« Dr.コトーこと瀬戸上医師の島への恩返し | トップページ | 春の和菓子 パート1 桜餅 »

2008年3月10日 (月)

名古屋国際女子マラソンと高橋尚子選手

 北京オリンピックの最終選考会を兼ねた名古屋国際女子マラソンが9日行われ、初マラソンの中村友梨香選手が優勝しました。

 注目されていたQちゃんこと高橋尚子選手は、序盤の10キロ手前からじりじりと遅れはじめトップ集団についていけず、最後は2時間44分18秒の27位でゴールしました。

 全盛期の高橋選手からは考えられないような残念な結果となってしまいました。しかし、2000年シドニーオリンピックの感動的な金メダルから8年、その間当時の世界最高記録を作るなど、日本の女子マラソン界を常にリードし、国民的人気スポーツにしたのも彼女の偉大な功績のおかげだと思います。私達にははかり知ることのできない苦悩やプレッシャーも相当あったことと思います。

 思うような結果を残すことはできませんでしたが、今までの高橋選手の頑張りに敬意を表し、ありがとうと言いたいです。

 

|

« Dr.コトーこと瀬戸上医師の島への恩返し | トップページ | 春の和菓子 パート1 桜餅 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/86468/11120303

この記事へのトラックバック一覧です: 名古屋国際女子マラソンと高橋尚子選手:

» 名古屋国際 [らくがきオンリー]
高橋尚子選手、残念でした...... 応援していたんだけどなぁ。 でも敗因がアレだし、ここのところの故障に次ぐ故障で身体も相当悲鳴を上げていたのかと。 これに対し、 「注目レースの前に身体を壊すなんてプロじゃない」 「万全の態勢で来るのがプロってもんだ」 こんな風に言ってる人がいたけど、身体が壊れる...... [続きを読む]

受信: 2008年3月10日 (月) 00時17分

« Dr.コトーこと瀬戸上医師の島への恩返し | トップページ | 春の和菓子 パート1 桜餅 »