専門医を受診した方が良いそうです。

 また、周囲の人も、うつの人を「頑張って」と励ましてもいけませんが、逆に、無関心にほったらかしにしてしまっても駄目で、目配りをしながら、普通に接するのが良いのだそうです。

 最近では、仏教の教えをうつの治療に取りいれる試みも行われているようです。

 社会構造も変化し、ストレスや不安要素も増え、うつも増加傾向です。ストレスをうまく発散しながら、うつに陥ることなく、楽しい人生を過ごしていきたいものです。

 

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年8月 6日 (水)

結婚記念日の過ごし方

 皆さんは、結婚記念日をどのように過ごしていますか。ある雑誌を読んでいたら、素敵なご夫妻の結婚記念日が掲載されていました。

 「年に一度の特別な日。だから、私達二人はおしゃれをして、結婚披露宴を行った白金のレストランで、記念日ディナーをいただきます。予約をするのは、グルメな夫の役目です。」というものでした。

 私の妹夫婦も披露宴を行ったレストランでの記念日ディナーを恒例にしているようです。

 思い出のレストランで二人の特別な時間を過ごせることはとても幸せで、素敵なことですよね。こうしたことがリフレッシュとなり、日々の忙しい仕事や家事も頑張れるのだと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年8月 5日 (火)

タカノフルーツパーラー 桃のパフェとワッフル

 新宿にある「タカノフルーツパーラー」は、大学時代には妹と、結婚してからは夫と、そして時にはひとりで、もう何年も通い続けているお気に入りのお店です。

 今の時期は、8月31日(日)まで、夏の旬果ポイントラリーを実施中で、桃のパフェ・ワッフル・デザートのメニューを3回食べてスタンプを集めると、桃やピオーネの旬果パフェが一つ無料でいただけます。

 私は、特にバターやクリームでデコレイトされたアツアツのアメリカンタイプのワッフルと新鮮な桃とアイスやゼリーやグラニテが盛り合わせとなったミニパフェ、紅茶がセットとなった「桃のワッフルセット」が大好きです。

 いちご、マンゴー、桃、ピオーネ、栗など季節ごとに違った味わいが楽しめます。一番人気はパフェのようです。店舗によっても微妙に盛り付けが異なりますが、私は新宿高島屋店によく行きます。

 新宿にお出かけの際は、ぜひ立ち寄ってみて下さいね。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2008年8月 4日 (月)

漫画家赤塚不二夫さん死去

 漫画家の赤塚不二夫さんが肺炎のため、都内の病院で亡くなりなりました。

 赤塚さんといえば、縛られることなく、自分の好きなように生きている「自由人」というイメージが強いですね。

 そして代表作はやはり「天才バカボン」です。幼い頃、テレビでよく見ていました。バカボンのパパ、レレレのおじさんなど親しみやすいキャラクターが登場し、心がほっと和むような大人気の漫画でした。

 昭和の時代がまた一つ消えてしまい、すごく寂しい思いです。心からのご冥福をお祈り申し上げます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月 3日 (日)

2008 夏の甲子園

 今年もいよいよ夏の甲子園が始まりました。今回は第90回の記念大会で、出場枠も増えました。

 春の選抜優勝の沖縄尚学が地方予選で敗退するなど、群雄割拠の今大会。どこの代表チームが優勝するのか、予想がとても難しいですね。

 10年前の第80大会では、怪物松坂率いる横浜が劇的な優勝を飾りました。あれから10年。時の経つのは早いものです。

 一回負けたら終わりの高校野球は、選手達が常に全力投球でプレーする姿が、見ていていつも気持ちいいものです。まさに、筋書きのないドラマですね。

 私もふるさとの代表校を中心に、高校球児達を応援したいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月 2日 (土)

北京オリンピック「期待したい日本人選手」ランキング

 北京オリンピックもあと数日と迫ってきました。今回のオリンピックで、日本はいくつの金メダルを獲得できると予想しますか?5~10個くらいと予想する方が多いようです。そこで、今回は金メダルを期待したい日本人選手ランキングを御紹介したいと思います。

 1位 北島康介選手(水泳)

 最大のライバル、ハンセンは200mでまさかのアメリカ予選敗退。レーザーレーサーの着用もOKとなり、ますます金メダルの期待が膨らみます。

 2位 野口みずき選手(陸上・マラソン)

 練習量はピカイチ。暑さにも強く、安定感も抜群です。アテネに続くマラソン2連覇を期待したいですね。

 3位 吉田沙保里選手(レスリング)

 連勝は止まってしまいましたが、まだまだ強さは際立っています。得意のタックルで相手を打ちのめし、金メダルに向かってGO!

 4位 谷亮子選手(柔道)

 「ママでも金!」をぜひとも成し遂げてもらいたいです。

 5位 室伏広治選手(陸上・ハンマー投げ)

 凄い筋肉と抜群のテクニックを駆使してのスーパースローを見たいです。

 アテネでは金メダルラッシュに沸いた日本勢。北京でも大活躍を期待します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月 1日 (金)

精神鑑定と刑事責任能力

 最近、無差別殺人や凶悪、残忍な一般人には理解しがたい事件が増えています。そうした背景の中、精神鑑定で刑事責任能力を争うケースが多くなっています。

 少し前にも、2人の医師がそろって精神障害と鑑定した三橋歌織被告に対し、東京地裁は刑事責任能力を認める判決を言い渡しました。

 裁判官は、鑑定は信用できるがあくまで参考意見であり、犯行のありさまや動機などを総合的に検討した判決であると述べています。

 判決が鑑定結果と異なるのに違和感を覚える方もいるかもしれませんが、精神の病などで善悪の判断ができない場合には、責任能力なしとして、罪を問わないとひとくくりに決めてしまうのも、被害者にとって納得のいかないことであろうし、鑑定だけに頼れないのも事実だと思います。責任能力があるかどうかを鑑定するのは非常に難しいことだと考えます。

 来年から開始される裁判員制度に私達国民も参加するわけであり、法律の専門家でさえ判断が難しい事件を、素人の国民が裁くことができるのか心配であり、その責任はとても重いものになるに違いないと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »