« 大学生就職志望人気ランキング | トップページ | SMAP×SMAP 名曲歌謡祭 »

2008年4月21日 (月)

引退の美学

 先日、PL学園、巨人軍、大リーグと球界で活躍されていた桑田真澄選手が引退を表明しました。その他でも球界の頭脳として、選手、かつ監督として頑張っていた古田敦也選手も引退しました。

 スポーツ選手にとって、いつかは訪れる「引退」。その時期を決断することは、アスリートにとって非常に難しいことだと思います。

 桑田選手や今なお大リーグに挑戦し続ける野茂選手、サッカー界の三浦和良選手のように、ピークを過ぎてもあくまでも現役にこだわり、鍛錬を続け頑張る選手もいます。

 一方、新庄選手やサッカー界の中田選手のように、まだ充分やれる体力や実力が残っていても余力を残して引退し、新たな道を歩む選手もいます。

 どちらの選択が良いのかは、考え方や価値観の違いもあり人さまざまだと思います。いずれにせよ、スポーツに打ち込み、その分野でのトップ選手として努力する姿は美しく、素晴らしい!自分の中でやりつくし、納得できる達成感が得られ、アスリート自身が判断した時が「引退」なのかと思います。現役としてプレーした期間や年齢は関係ないものなのかもしれませんね。

 

|

« 大学生就職志望人気ランキング | トップページ | SMAP×SMAP 名曲歌謡祭 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/86468/12139736

この記事へのトラックバック一覧です: 引退の美学:

« 大学生就職志望人気ランキング | トップページ | SMAP×SMAP 名曲歌謡祭 »