« 銀座 おすすめカフェ・スイーツ | トップページ | 赤坂サカス(akasaka Sacas)がオープン! »

2008年3月19日 (水)

シンガポールで導入された数学「ヘイマス」とは?

 インドでは、ソフトウェアを中心にIT関連産業が高い成長を続けていますが、それは国民の高い数学力によるところが大きいと言われています。そして、国民の数学力を高めていこうという機運は世界的にも広がってきており、シンガポールでは「ヘイマス(Hey Math)」プロジェクトを導入するようになりました。

 ヘイマスのプログラムは、ロンドンで働いていた2人のインド人銀行家が共同で開発したもので、ひと言で言えば、生徒が自分に合った数学の先生をオンラインで見つけて、段階的に数学を楽しく学んでいくというものです。数学が楽しく身につくように、問題解決の過程でアニメーションを多用するなどのさまざまな工夫がされています。

 詰め込み型の数学教育を見直して、IT立国としてさらなる躍進を目指していたシンガポールでのプログラム導入後の評判は上々で、ハイスクールの20%強で取り入れられています。

 日本の子供達の学力もちょっと前までは世界でトップクラスでしたが、最近は年々後退傾向にあります。ゆとり教育を取り入れた教育改革も思ったような成果を上げられず、見直されつつあります。このままぼやぼやしていると新興国に追い越され、国際競争において取り残されてしまう日が来るかもしれません。国民の高い数学力を取り戻すべく、がんばれ、日本!

|

« 銀座 おすすめカフェ・スイーツ | トップページ | 赤坂サカス(akasaka Sacas)がオープン! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/86468/10793608

この記事へのトラックバック一覧です: シンガポールで導入された数学「ヘイマス」とは?:

« 銀座 おすすめカフェ・スイーツ | トップページ | 赤坂サカス(akasaka Sacas)がオープン! »