« SMAP×SMAP 名曲歌謡祭 | トップページ | 銀座 おすすめランチ »

2008年4月23日 (水)

山口県光市母子殺害事件 差し戻し審

 山口県光市の母子殺害差し戻し審判で、広島高裁は元少年に死刑を言い渡しました。

 遺族の本村洋さんは、「高裁の見解は真っ当で、正しい判決だと思う。一つのけじめが付いたのは間違いない。」と語りました。

 1、2審では殺意を認めていた少年ですが、最高裁では急に証言を翻し、殺意を否定。「ドラえもんが助けてくれると思った。生き返らせるための儀式を行った。」など、死刑を免れることを意図しての虚偽の弁解としか思えない新供述を述べました。

 結果的にはこの新供述を裁判所は退け、死刑を回避するほどの酌量すべき事情も見当たらないと判断され、死刑判決となりました。

 友人に当てた手紙や翻した証言内容などをみても、犯人の少年が心から反省しているとは思えません。

 大切な人を病気で失っても、毎日故人を思い出し、辛く寂しい思いは時が経ってもなかなか癒えないものです。ましてや本村さんのように、愛する奥様とお子様をこうした事件で一度に失われて、どんなお気持ちだったか・・・私達には推し量ることができないほど厳しいものだったに違いありません。こうした状況の中、社会に働きかけ、犯罪被害者の思いを訴えることを選択した本村さんも素晴らしいと思います。なかなかできないことですし、その発言内容に納得でき、言葉の一つ一つに重みを感じます。

 従来の少年犯罪の判例では、2人殺害では無期懲役、4人殺害で死刑というものでしたが、今回のような極めて残忍で悪質な事件では死刑もありうるという、司法の世界で新たな道を開くものになったと思います。

|

« SMAP×SMAP 名曲歌謡祭 | トップページ | 銀座 おすすめランチ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/86468/20476877

この記事へのトラックバック一覧です: 山口県光市母子殺害事件 差し戻し審:

« SMAP×SMAP 名曲歌謡祭 | トップページ | 銀座 おすすめランチ »