« 吹き荒れる春の黄砂 | トップページ | Dr.コトーこと瀬戸上医師の島への恩返し »

2008年3月 8日 (土)

世界長者番付 ビル・ゲイツ氏首位陥落

 米経済紙フォーブスが発表した世界の長者番付2008年度版によると、マイクロソフトのビル・ゲイツ会長が14年ぶりに首位の座を譲り、米著名投資家のウォーレン・バフェット氏(前年2位)が初めてトップに立ちました。ゲイツ氏は3位に後退しました。

 1位 ウォーレン・バフェット(米国)620億ドル(6兆4000億円)

 2位 カルロス・スリム(メキシコ)600億ドル(6兆2000億円)

 3位 ビル・ゲイツ(米国)580億ドル(6兆円)

 4位 ラクシュミ・ミタル(インド)450億ドル(4兆7000億円)

 5位 ムケシュ・アンバニ(インド)430億ドル(4兆5000億円)

 IT立国として急成長著しいインドの企業経営者2人も4位と5位にランクインです。ちなみに日本のトップは森トラストの森章社長で、資産75億ドル(7725億円)の124位で、世界の上位に食い込めず、ちょっぴり寂しい結果でした。

 1位のバフェット氏の資産は前年比100億ドル増と大幅に膨らみ、増え方もまた桁違いです。我々庶民には程遠いすごい数字ですね。

|

« 吹き荒れる春の黄砂 | トップページ | Dr.コトーこと瀬戸上医師の島への恩返し »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/86468/11041975

この記事へのトラックバック一覧です: 世界長者番付 ビル・ゲイツ氏首位陥落:

« 吹き荒れる春の黄砂 | トップページ | Dr.コトーこと瀬戸上医師の島への恩返し »