« 郷ひろみさんと藤原紀香さんのツーショット対談 | トップページ | フリーアナウンサー川田亜子さんの自殺 »

2008年5月26日 (月)

初夏の京都おすすめスポット 睡蓮・桔梗の花の庭園

 新緑が美しく萌える初夏の京都もしっとりとした風情があり、とても魅力的です。今日は、初夏の京都の花の庭園が美しい私のおすすめスポットを御紹介したいと思います。

 ・勧修寺の睡蓮(見頃5月下旬~7月下旬)

 3年ぐらい前の6月に訪れました。氷室池の水面を彩る睡蓮とその周りに咲く菖蒲が織り成す景色は素晴らしく、門跡寺院らしい優雅な風情を感じます。

 ・盧山寺の桔梗(見頃6月中旬)

 平成15年の8月に訪れました。伺った時ちょうど地元の大学のゼミの学生が15人ぐらいいて、ゆかり深い紫式部や源氏物語の話をしていました。見ごろの時期ではありませんでしたが、苔の島の中に咲き誇る青紫の桔梗の花がいくつかあり、可憐でした。

 ・法金剛院の蓮(見頃6月~7月下旬)

 蓮はお釈迦様が座られているもので、とても由緒ある花です。訪れた時はちょうど小雨が降っていて、雨に濡れ、しっとり佇む花々に趣深さを感じました。

 ・東福寺塔頭 天得院の桔梗(特別公開6月13日~7月17日)

 勧修寺、法金剛院と同じ時期に訪れました。書院前庭に咲く開花に合わせて特別公開するそうで、ライトアップも見逃せません。小さいながらも凛と咲き誇る桔梗が素敵です。

 紅葉や桜以外にも睡蓮や桔梗、菖蒲、紫陽花などの花々も美しく、初夏の京都の優雅な花の庭園めぐりもとても楽しいものです。ぜひ、皆さんお出かけ下さい。

 

|

« 郷ひろみさんと藤原紀香さんのツーショット対談 | トップページ | フリーアナウンサー川田亜子さんの自殺 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/86468/21113470

この記事へのトラックバック一覧です: 初夏の京都おすすめスポット 睡蓮・桔梗の花の庭園:

» 源氏物語評釈『葵の二葉』翻刻 [驚き 本・コミック]
源氏物語評釈『葵の二葉』翻刻著者:堀内昌郷/愛媛近世文学研究会出版社:風間書房サイズ:単行本ペー [続きを読む]

受信: 2008年5月26日 (月) 14時45分

« 郷ひろみさんと藤原紀香さんのツーショット対談 | トップページ | フリーアナウンサー川田亜子さんの自殺 »