« 浅草寺のほおずき市 | トップページ | 「iPhone 3G」いよいよ発売 »

2008年7月10日 (木)

洞爺湖サミットについて思うこと

 G8の他、中国、インドなどの新興国も含め開催された洞爺湖サミットが9日閉幕しました。

 地球温暖化、CO2削減問題に関しては、主要国の首相が同じテーブルについて話し合うことまでは実現しましたが、「2050年まで50%削減」のような具体的な目標の設定までには至りませんでした。

 食糧高騰に関しても具体策はなく、原油高問題に関しての投機マネーの規制などの対策も特には決定されませんでした。

 議長国として、福田首相は無難にこなしたという意見もありますが、結局、サミット後も国民の生活はそう良い方向に向かうとも思えないのですが・・・

 個人的には、争点となっていた各問題点に対し、納得できるような具体的な声明を発表して欲しかったです。

 都内の駅や新幹線の中には、ここ数日間、警戒警備のための警察官がたくさんいて、物々しい雰囲気でした。駅のコインロッカーやゴミ箱の使用も禁止され、とても不便でした。

 サミット後の福田首相の内閣支持率はどうなるのでしょうか?気になるところです。

|

« 浅草寺のほおずき市 | トップページ | 「iPhone 3G」いよいよ発売 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/86468/22185528

この記事へのトラックバック一覧です: 洞爺湖サミットについて思うこと:

« 浅草寺のほおずき市 | トップページ | 「iPhone 3G」いよいよ発売 »