« 赤坂サカス(akasaka Sacas)がオープン! | トップページ | 浅田真央選手 世界フィギア優勝 »

2008年3月21日 (金)

社会保障カード 医療・介護・年金を1枚で管理

 厚生労働省の検討会が、年金手帳、健康保険証、介護保険証を1枚のカードにし管理する社会保障カードの基本構想をまとめました。2011年導入を目指し、今後も検討が続けられる予定です。

 大きさはクレジットカード大で、ICチップが内蔵され、パソコンなどでカードを読み取れば、年金記録の確認やレセプトや特定検診の結果、介護サービスの費用なども閲覧できます。利用者の利便性が高まると同時に、事務負担の軽減につながると期待されています。

 しかし、発行主体を市町村、医療保険者、年金保険者の国のどれにするのか、また、本人特定のための情報に関してどうするのかなど、骨格さえ決まっていない部分が多いのもまた事実です。

 国民が1人1枚携帯して広く日常的に使用される社会保障カードが近い将来登場するのかどうか、まだまだ議論が必要であり、今後の動向に注目です。

|

« 赤坂サカス(akasaka Sacas)がオープン! | トップページ | 浅田真央選手 世界フィギア優勝 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/86468/11290328

この記事へのトラックバック一覧です: 社会保障カード 医療・介護・年金を1枚で管理:

« 赤坂サカス(akasaka Sacas)がオープン! | トップページ | 浅田真央選手 世界フィギア優勝 »