« 4月1日からの変化 入社式・ガソリン値下げ・生活必需品値上げ・後期高齢者医療制度 | トップページ | 帝人の在宅勤務制度導入 »

2008年4月 3日 (木)

三越と伊勢丹の統合

 大手百貨店の三越と伊勢丹が、持ち株会社三越伊勢丹ホールディングスの下で経営統合しました。

 業界4位の三越は、最も古い歴史を持ち、全国規模で展開し、顧客としてはお金持ちが多いというのが特徴で、老舗の伝統と風格漂う百貨店です。ただ、最近売上げがやや伸び悩んでいるといった現状がありました。

 一方の業界5位の伊勢丹は、関東を中心に展開し、顧客としては若者が多く、ファッションに強く時代の最先端を行く百貨店です。それを武器に、売上げも順調に伸ばしてきました。

 お互いに違った特色を持つ2つの百貨店が統合することは、消費者にとっても嬉しいことだと思います。新会社の売上高は1兆5000億円となり、業界トップとなります。

 私はどちらのデパートにも行きますが、違った魅力があり、両方とも大好きです。三越にしかなかったお店が伊勢丹に入ったり、またその逆もあるようなので、買い物の幅が増え、楽しみが倍増しそうです。

|

« 4月1日からの変化 入社式・ガソリン値下げ・生活必需品値上げ・後期高齢者医療制度 | トップページ | 帝人の在宅勤務制度導入 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/86468/12136255

この記事へのトラックバック一覧です: 三越と伊勢丹の統合:

« 4月1日からの変化 入社式・ガソリン値下げ・生活必需品値上げ・後期高齢者医療制度 | トップページ | 帝人の在宅勤務制度導入 »