« 燃料サーチャージの不思議 | トップページ | コンビニ深夜営業中止? »

2008年7月 4日 (金)

絵師と国宝

 日本を代表する絵師と尋ねられたらどう答えますか。狩野永徳、雪舟、長谷川等伯、俵屋宗達、尾形光琳の5人といったところでしょうか。その中でも、個人的には雪舟と等伯の作品が好きです。

 四季山水図、天橋立図で有名な雪舟は、絵師として個人で最多6点の国宝指定を受けており、日本で絵描きを志す者すべてにとって多大な影響を与えた神様的存在でしょう。以前、上野の美術館に雪舟展を見に行った時の混みっぷりは凄いもので、1時間半位並んでやっと鑑賞できたほどです。それくらい人々を惹きつける強固な魅力が雪舟の作品にはあるのだと思います。

  ライバル狩野派に徹底抗戦した長谷川等伯の大障壁画「楓図」も素晴らしいです。華やかな秋草や咲き誇る桜をあしらった繊細な美しさは見事だと思います。京都の智積院に収蔵されているので、機会があれば鑑賞してみてください。

 日本美術にはたくさんの優れた作品があり、最近では国宝クラスでも美術館などで多く鑑賞できるようになりました。たくさんの国宝を見て、心も豊かになりましょう。

|

« 燃料サーチャージの不思議 | トップページ | コンビニ深夜営業中止? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/86468/9702339

この記事へのトラックバック一覧です: 絵師と国宝:

« 燃料サーチャージの不思議 | トップページ | コンビニ深夜営業中止? »