« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2008年7月31日 (木)

東京の夏祭りと盆踊り

 夏祭りや盆踊りといえば、地方のふるさとで・・・といったイメージがありますが、大都会東京でも意外と開催されているものです。そこで今日は、東京で行われる盆踊りのある夏祭りを御紹介したいと思います。

 ・第31回サンシャインシティ納涼盆踊り大会 (7/31~8/2)

 若者の街池袋で開催され、来場者が飛び入り参加できるスタイルになっている楽しい盆踊りです。

 ・第61回築地本願寺納涼盆踊り大会 (8/5~8/8)

  築地音頭を皮切りに盆踊りがスタート。スペシャルイベントは7日の名物仮装盆踊りで、仮装していれば誰でも参加OKです。

 ・日比谷公園丸の内大盆踊り大会 (8/22~8/23)

 大噴水の周りで楽しむ盆踊りです。模擬店には日比谷松本楼など園内レストランが出店します。チャリティー抽選会などのイベントも満載です。

 夏の風情を感じながら、涼に癒されたいものですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月30日 (水)

共働き夫婦円満への秘訣

 1992年に共働き夫婦世帯数が専業主婦世帯を初めて上回り、97年以降は多数派を占めるようになり、今や夫婦共働きは当たり前にさえなってきました。

 共働きは金銭的には余裕ができるものの、家事や子育ての分担をどうするか、お金の管理をどうするかなど、新たな問題も生まれがちです。そこで、今日は共働き夫婦円満への秘訣10のポイントを御紹介したいと思います。

 1 生活費の財布は一つに

   貯蓄はそれぞれの名義にして、月々の生活費は一つにするやり方です。

 2 家計簿ソフト等を活用する

 3 貯蓄や資産は別々に

 4 収入差あっても平等に

 5 得意分野を担当する

 6 相手のやり方を責めない

 7 教育は二人の意思で

 8 趣味にはお互い寛容に

 9 プライドを守り気配りを

 10 収入に関する禁句

  「私の方が稼いでいる」といったことは絶対に駄目。 逆に、夫の収入が多い場合でも、「俺が食わせてやっている」というのは絶対禁句です。

 いつまでも新鮮で楽しい円満な夫婦生活を送りましょう。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月29日 (火)

リッツカールトン東京の朝食 フォーティーファイブにて

 7月21日、約14ヶ月ぶりにリッツカールトン東京のフォーティーファイブにて、豪華な朝食をいただきに出かけました。前回は夫とでしたが、今回は上京した妹二人と一緒に出かけました。

 前もって予約しておいたので、景色が良く見える窓際の席に案内していただきました。

 バイキングスタイルの朝食にしました。まずはじめに、卵料理とフレッシュジュースをオーダー。オムレツ、目玉焼き、スクランブルエッグ、ボイルドエッグなどから選択できますが、私達はオムレツを選びました。バターの風味がアクセントとなり、オニオンとマッシュルームをトッピングしてもらい、中はとろとろのオムレツが今まで食べたオムレツの中で一番美味しかったです。ジュースも、オレンジ、グレープフルーツ、トマト、パインなどから選ぶことができ、まるで果物自体を食べているようで、普段飲んでいるものとは比べものにならないほどフレッシュでした。ジュースはお代わりも持ってきてくれます。

 パン類もとても充実しています。私は特に、クリーム入りのオレンジデニッシュとオレンジピールがたっぷり入ったメロンパン風のパンが気に入りました。その他にも、クロワッサン、パネトーネ、マフィンなどかなりの種類がありました。特に、甘系のパンが多かったです。

 メロン、スイカ、チェリーなどのフルーツ、とろりと滑らかなヨーグルト、コーンフレーク、サラダ、サーモンなどの前菜類などいろいろありました。

 品数はべらぼうに多くはありませんが、一通りそろっており、なんといっても質がとても良いモーニングビュッフェだと思います。私もいろいろなホテルのブレックファーストに行きましたが、リッツカールトンが一番好きで、夫も同意見でした。

 あとは平日に行われているデザートビュッフェにも行ってみたいです。

 私は仕事があったため、8:10ぐらいで出ましたが、妹は、6:30~11:00まで4時間30分ものんびりしていたとのこと。値段は、4345円(税・サービス料込み)とやや張りますが、45階から東京の美しい景色を眺めながら、ゆっくりくつろいでおしゃべりをしながら、美味しいお食事が取れるのならば、そう高いものではないかもしれませんね。

 外国人や上品な家族連れなどの宿泊客の方が主でした。すごく混雑するわけでもなく、雰囲気もとても良いのでおすすめです。

 夫と来た時のことを懐かしく思い出しながら、優雅なひと時を過ごした都会の一日でした。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2008年7月28日 (月)

鰻が高級食材に

 7月24日は、土用丑の日でした。皆さんは、鰻を食べ、スタミナをばっちりつけましたか?

 今年は産地偽装、中国産食品への不信感などから中国産鰻が減り、国内産も品薄となり、昨年に比べだいぶ価格が上昇したようです。

 来年はさらに値段が上がる見込みで、今年の2倍の値になる予想もあるとか。

 テレビで中国産、台湾産、国内産の食べ比べアンケートをしたところ、ほぼ3つとも同数で、大差がないという結果でした。国内産が味的にすごく美味しいということもないのでしょうか。

 そのうち鰻が高級食材となってしまうかもしれないですね。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年7月27日 (日)

夏休みを楽しもう!テレビ局系イベント お台場冒険王

 毎日暑い日が続きますね。夏休みも始まり、どこに遊びに行ってどう楽しむかを考えているあなた、テレビ局系イベントに出かけてみてはいかがでしょうか。

 人気番組をモチーフにしたブースやお笑い芸人のライブなど盛りだくさんのイベントがぎゅっと詰まっており、たっぷり楽しめること間違いなしです。そこで今日は、夏休みに開催中のテレビ局系イベントをいろいろ御紹介したいと思います。

 ・お台場冒険王 

 今年がファイナル。毎年、大勢の来場者で賑わい、イベントブースやアトラクション、番組収録などを連日開催しています。1DAYパスポート 一般1500円 小中学生1300円です。

 ・夏Sacas'08

  赤坂サカスがTBSの番組テーマパークに大変身。番組体験Booランドをはじめ、飲食ブースのフードメニューも充実しており注目です。

 ・Go!Go!SHIODOMEジャンボリー

 日テレ開局55周年を迎え、パワーアップ。アナウンサープロデュースショップが特製ドリンク販売を予定中です。局内ツアーの企画もあるようです。

 大人も子供もたっぷり遊べそうですね。ぜひ出かけてみましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2008年7月26日 (土)

浜崎あゆみさん 究極のベスト盤

 デビュー10周年を迎えた浜崎あゆみさんが、これまで発売したシングル全43作を新たにリマスタリング収録した究極のベスト盤を9月に発売することになりました。

 自身の聴力障害、親しい知人の死など辛いこともたくさんあったあゆですが、総売上枚数2000万枚を超えるその功績は他の女性歌手には類を見ないすごいものだと思います。

 私も車を運転しながら、浜崎さんのベストアルバムを聞き、その曲を口ずさみながら通勤していたことをふと思い出しました。数々のヒット曲を引っさげ、9月からはアジアツアーもスタートします。

 これからもますますの活躍を期待したいですね。

 

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年7月25日 (金)

隅田川花火大会

 夏の風物詩といえば花火。隅田川花火大会が、7月26日(土)に行われます。午後7時10分~8時30分に2万発の花火が夜空を彩ります。

 第1会場は桜橋下流~言問橋上流、第2会場は駒形橋下流~厩橋上流となっています。

 きれいな花火をみていると、楽しい気分になりますよね。

 花火の思い出といえば、昨年の夏に夫と二人で見た私の実家近くの花火です。地元では大規模なもので、家のバルコニーの特等席でおつまみやドリンクをいただきながら、じっくり鑑賞でき、今となってはとてもよい思い出です。

 今年はもう、2人で見ることができないのだなあと思うと、胸が痛みます。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2008年7月24日 (木)

大学病院の目指すべき方向性

 これまで医学教育の場、先端医療を担う場として、日本の医学界をリードしてきたのが大学病院です。今後の大学病院の動向は医療において大きな影響力を持っています。

 しかし、初期研修必修化の制度改革に伴い、多くの医学生が市中病院に流れ、大学病院に対し教育の場としての期待は薄れる傾向となりました。

 さらに、独立行政法人化により、大学の経営を自己決定、自己責任で行い、経済的自立をも求められ、経営改革に迫られているのが現状です。

 こうした様々な問題を抱えている大学病院の目指すべき方向性ですが、まず何よりも大学の教育、研究、診療は、自分たちの名誉や満足のためではなく、国民のため、社会のためにあるという、基本的なことを忘れずに制度改革を進めていただきたいということです。それには、しっかりとした経営基盤が確立されていなければ、良い教育や研究はできないのであり、大学医療人の意識改革も必要になってくると思います。

 具体的には、地域医療機関との協力体制や連携を築くなどして、分業によっ診療科の壁を取り払い、合理的な診療体制システム作りを進めたり、労働環境整備に対する理解を求めていくことも必要となってくるでしょう。

  私の家族も大学病院での適切な診断・治療のおかげで、がんや重症の心臓病から復帰し、今も元気に生活しています。

 今、多くの問題を抱える日本の医療ですが、その最高峰として医療界全体を良い方向へと牽引して行ってもらいたいです。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月23日 (水)

忌野清志郎さんのがん転移とミスチル桜井さんのエール ap band fes'08

 忌野清志郎さんが、喉頭がんを患い、その後、左腸骨にがんが転移していたことが分かり、がん治療に専念するため、「ap band fes'08」の最終公演の出演が取り止めとなりました。

 私の中での忌野さんといえば、坂本龍一さんらと結成したYMOの強烈なインパクトが思い起こされます。当時流行った「いけないルージュマジック」をテレビで見たり、聞いたりしていましたね。清志郎さんは、他にはなかなかいない独特の個性と音楽性を持つミュージシャンの1人だと思います。

 忌野さんの代わりに出演したのが、ミスチルの桜井さん、小林武史さんら率いるBank Bandです。桜井さんも熱唱し、ファンとともに清志郎さんに熱いエールを送ったそうです。

 少し前には、松山千春さんも不安定狭心症で緊急入院となり、音楽界の大御所が相次いで病に倒れる話題が続き、残念でもあり、とても心配です。今は治療にしっかり専念して、来年のap band fes'09にはぜひとも戻ってきて欲しいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2008年7月22日 (火)

女優山口智子さん「私は私の人生を生きる」

 圧倒的な存在感で、「ロングバケーション」「29歳のクリスマス」など連ドラの女王として90年代を疾走していた女優の山口智子さん。

 そして彼女は今、日本の伝統手技を残す「伝える職人」の使命感を自ら見出し、日本と世界を旅しています。

 山口さんが関わった作品は、「ゴッホへの旅」「北斎とドガ」「史上最大の女帝エカテリーナ 愛のエルミタージュ物語」など。2006年の暮れには、伊藤忠と組み、「山笑う」という全国の職人技を日常生活用品に展開するブランドを立ち上げました。

 地方の職人工房に作品の工程や歴史、性質などをすべて調べつくした上で出掛けていらっしゃるようです。旅も撮影現場も、仕事の決断もすべてひとり。旅の予定でスケジュール帳は真っ黒に埋まっているのだとか。そんな彼女は、自分にもスタッフに対しても、とても厳しいそうです。

 本当の生き甲斐を求め、「私は私の人生を生きる」と言って、活動を続ける山口さん。結婚後10年以上、メディアにあまり登場しなくても不動の人気を誇るのは、彼女の生き方そのものに魅力を感じるからだと思います。本当に素敵で、同じ女性として憧れの存在でもあり、私も大好きです。彼女のような生き方をしてみたいですね。

 

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年7月21日 (月)

医者は不養生?

 「医者の不養生」ということわざがありますが、医師は患者の健康を守る仕事なのに、自分の健康には不安を抱えているものなのでしょうか。

 日経メディカルオンラインの実施した調査で、「あなたは不養生ですか。」との問いに対し、強くそう思うが23%、少しそう思うが55%と、あわせて8割近くが不養生と自覚している結果が出ました。

 「身体的健康状態は良好か。」との質問には、あまりそう思わないが35%、まったくそう思わないが6%と、4割程度は健康に自信がないようです。

 不養生医師の生活とは、労働時間が長いことから、食事は不規則となり高脂肪、高塩分の内容に偏ってしまうこと、睡眠時間も短くなり運動不足も生み、疲労やストレスが蓄積しやすいことなどが要因となり、身体的、精神的に不健康になっていくという悪循環に陥ってしまっているのではないでしょうか。

 この機会に、お医者さん自身も自分の健康を見つめ直し、不養生の連鎖を断ち切り意識改革してもらいたいです。自分が病気では患者さんに良い医療を実践することはできませんよ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年7月20日 (日)

オールデイズに酔いしれる団塊の世代

 先日、私の両親がオールデイズのジャズバンドのディナーショーの夕べに出かけてきました。

 アマチュアバンドのショーだったため、価格もバイキングの食事を含めて、5000円とかなりお値打ちなプランだったようです。

 若き青春時代に慣れ親しんだオールデイズ音楽に親しみ、最後にはダンスまで踊ってきたとのこと。両親も楽しい1日になったようで、生き生きとしてとても嬉しそうでした。

 歳をとっても、自分の好きな趣味があり、いろいろ積極的に行動することは非常に良い事だと思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月19日 (土)

上高地への旅

 さわやかな風が川面を渡り、すがすがしい空気をたっぷり吸いながら散策する初夏の上高地は本当に素晴らしいです。

 私も夫と二人、今まで5回くらい訪れています。二人でおしゃべりをしながら、大正池や田代池、明神池をめぐり、上高地帝国ホテルでひと休み。ランチをとったり、お茶を飲んだりして楽しいひとときを過ごしました。

 そして、透き通るようなせせらぎの梓川と、その奥に連なる3000メートル級の穂高連峰を眺めながら、河童橋へ。

 都会では味わうことのできない美しい自然を十分に満喫していました。「東京へ帰っても忘れないくらいたっぷりこの美味しい空気を吸っておいてね。」と夫は上高地を訪れる度に言っていました。上高地は夫が最も好きだった場所のひとつであり、私達夫婦の思い出の場所です。

 この連休にぜひとも出かけてみてはいかがでしょうか。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月18日 (金)

星野ジャパン北京オリンピック最終メンバー発表と野茂英雄投手の引退

 北京オリンピックの星野ジャパンの最終メンバー24人が発表されました。

 2大会連続主将に選出されたのは、ヤクルトの宮本選手です。日本のエース、日ハムのダルビッシュ投手や注目されていた巨人の上原投手も選出されました。楽天のマー君こと田中投手も19歳10ヶ月のプロとしては史上最年少での五輪出場となります。

 星野監督は、先日オランダ視察後、3本の肋骨骨折が判明し、健康状態が心配されますが、監督曰く、「金メダルしか考えていない。」とのこと。

 最近は、有名な主力選手がアメリカ大リーグを目指すことが多くなり、日本の野球の人気も下降気味である印象は否めません。こうした状況を打破し、野球界を盛り上げるためにも金メダル獲得が不可欠だと思います。

 がんばれ、星野ジャパン! めざせ、金メダル! 国民一丸となって、エールを送りましょう。

 また、野茂英雄投手が現役引退を表明しました。アメリカ大リーグの草分け的存在であり、メジャーでノーヒットノーランを2回達成するなど、大活躍する姿を私達に見せてくれました。

 野茂選手の大リーグへの挑戦がなかったら、現在のように後に続く日本人選手達がこれほどまでに活躍することはなかったかもしれません。何事も最初に開拓するということはとても大変で、勇気と実力が伴わなければ、成せない事だと思います。

 野茂選手自身は、「野球生活に悔いはないという選手がいるが、僕は悔いが残る。」とコメントしていたそうですが、そんなことはないと思います。それは、野茂選手の目標としていたものが、私達が思っている以上に高い所にあるからなのでしょうね。

 野茂選手、長い間御苦労様でした。そして、ありがとうと言いたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月17日 (木)

祇園祭と山鉾巡行

 7月の京都を華やかに彩るのが祇園祭です。

 約1ヶ月にわたって八坂神社を中心にさまざまな行事が行われます。夏の祇園祭は疫病退散の代表的なお祭りです。

 その中でもハイライトは、17日に行われる大通りを渡り歩く32基の雄大な山鉾巡行です。

 14~16日の宵山と呼ばれる前夜祭では、人々は繰り出して山鉾見物を楽しみます。これから1年の健康を願い、厄除け粽や護符を買い求めてみてはいかがでしょうか。

 一度は見物してみたい伝統ある祇園祭。でも、とても混雑しているようですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月16日 (水)

芥川賞 楊逸さんが中国人として初受賞 「蛇にピアス」映画化決定

 第139回芥川賞の選考が行われ、中国人の楊逸(ヤンイー)さんの「時が滲む朝」が受賞しました。

 選考前から話題となっていましたが、芥川賞史上、中国人の受賞は初めてです。芥川賞、日本文学も国際色豊かになりましたね。

 また、2003年に若干20歳で芥川賞を受賞した金原ひとみさんの「蛇にピアス」が、蜷川幸雄監督の手で映画化されることも発表されました。当時かなり話題になったので、私も原作を読みましたが、過激な内容でしたね。そのためか、R15指定だそうです。どんな仕上がりになるのか、気になるところです。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年7月15日 (火)

漁船20万隻が休漁 漁師のストライキ

 全国20万隻の漁船が15日、一斉に休漁し、燃料費高騰の苦境を訴える漁師のストライキを敢行することを決めました。

 このまま原油高が続くと、回転寿司で一皿150円程度のマグロが、310円まで値上がりする事態も起こるかもしれないとのこと。マグロ大好きの日本人にとっては、頭の痛い話です。また、価格に跳ね返れば、消費者の魚離れの加速へとつながりそうです。

 漁業関係者にとっても死活問題です。漁に出れば出るほど赤字になるという話も聞きますし、このまま燃料高騰が続けば、廃業せざるを得ない漁師さんも数多く出てくると思います。今回の行動は、漁師さん達の悲痛な叫びの表れではないでしょうか。

 かつて水産国といわれた日本は今いずこで、とても悲しく寂しい思いです。政府にも水産業や農業を保護する対策をしっかりとっていただきたいと思いますが、補助金なども期待できないという報道もあります。

 原油高は一部を除き、ほとんどの業種や消費者に大打撃を与えています。現在は石油バブルで、いずれは価格は下がるであろうと分析しているアナリストの方もいらっしゃいますが、それはいつなのでしょうか。そして本当にその日が来るのでしょうか。今後の方向性がとても心配です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月14日 (月)

ビールに合うおつまみランキング サントリーがビール業界3位に躍進

 暑くなってくると「ビールが飲みたい」と思う方も多いのではないでしょうか。ビアガーデンもぞくぞくオープンしています。そこで今日は、ビールに合うおつまみランキングを御紹介したいと思います。

 1位 枝豆

 2位 チーズ類

 3位 焼き鳥

 4位 鶏のから揚げ

 5位 刺身

 私自身はビールの苦味が苦手で飲みませんが、新幹線に乗っていて、出張帰りのサラリーマンの方々がおつまみ片手にビールを美味しそうに飲んでいるのをみると、好きな人にはたまらないんだろうなあと、いつも思います。

 しかし、ビールの飲み過ぎは禁物。尿酸値が上昇し、通風を引き起こしたり、高トリグリセライド血症の原因にもなります。適量を守り、健康を損なわないよう注意しながら、ビールを楽しみましょう。

 また、ビール業界にも変化が起き、サントリーがサッポロを抜いて3位に躍進しました。価格の問題や高級プレミアムビールが好調であったことが要因のようです。ちなみに、サントリーは未上場。あれだけ大きい企業なのに珍しいですよね。今後のビール戦争にも注目です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月13日 (日)

グッドウィルの廃業と日雇い派遣全廃論

 先月末に、日雇い派遣の大手「グッドウィル」の廃業が新聞に発表されました。

 日雇い派遣業は2000年以降、急成長を遂げましたが、それと同時に、派遣業者の賃金の過剰徴収など悪質さが露呈し、さまざまな弊害を生み大きな社会問題へと発展しました。

 そうした状況の中、労働者派遣法を改正し、日雇い派遣を原則廃止するという論議が持ち上がっています。

 日雇い派遣の全面禁止となると、実際に最も困るのは日雇い派遣スタッフ本人自身なのです。いくら賃金の過剰徴収などの問題点はあっても、仕事がないよりはましで、仕事を紹介してもらえなければ、生活そのものが成り立たなくなってしまうというわけです。

 日雇い派遣労働全面廃止になれば、それこそ本当の失業者があふれる可能性が高くなるでしょう。日本経済の景気もあまり良いとはいえず、正規雇用がどんどん増えていくとは現状では考えにくいと思います。ネットカフェ難民が、カフェにさえ泊まれなくなってしまうかもしれません。

 確かに日雇い派遣業界の実態には多くの問題がありますが、現実をもう少し冷静に見つめ直して、派遣禁止だけが先走りすることなく、派遣スタッフの救済策もきちんと考えていかなければならないと思います。

 

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年7月12日 (土)

後部座席のシートベルト義務化

 6月1日から道路交通法が改正され、後部座席のシートベルトも着用が義務化されました。

 事故が起きても、後部座席なら安全だろうという意識があり、わざわざ後部座席でシートベルトを着用しようという気にはならない人も多いと思います。しかし、それは間違いで、頭部挫傷テストの結果によると、頭部重傷を負う確率は、シートベルトありの場合、9.6%に対し、なしの場合、95.4%に達するのだそうです。

 現状では、高速道路で後部座席のシートベルトをしていないと点数は1点減点されますが、反則金はありません。強制力がやや弱い気もしますが・・・

 自分の命を守るため、運転していても助手席でも後部座席でも、面倒くさがらずに車に乗ったら必ずシートベルトを着用するように心がけましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月11日 (金)

「iPhone 3G」いよいよ発売

 米アップル社の携帯電話「iPhone 3G」が11日、いよいよ発売となります。

 日本ではソフトバンクモバイルが販売しますが、直営店の表参道店には10日の23時の時点で、およそ800人近くが長蛇の列を作っています。

 iPhone 3Gはすっきりとしたモダンなデザインで、その最大の特徴は、タッチパネルを用いたUIです。物理的なボタンは4つだけで、あとの操作はタッチパネルで行うというのは、とても斬新です。もちろん、iPodも内蔵されており、最先端をいく携帯電話といえるでしょう。

 ちなみに、私は基本的に電話をかけるか受けるか、たまにメールをしたり、iモードで情報検索をする程度なので、古いタイプの携帯電話を4年ぐらい使い続けています。

  日本でもiPhone 3Gは、爆発的な人気が出そうですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月10日 (木)

洞爺湖サミットについて思うこと

 G8の他、中国、インドなどの新興国も含め開催された洞爺湖サミットが9日閉幕しました。

 地球温暖化、CO2削減問題に関しては、主要国の首相が同じテーブルについて話し合うことまでは実現しましたが、「2050年まで50%削減」のような具体的な目標の設定までには至りませんでした。

 食糧高騰に関しても具体策はなく、原油高問題に関しての投機マネーの規制などの対策も特には決定されませんでした。

 議長国として、福田首相は無難にこなしたという意見もありますが、結局、サミット後も国民の生活はそう良い方向に向かうとも思えないのですが・・・

 個人的には、争点となっていた各問題点に対し、納得できるような具体的な声明を発表して欲しかったです。

 都内の駅や新幹線の中には、ここ数日間、警戒警備のための警察官がたくさんいて、物々しい雰囲気でした。駅のコインロッカーやゴミ箱の使用も禁止され、とても不便でした。

 サミット後の福田首相の内閣支持率はどうなるのでしょうか?気になるところです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月 9日 (水)

浅草寺のほおずき市

 7月9日(水)、10(木)の両日にわたり、浅草寺にてほおずき市が開催されます。

 およそ250のほおずき店と350の売店が出店し、夜を徹して行われます。昨年の人出は、両日で約60万人を記録しました。

 私の住むマンションのエントランスにも、昨年住民のどなたかが買ってきたのでしょうか?この時期にほおずきの鉢植えが飾ってありました。

 御利益いっぱいのほおずき市に出かけ、運を呼び込みましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月 8日 (火)

MEGUMIさん&降谷建志さんの結婚 七夕婚

 Dragon Ashの降谷建志さんとMEGUMIさんが、7月7日の七夕の日に入籍報告を行いました。

 MEGUMIさんは現在、妊娠3ヶ月であり、生まれ来るであろう新たな家族と手を取り合って、光ある家庭を築いていきたいとおっしゃっています。

 降谷さんのお父様である俳優の古谷一行さんも、初孫に誕生や息子さんの結婚を大変喜んでいらっしゃるように見受けられました。

 MEGUMIさんが所属している事務所の野田社長の所にも、2人揃ってきちんとご挨拶にいらっしゃったということです。

 両親との関係も実にうまくいっているようで、お世話になった方への御礼を忘れない点などの行動を見ても、しっかりとした考えを持ったすごくお似合いのカップルだと思います。

 ご結婚おめでとうございます。末永くお幸せに・・・

| | コメント (0) | トラックバック (4)

2008年7月 7日 (月)

小泉孝太郎さんとDAIGOさん

 政界の大物を父や祖父に持ち、現在芸能界で活躍中なのが小泉孝太郎さんとDAIGOさんです。

 小泉孝太郎さんは前総理大臣の息子で、「ハケンの品格」など数々の人気テレビドラマに出演する他、映画、CMでも活躍中です。7月8日放送の日本テレビ開局55年記念スペシャルドラマ「あの日、僕らの命はトイレットペーパーよりも軽かった」に主演します。

 一方のDAIGOさんは、ロックバンドの活動を続ける傍ら、バラエティ番組を中心に活躍しています。面白いトークが魅力です。30歳を契機に封印していた竹下登の孫であることを公表し、新たな魅力を見せてくれています。

 2人に共通しているのが、イケメンであること、政界の大物を身内に持ちながらもプレッシャーを感じることなく、自分の道を自分らしく生きていることだと思います。2人のツーショットも見てみたなあ・・・

| | コメント (0) | トラックバック (4)

2008年7月 6日 (日)

ウィンブルドンとロジャー・フェデラー

 2008年ウィンブルドンの男子決勝は、3年連続ロジャー・フェデラー(第1シード)VSラファエル・ナダル(第2シード)の顔合わせとなりました。

 私も深夜、テレビで準決勝の試合を観戦していましたが、フェデラーは得意のフォアのミスがやや目立ち、絶好調とはいかないまでも貫禄のストレート勝ちで、今大会まだ1セットも落としていません。

 史上最強のプレーヤーと評され、コースを巧みにつくサーブ、攻撃的なスライスショット、卓越したフットワークなどプレーの多彩な引き出しを持っているオールラウンダーであり、グラスコートでは抜群の強さを誇っています。

 フェデラーは、その完璧なプレーだけでなく、王者にふさわしい貫禄、品格、性格の良さも尊敬に値する選手だそうです。慈善活動にも積極的に取り組み、ユニセフの親善大使などもつとめています。ゴルフ界のスーパースター、ターガー・ウッズとも親交があり、タイガーがUSオープンの応援に駆けつけたこともあるのだとか。

 プレーヤーとしてのみならず、人格的にも素晴らしいフェデラーに122年ぶりとなるウィンブルドン6連覇をぜひとも達成してもらいたいですが、ナダルも安定したプレーを見せており、どちらが勝つのか?とても楽しみな決勝となりそうです。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年7月 5日 (土)

コンビニ深夜営業中止?

 洞爺湖サミットも目前となり、最近、エコ問題がマスコミでよく取り上げられています。

 そうした動きの中、24時間営業が当たり前となっているコンビニの深夜営業の中止案なども浮上しています。

 コンビニ業界は、ストーカーや不審者から逃れるため、深夜にコンビニに駆け込む女性などもいて、防犯上も役立っていること、雇用の問題からも深夜営業中止は反対と、猛反発しています。

 一方、若者のたまり場となり、治安の悪化などにつながり、エコの面からも深夜営業は必要ないとする考えもあります。

 ただし、生活スタイルや仕事の内容も多様化し、夜間や早朝に利用する必要のある方々にとっては、コンビニがないと困るという意見もあると思います。

 CO2排出の原因となる照明を発光ダイオードに変えるなど、エコの方法はいろいろあるともいわれていますが・・・

 皆さんは、この問題をどう考えますか?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年7月 4日 (金)

絵師と国宝

 日本を代表する絵師と尋ねられたらどう答えますか。狩野永徳、雪舟、長谷川等伯、俵屋宗達、尾形光琳の5人といったところでしょうか。その中でも、個人的には雪舟と等伯の作品が好きです。

 四季山水図、天橋立図で有名な雪舟は、絵師として個人で最多6点の国宝指定を受けており、日本で絵描きを志す者すべてにとって多大な影響を与えた神様的存在でしょう。以前、上野の美術館に雪舟展を見に行った時の混みっぷりは凄いもので、1時間半位並んでやっと鑑賞できたほどです。それくらい人々を惹きつける強固な魅力が雪舟の作品にはあるのだと思います。

  ライバル狩野派に徹底抗戦した長谷川等伯の大障壁画「楓図」も素晴らしいです。華やかな秋草や咲き誇る桜をあしらった繊細な美しさは見事だと思います。京都の智積院に収蔵されているので、機会があれば鑑賞してみてください。

 日本美術にはたくさんの優れた作品があり、最近では国宝クラスでも美術館などで多く鑑賞できるようになりました。たくさんの国宝を見て、心も豊かになりましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月 3日 (木)

燃料サーチャージの不思議

 原油価格も1バレル140ドルを超え、私達の日常生活にも大きな影響を及ぼすようになりました。そうした状況の中、飛行機の燃料サーチャージも上昇傾向にあります。

 そこで不思議なのは航空会社による燃料サーチャージの違いです。

 成田ー香港間を例に挙げると、JALが15000円に対し、キャセイパシフィック航空は3600円と、約3.5倍も違います。成田ーラスベガス間では、ANAが40000円に対し、ノースウェスト航空は23000円と約となっています。

 概して日本の航空会社が高いようですが、日本と外国ではそんなに燃料代が違うのでしょうか?少しの違いならば納得できますが、あまりに違いすぎるので驚いてしまいます。その辺の事情に詳しい方がいらっしゃったら、「なぜ、このような燃料サーチャージの違いが生じるのか。」ぜひ教えて下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月 2日 (水)

7月1日からの値上げラッシュ

 7月1日からぞくぞくと値上げラッシュが続いています。

 ガソリンの店頭価格は180円を超え、植物油はなんと今年になって4回目の値上げです。原油高、穀物・原材料高に伴う世界的なインフレ傾向となり、今後の生活がどうなってしまうのか、とても不安でたまりません。

 給料は上がらないのに、出費ばかり増えるこのご時勢。節約するにも限度があります。

 この度を越えた物価高の状況はいつまで続くのでしょうか?好転するのか、それともまだ、物価上昇の途中段階に過ぎないのか、予想がつきません。

 この傾向は日本だけでなく、今まで順調に経済発展を遂げてきたインドなどの新興国の状況にも暗雲が立ちこめてきました。

 加熱しすぎている投機マネーをコントロールすることなどは出来ないものなのでしょうか?何とか容認できる範囲内での適正な原油価格、物価に戻してほしい気持ちでいっぱいです。

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年7月 1日 (火)

性差医療の草分け 女性専門外来 天野恵子先生

 千葉県衛生研究所所長・千葉県立東金病院副院長の天野恵子先生は、日本における性差医療の草分け的存在です。

 天野先生の提案を受けて千葉県の堂本知事のもと2001年に開設された東金病院の女性専門外来は大盛況で、先生自身も診療に携わっておられます。

 天野先生曰く、いまだに性差医療を誤って認識する者が多く、本質を理解する者は少ないとのこと。性差のある病気は多く、例えば、更年期以降の日本女性の高コレステロールはほとんどがローリスクであり、過剰投薬が懸念されるとおっしゃっています。

 先生は、日本一の医師になるという固い決心に支えられ、東京大学の医学部に合格。同級生の脳外科医と結婚後もカナダに留学し、3人の子供を育てながら、医師としてのキャリアもしっかりと積んできた方です。そして現在、性差医療の将来にも確かな手応えを感じているといいます。

 今後もこうした女性専門外来がもっと増え、女性が病院を受診しやすい環境作りを望みたいものです。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »