« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

2008年6月30日 (月)

行き付けの天ぷらやさんの心温まる天丼

 夫と休日、よくお気に入りの天ぷらやさんに出かけていました。夫がいなくなってから、しばらく御無沙汰していたのですが、上京した妹と2人で久しぶりに訪れ、その際夫のことを御報告いたしました。

 すると、そのお店の若主人は、「これを仏前にお供えして下さい。」と言って、いつも注文していた特製天丼を夫のために特別作って下さり、帰り際にそっと手渡してくれました。料金も取らずに・・・

 家に持ち帰り、仏前にお供えし、大好きだった天丼を一緒にいただきました。「とても美味しいね。」と語り合いながら・・・天国の夫も、天ぷらやの若主人には感謝していることと思います。

 頻度はやや減りましたが、今もなお、日本橋のその天ぷらやさんにはうかがっております。とても温かい行為に感謝の気持ちでいっぱいです。どうもありがとうございました。大変うれしかったです。そうしたお客様を大切にする心があるからこそ、美味しい天ぷらを提供できるのだなあと心から思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月29日 (日)

ごくせんとヤンクミと仲間由紀恵さん

 大好評のテレビドラマ「ごくせん」で、主人公のヤンクミを好演しているのが仲間由紀恵さんです。

 シリーズ第3弾で高視聴率をキープし、約3年ぶりのヤンクミ役となりました。仲間さんは、「1、2シリーズと比べて生徒との年齢が離れ、むしろ本当の教師と生徒の関係に近づけたと思います。撮影の合間にコミュニケーションを取るうちに、チームワークが出来上がりました。」とおっしゃっています。

 現場の教師から、「ヤンクミみたいな教師を目指しています。」というファンレターも来るのだとか。6月28日の最終回の視聴率はどれほどだったのでしょうか?

 今やテレビにCMにと大活躍の仲間さん。まっすぐの黒髪も上品な笑顔も、とても素敵です。篠原涼子さんと並び、若手女優のいちおしです。今後の活躍も楽しみですね。

| | コメント (0) | トラックバック (4)

2008年6月28日 (土)

松山千春さんと不安定狭心症

 歌手の松山千春さんが、コンサートツアーの滞在先で緊急入院となりました。搬送された病院で不安定狭心症と診断され、経皮的冠動脈形成術の緊急処置を受けました。

 不安定狭心症は、心筋梗塞に移行しやすい状態の狭心症であり、次第に発作の頻度や程度が増悪することもある危険な疾患で、突然死の原因になることもあります。

 松山さんは、糖尿系の持病もあり、ヘビースモーカーでもあったようです。狭心症は、喫煙、過労などにより誘発されることもあり、松山さんの場合も影響があったのかもしれません。

 松山さんは、現在、意識はしっかりしているものの、安静の状態が続いているようです。早く元気になっていただいて、再び素晴らしい歌声を聞かせていただきたいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2008年6月27日 (金)

伝説の投資家ジム・ロジャースの「ネクスト・ターゲット」

 伝説の投資家、ジム・ロジャース。サブプライムローン問題を発端として不透明な状況に陥っている世界経済の中で、彼は雑誌でこう語っています。

 「日本株にはまだ可能性がある。流れを読み、標的を見つけろ!今こそ、航空機・ベビー関連だ。」

 原油の高騰、中国の急成長を早く見抜き、国際投資会社を設立後、10年で4200%という驚異的なパフォーマンスを上げたジム・ロジャースも可能性を認める日本株。最近、日経平均もやや持ち直してきたと思ったら、また1万4000円を割り、パッとしない状況です。ジムの言葉を信じて期待したいものですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月26日 (木)

岐阜市立女子短大生のイタリア大聖堂の落書き

 岐阜市立女子短大の学生6人が、海外研修旅行で訪れたイタリア・フィレンツェの「サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂」の壁に自分の名前などの落書きをしていたことが発覚しました。

 短大生6人は、「気分が高揚して書いてしまった。」などと話しているようです。同短大は落書きをした学生に対し、厳重注意処分としました。

 大聖堂のあるフィレンツェ市中心部は、世界文化遺産にも登録され、ヨーロッパを代表する名所でもあります。環境保全や景観保持に努めなければならない歴史的建造物に落書きをするとは、いったいどういうつもりであったのか、理解に苦しみます。

 また、こうしたことが海外メディアに報道されると、日本人のモラルの低さを露呈することとなり、イメージの低下にもつながります。せっかく研修で歴史ある素晴らしい街を訪れたのですから、落書きという行為ではなく、フィレンツェの豊かな文化を吸収し、学んで来て貰いたかったですね。

 

| | コメント (0) | トラックバック (4)

2008年6月25日 (水)

冷製トマトのカペリーニの思い出

 夏になると、極細パスタを使用した冷製トマトのカペリーニが各レストランのメニューに登場します。

 夫は、カペリーニやペンネ、ニョッキ、タリアテッレなど、ちょっと変わった?太さや形のパスタをあまり好まず、昔ながらの細長い麺のスパゲティ、特に、ミートソースが好きでした。

 3年ぐらい前に、自宅でお手製の冷たいトマトのカペリーニを作ったら、「僕は細いスパゲティの麺は好みでないよ。」と言われたことがありました。腕によりをかけてせっかく作ったのにちょっぴり残念に思ったことを、ふと思い出しました。

 私は、トマトのカペリーニが大好きなのですが・・・

 特に、ホテル西洋銀座のアトーレでいただいた、ちょっと辛味の効いたアラビアータ風味のカペリーニが美味しかったです。ファミレスデニーズの生ハムとトマトのカペリーニも780円ですが、なかなか美味しく、お気に入りです。

 おすすめのカペリーニのお店があったら、ぜひ教えて下さいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月24日 (火)

統計でははかれない生命の不思議 脳幹出血とくも膜下出血

 数年間ずっと外来に来てくれていた患者さんが、60歳代後半の若さで急に亡くなりました。死因は、脳幹部の脳出血だったそうです。昼寝の後、突然発症し、奥様が発見した時は意識もなく、反応しない状態だったそうです。

 彼は、外来通院中、血圧も120~140mmHg台と安定していたし、肥満や糖尿病もありませんでした。私の夫と同じ、脳幹部の出血性病変という点でも一致した部分があり、なんともいえない悲しみを感じました。

 大きな母集団の統計をとってみれば、生活習慣病の有無やコントロールの良し悪しで、脳卒中や心筋梗塞の発症率に有意差があり、もちろん、その予防や治療が重要だということは十分に分かります。

 しかし、夫とその患者さんは大きなリスクファクターもなかったのに、「なぜなの?」という思いが正直、今でもこみ上げてきます。

 タバコを長期間たくさん吸っていて80歳を過ぎても肺癌にならない人もいれば、1本も吸わないのに20歳台で肺癌で亡くなる人もいます。

 統計学的にははかれない、人間には持って生まれた運命というものがあるのでしょうか・・・

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年6月23日 (月)

高齢化する高島平団地

 1972年にできた広大な高島平団地。当時は日本が高度成長時代にあり、それを象徴するがごとく、活気あふれる街でした。

 しかし、35年以上経過した今、かつての勢いはなくなり、商店街は閉鎖となり、子供達は独立し高島平を出て行き、残ったのは年老いた老人達という状況に陥っています。

 あるテレビ番組でその特集を放映していました。1人暮らしの86歳のおじいさんに密着していました。娘が週に1回、ヘルパーさんに頼まれた買い物をしてやって来ますが、自身も仕事を持っているため、すぐに帰らなければなりません。夫との関係が悪くなるため、老いた父親を引き取る気はないと言っていました。急速に足腰が衰え、家の中を這って動くおじいさんの姿が痛々しかったです。何かとても寂しい気持ちになりました。

 そうした空洞化する高島平団地を地元の大学が借り上げて、中国からの留学生の住居として利用されているようです。

 今後、高島平団地はどうなっていくのでしょうか?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年6月22日 (日)

「丸明」の飛騨牛偽装表示・販売疑い

 岐阜県の食品卸売会社「丸明」が、等級の低い肉質の和牛をブランド和牛の飛騨牛と偽り販売している疑いがあるとして、東海農政局岐阜農政事務所と同県は、週明けにも立ち入り調査に入る見込みです。

 吉田明一社長は「会社としての不正はない。」と言っていますが・・・

 私も飛騨高山を数回旅していますが、その際には必ずといっていいほど「丸明」が経営する飛騨牛専門焼肉レストランに立ち寄っていました。お肉も大変美味しく、その割りにお値打ちでお気に入りのお店の一つでした。食事の帰りに、隣接する牛肉販売店で、すき焼き用の飛騨牛をお土産に買ってきたこともあります。いつも大人気で、紙に順番を書いて何十分も待っていないほど入店できないほどの混雑ぶりでした。

 消費者を裏切る行為をしていたと思うと、とても悲しいし、残念な気持ちになってしまいます。赤福や船場吉兆なども含め、食品偽装事件が頻発するのはなぜなのでしょうか?

| | コメント (4) | トラックバック (2)

2008年6月21日 (土)

ヨン様 ペ・ヨンジュンさんと「太王四神記」

 韓国の人気俳優、「ヨン様」ことペ・ヨンジュンさんが主演ドラマ「太王四神記」のPRのため来日しました。

 ヨン様が姿を見せる大規模イベントは2005年8月以来と約3年振りであり、ファンは空港に3000人、イベントには3万5000人も集まり、相変わらずの人気健在でした。

 太王四神記は撮影に1年9ヶ月を費やし、主人公タムドクは力はあるけれども人間的にも素晴らしいヨン様のイメージともぴったりで、最適なキャスティングだと思います。

 ちなみにヨン様のストレス解消法は、運動して汗を流すこと、好きなものを食べること、好きなワインを飲むことだそうです。

 ファンを家族と呼び、常に大切にするヨン様。容姿のみでなく、そうしたヨン様の持つ優しさや何事に対しても真剣に取り組む姿勢など人間的魅力も含めて、ファンを惹きつける力があるのでしょう。今後のヨン様が私達にどんな作品を見せてくれるのか、とても楽しみですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月20日 (金)

40歳シングル女性が選ぶ「好きな同世代の有名人」

 40歳シングル女性・・・ちょっと前なら「負け犬」といわれ、今は「アラフォー」と呼ばれ、注目を集めています。そこで、ネットアンケートによる彼女たちが選ぶ「好きな同世代の女性有名人」ランキングを御紹介したいと思います。

 1位  天海祐希さん 

 元宝塚の男役トップスターだけに、凛とした力強さを感じます。こなす役柄も、自立した強い女性といった印象があります。

 2位 小泉今日子さん

 いつまでも若々しさとかわいらしさを持ち合わせた魅力がたっぷりですね。

 3位 山口智子さん

 自分自身のやりたいことを見出し、素敵な生き方をしている姿に、同じ女性として憧れを感じます。

 皆さん、とても生き生きと輝いている方々ばかりで、羨ましい限りですね。彼女たちのような素晴らしい年の重ね方をしたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月19日 (木)

宮崎勤死刑囚の死刑執行

 連続幼女誘拐殺人事件の宮崎勤死刑囚の死刑が17日、東京拘置所で執行されました。

 事件発生から20年。当時、異様さが際立つ残虐な事件として、世間を震撼させました。そして、判決確定から2年余りの、極めて異例の早い執行となりました。

 被害者の少女達が生きていれば、20代半ばの青春を謳歌していたことでしょう。結局彼は、その被害者達やその家族などへの謝罪や反省の言葉はないままだったそうで、残念です。法廷での不可解な発言は、精神鑑定で責任能力なしと判定されるためのものだったのでしょうか?異常な犯行へ駆り立てたものが何であったのかも、わからないままです。

 死刑問題についてもいろいろ議論されていますが、現在のところ、政府は廃止することはせず、凶悪犯罪においては執行していく考えのようです。

 最近の日本は、秋葉原の無差別殺人事件、東北地方の地震など、暗い話題ばかりが続いて悲しくなってしまいます。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月18日 (水)

後期高齢者医療制度廃止法案と今後の行方

 民主党をはじめとする野党の提出した後期高齢者医療制度廃止法案が参議院で可決されました。これに対し、与党は年金の受給水準が低い人について保険料の減免などの見直し案を検討しているとのことです。

 社会構造や人口分布に大きな変化がおき、従来の医療保険制度では財源を保つことが困難になってきたということもわかりますが、だからといって年金暮らしに頼るお年寄りが困ってしまうような、弱者切り捨ての制度になってしまっては問題です。

 開始2ヶ月ちょっとで現制度を廃止し、以前の制度に戻すことになるのでしょうか?こう短期間のうちにコロコロと変化しては、今後の行く末が心配でなりません。

 医療制度改革は最重要課題の1つであり、制度を変える前に、こう変更したらどうなるのか、もっときちんとシュミレーションした上で、変革すべきだったのではないでしょうか。分析不足という印象が否めません。

 これからの日本にとって、どのような医療制度がベストなのでしょうか?難しい問題ですね。

 、

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月17日 (火)

東京メトロ副都心線開業

 6月14日(土)に、東京メトロ副都心線が開業しました。

 和光市~渋谷間の20.2kmを結び、駅数は全部で16駅です。利用者が多いと予想される池袋~渋谷間は急行で11分と、JR山手線よりも4分早いそうです。

 副都心線の開業をにらんで、新宿や池袋の百貨店は顧客獲得を狙い、大幅な改装を行いました。ますます、都市部へのアクセスが便利となり、買い物やお出かけに重宝しそうです。

 ちなみに私が最も好きな地下鉄の路線は銀座線で、銀座~日本橋~三越前とよく出かける好きな場所へのアクセスに便利であり、浅い所を走っているので、乗車場所が近いからです。夫が好きなのは、丸の内線です。理由は、地下鉄なのに四谷あたりで地上を走り、明るい印象があるからだそうです。

 都心に住む者にとって、地下鉄は毎日の生活に欠かせない重要な交通手段です。開業したばかりの新しい副都心線に乗ってレッツ・ゴー!

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月16日 (月)

秋葉原の無差別殺傷事件

 派遣社員の加藤智大容疑者(25歳)が秋葉原でトラックで5人をはねた後、12人を次々とナイフで襲い、7人が死亡した事件の全貌が次第にわかってきました。

 「会社が悪い。親が悪い。社会が悪い。」と何かというと他者に責任転嫁する傾向のある加藤容疑者。人間誰でも生きていれば、悩みや苦しみはあるわけで、どんな理由があろうともこうした無差別殺人的行為は許されることではありません。

 また、その時現場に居合わせて、救急処置を行った2人のお医者様がいらっしゃいました。その先生方のお話では、「日頃医療に携わる自分達医師ですらも、足がすくむほどのすごい状況でした。そうした中で、処置を手伝い一番最初に協力してくれたのもまた、アキバ系といわれる方でした。彼らの方が医師より素晴らしいですよ。その一方で、携帯で写真を撮り、笑いながら目の前で起きている事を電話で話す若者達には強い憤りを感じました。」とのこと。

 一口にアキバ系といっても、人命救助を必死に行う若者もいれば、一つ間違えれば自分が被害者になったかもしれないのに、心無い行動をとる人もいます。人間として、道徳に則った行動のとれる人間になりたいものです。

 最近このような若者の無差別殺人事件が増え、今後の日本はどうなってしまうのでしょうか?マスコミでもいろいろ加藤容疑者の生い立ちや生活背景、心理状態など分析されていますが・・・類似犯行も心配です。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月15日 (日)

谷本整形外科 作り置き点滴事件

 三重県伊賀市の谷本整形外科で、鎮痛剤とビタミン剤の点滴を受けた患者が体調の不良を訴え、1人が死亡した事件で、不調を訴えた23人中、うち16人は休診日明けの9日に点滴を受けて発症していた事が分かりました。

 おそらく土曜日に作り置きされた点滴が休診日の日曜日を挟んで丸一日放置され、細菌が増殖し、被害が集中したものと考えられます。

 谷本院長が記者会見で「私は朝6時半から夜中の11時まで働いている。そして、私の家にはバスタブのついたお風呂がない。そんな私が金儲け主義に走りますか。」とおっしゃっていましたが・・・

 過去にも似たような事例があったにもかかわらず、衛生管理の不備を改善することなく、今回の事件が起きてしまったことが残念でなりません。

 日々起こる医療ミス。このような事件が頻発すると、医療不信を招く原因となってしまいます。医療機関側にも、営利主義に走ることなく、人手不足など言い訳をすることもなく、真っ当な医療を提供することを心がけていただきたいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月14日 (土)

京都旅行⑩ 京都の魅力 その2

  湯豆腐や独特の京料理、他では味わえない抹茶スイーツなど、京都ならではのグルメを楽しめるのも魅力の一つです。

 お漬物や京菓子、かわいらしい小物など、お土産をいろいろ選ぶのもまた楽しいものです。

 私が好きな京都のお店は、以下のとおりです。

 お食事:祇園さ々木、イルギオットーネ、京つくね家のから揚げ定食・親子丼、お好み焼き たんと、月村のとり釜めし

 甘味:今西軒のおはぎ、京はやしや、鍵全善房のくずきり、都路里の抹茶パフェ

 お漬物:ジェイアール伊勢丹にしかない楽味京都の千枚漬、ゆず大根、赤かぶ

 私も何度となく京都を訪れていますが、いつ来ても新たな発見があり、その度にまたやって来たいなあと思います。京都の持ついろいろな魅力の虜になってしまいます。そんな京都が私は大好きです。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年6月13日 (金)

京都旅行⑨ 京都の魅力 その1

 京都には、美しい枯山水庭園や、荘厳なる山門、方丈、金堂などを兼ね備えた寺院がたくさんあります。

 庭を眺め、寺院内を散策していると、都会の喧騒を忘れ、心が落ち着き、ゆったりとした気分に浸ることができます。

 今まで知らなかったお寺の塔頭になどにふらっと立ち寄り、自分好みのお気に入りの空間を見つけることもしばしばです。

 個人的には、誰もが訪れる有名な観光名所よりも、著名ではないけれども、こじんまりとしていて落ち着ける小さな寺院の方が好きです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月12日 (木)

京都旅行⑧ 新熊野神社の神木「ナギの木」

 昨年11月に夫と京都に来て最後の日に巡った新熊野神社、即成院、戒光寺、今熊野観音寺を今回の旅でも立ち寄りました。

 その中の新熊野神社に、大きなナギの木がありました。ナギはイヌマキ科の常緑樹で、葉は多くの縦脈からなり容易に折れにくいため、縁結びの樹といい、また二つ並んで仲良く実るところから、夫婦円満の目出度い樹とされています。

 また、災いや病魔などをナギはらう霊験があると信じられています。朝凪、夕凪のナギから安全・無事を守り、平和と幸福を招来する霊樹ともいわれています。

 夫が倒れた時、新幹線の中に置き忘れになってしまったナギの木を再びいただきました。

 今後は、東京で私と心の中にいつまでも行き続ける夫と二人、ナギの木を育てていこうと考えております。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月11日 (水)

京都旅行⑦ 東寺の立体曼荼羅

 東寺といえば五重塔が有名ですが、講堂内にある立体曼荼羅も見応えがありました。

 堂内の白亜の壇上には大日如来を中心とした五智如来をはじめ、五菩薩、五大明王、四天王、梵天、帝釈天の21躯の仏像が安置され、弘法大師の密教の教えを表現する立体曼荼羅(密厳浄土の世界)を表現しています。

 なお、中央如来部と金剛波羅密多菩薩の6尊を除く15尊はいずれも国宝であり、弘法大師空海の製作にかかったものだそうです。崇高に並ぶ密教像の秀作を見て、深い感動を覚えました。

 弘法大師が高野山を自らの修禅の場として開き、そこで得た智慧を利他行として実践したのが東寺です。その風格に真言宗総本山としての重みを感じました。

 大師の命日の毎月21日には「弘法さん」が催され、境内に多くの露天が立ち並び、たくさんの人で賑わい、京の風物詩となっています。私も以前行きましたが、名物の笹屋伊織のどら焼きや東寺餅をいただき、お参りをして、露天をぶらぶら眺めて、とても楽しかったです。

 京都にお出かけの際は、観光名所の清水寺、金閣、嵐山も素晴らしいですが、東寺の立体曼荼羅にもぜひお立ち寄り下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月10日 (火)

京都旅行⑥ 一澤信三郎帆布の行列

 京都での行列のお店といえばカバンで有名な「一澤信三郎帆布」です。

 私達3人姉妹も開店30分前から行列に並びました。午前9:00開店と同時に皆が一斉にお店に入り、真剣にカバンを選んでいました。

 1人5点までの購入規制があり、おみやげに頼まれる人も多いようです。「一澤信三郎帆布」は支店もなく物産展などでの出店もないため、京都の一店舗でしか買えないものです。また、ルイヴィトンなどの超高級ブランドと比べると、価格も5千円~1万5千円くらいの価格帯のものが多く、丈夫で使い勝手の良いことから人気があるのだなあと思いました。

 定番のものから柄がカラフルなもの、高級麻を素材に用いたものなどたくさんの種類のカバンがありました。

 私はトートバッグ2点、妹は帽子1点、末の妹はトートバッグ1点と手提げカバン1点を購入しました。

 「一澤信三郎帆布」のようなその土地にしかないものをみるのも京都の楽しみの一つです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月 9日 (月)

京都旅行⑤ 総本山智積院での朝の勤行

 真言宗智山派の総本山智積院で、朝の勤行に参加してきました。

 朝の澄み渡る静寂の中、お坊さん達の読むお経を聴いていると、心が洗われ、すがすがしい気持ちになりました。

 その後は明王殿で御魔供養を行い、名勝庭園や長谷川等伯の国宝「楓図」も鑑賞しました。

 大僧正のお話をうかがい、先祖を敬い供養していくことは大切であり、そしてそれを為すこと自体が自分自身をも救うことになり、心のよりどころになるのだと感じました。

 大変貴重な経験をすることができました。今後も、先祖の供養をしっかりしていこうと改めて思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月 8日 (日)

京都旅行④ イルギオットーネでのお食事

 イルギオットーネ京都店で姉妹3人でディナーをいただきました。丸の内店は何回も出かけていますが、京都店は初めてであり、とても楽しみにしていました。

 テーブル間の間隔が少し広くゆったり感があること、メニューにアラカルトもあること、パンをあたためて出してくれることなどが丸の内店との違いでしょうか。家族連れからカップルまで、丸の内店より老若男女幅広い層の方々がいらっしゃるように感じました。サービスも京都店の方がだいぶ良いと思います。

 前菜3種類、パスタ2種類、お肉料理のメイン、デザート、かフェラテのコースをいただきました。今回初めての来訪の妹二人も「今まで食べたパスタで一番美味しかった。お野菜の甘みが出ていて素晴らしい前菜。」と大絶賛していました。隣のカップルも美味しいを連発していました。

 笹島シェフ自ら御挨拶にこられて、最後に記念撮影と握手をしていただきました。シェフ曰く、同じ値段のコースでも各テーブル違った内容のものを出すこともあるとのこと。野菜だけのコースにして欲しいとか、○○が食べたいといったわがままもきいてくれるようです。そうした希望をきいてくれるのもうれしい限りです。

 いつも美味しいイルギオットーネ。笹島シェフとお会いして、ますますファンになりました。お料理の味、雰囲気など私にとってイタリアンNo.1です。また、ぜひうかがいたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2008年6月 7日 (土)

京都旅行③ 銀閣のわび・さびの世界

 世界文化遺産でもある銀閣を訪れました。

 国宝の観音堂が修復改装工事中で、拝観できなかったのが残念でした。義政の持仏堂として建立された東求堂は観ることができました。

 白砂を縞模様に敷いた銀沙灘と、富士山型にこんもりと盛った向月台が独特の景観を作り出し、銀閣でしか観られない美しいものでした。

 錦鏡池を中心とした池泉廻遊式庭園も散策してきました。

 東山文化の中心であった銀閣のわび・さびに触れたひとときでした。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年6月 6日 (金)

京都旅行② 大好きな東福寺

 臨済宗東福派の大本山東福寺を訪れました。

 国宝の広大な山門、苔と敷石が市松模様を織りなす方丈庭園や、通天橋からの新緑が見事でした。秋には紅葉が素晴らしく、代表する観光スポットです。

 東福寺は夫が京都で一番好きな寺院でした。

 久しぶりに東福寺を訪れ、夫との懐かしい思い出がよみがえってきました。心落ち着く訪問となりました。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年6月 5日 (木)

京都旅行① 雪舟寺での出会い

 一昨年の11月に紅葉の美しい京都の雪舟寺で偶然知り合った方と約5ヶ月ぶりにお会いしてきました。

 彼は12年前に仕事をリタイアし、現在は好きな花の写真を撮ったり、気のおもむくままに、趣味として絵を描いたり、きり絵を作成したりして日々過ごしているそうです。そして、彼が描いた桂林の風景の南画をいただきました。趣のある素晴らしい作品で、私は額に入れて大切に部屋に飾り、毎日鑑賞しています。

 彼の名刺には「自由人」とありました。

 病気などの苦悩もあったようですが、決して後ろを振り返ることなく、前向きに人生を謳歌し生きている姿に、私も勇気をもらいました。そんな生き方ってとても素敵ですね。

 そして、こうした出会いをくれた京都にも感謝です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月 4日 (水)

不適切な救急車要請

 最近、 たいした重症でもなく明らかに救急車が必要と思われないのに、要請する人が増えているようです。

 例えば、「水虫が痒くて仕方がないから病院に連れて行って欲しい。」とか、「うちの○○ちゃんが苦しんでいるので助けて。」と言うのでよく聞いてみると、ペットだったりとか。

 こうした不適切な要請のために、本当に緊急搬送が必要な人への対応が遅れてしまうことも十分に考えられます。

 無料のためなのか?タクシー代わりに使用する感覚の人もいるようです。こうした事例をなくすためにも、救急車の出動を有料化すべきなのかもしれませんね。しかし、有料化すれば今度は重症で要請が必要な状態なのに、お金がかかるからという理由でためらってしまい、命を落としてしまう人が出る可能性もあります。なかなか難しい問題ですが、とにかく、このようなモラルのない行動は慎むようにしましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月 3日 (火)

マクドナルドのローストプレミアムコーヒー アイスも登場

 日本マクドナルドは、今年2月に販売を開始し、大好評の「プレミアムローストコーヒー」に続くリニューアル第2弾の[プレミアムローストアイスコーヒー」を5月16日から販売中です。

 プレミアムローストアイスコーヒーは、ブラジル産をベースに、コロンビア、エチオピア、インドネシア産ロブスタ種の4つの豆を厳選したこだわりのブレンドです。

 Sサイズ100円と値段もお手ごろで缶コーヒーより安く、満足できるものです。ブラックでコーヒーだけ飲んでも、ガムシロップやミルクを入れてもアイスコーヒーの味がしっかり残る美味しさです。

 今年の夏は暑くなるという予報で、夏場に向けて、これからどんどん売れそうですね。ホットに続き、アイスもヒット間違いなし!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月 2日 (月)

ブログ盗作アナウンサー

 福島中央テレビの大野修アナウンサーが、ブログを盗作していたことが分かり、謹慎処分を受けました。

 少し前に東京在住の男性が書いた「日本ブランド」についての記事を盗作しました。その他の記事についても、いくつか盗作を続けていたようです。

 盗作するぐらいだったら、ブログを書くことをしなければいいのにと思いました。

 大野アナウンサーは気象予報士の資格も持ち、4月から地元の情報番組のメーン司会に抜擢されたばかりでした。さわやかさが人気のアナウンサーだっただけに、今回の事件は残念でなりません。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年6月 1日 (日)

環境特別番組 「SAVE THE FUTURE」

 地球の温暖化などいろいろな環境問題が叫ばれる中、6月6日~8日の3日間にわたり、NHKにて環境特別番組「SAVE THE FUTURE」が放送されます。

 メーンパーソナリティーは藤原紀香さん。環境を守ることは私達の未来に関わる大切な問題であり、きちんと取り組んでいかなければならないことです。

 「SAVE THE FUTURE」では、一人一人の守りたい未来をイラストの形で募集中です。寄せられた作品は、原則としてすべて番組ホームページで紹介され、一部特別番組でも放送される予定です。

 自分なりの環境問題への取り組みをイラストという形で表現し、この機会にしっかりと考えてみましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »