« 世界長者番付 ビル・ゲイツ氏首位陥落 | トップページ | 名古屋国際女子マラソンと高橋尚子選手 »

2008年3月 9日 (日)

Dr.コトーこと瀬戸上医師の島への恩返し

 離島医療に取り組む医師の姿を描いた漫画の「Dr.コトーの診療所」の主人公のモデルとなった鹿児島県下甑島の診療所所長である瀬戸上健二郎医師が任期を延長し、引き続き診療所の医師として勤務を継続することが明らかになりました。

 島では退官イベントを感謝祭に変更し、漫画の原作者の山田貴俊さんらも参加して行われる予定です。感謝祭は長年、島の医療を担い、頑張っていただいた瀬戸上医師への強い感謝の思いから住民達が企画したものだそうです。

 瀬戸上先生は、「漫画のおかげで離島医療への理解も深まり、これからも任期を延長して頑張っていく事が島への恩返しです。」とおっしゃっています。

 近年、医療格差が広がり、研修医システムの改革などもあり、都市部に医者が集中し、地方に不足しているという状況が続いています。そうした中、離島医療に情熱を注ぎ、島民に心から慕われ、その熱意で感謝祭まで開いていただけるというお話を聞くと、瀬戸上先生がいかに素晴らしい医療を実践されてきたかをうかがい知る事ができます。体力に自信があり、離島医療や地域医療に興味ある若い医師の方々にも後に続いてほしいですね。

|

« 世界長者番付 ビル・ゲイツ氏首位陥落 | トップページ | 名古屋国際女子マラソンと高橋尚子選手 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/86468/10987675

この記事へのトラックバック一覧です: Dr.コトーこと瀬戸上医師の島への恩返し:

« 世界長者番付 ビル・ゲイツ氏首位陥落 | トップページ | 名古屋国際女子マラソンと高橋尚子選手 »