« 医療事故 心臓の裏にガーゼ9年 | トップページ | 浅田真央選手と高橋大輔選手のアベック優勝 »

2008年2月16日 (土)

日銀と政策金利と総裁人事

 日本銀行は、金融政策決定会合を開き、政策金利を年0.5%のまま据え置くことを決定しました。

 先日開かれたG7東京会議でも、「世界経済は厳しく、より不確実な環境に直面している」といった声明を採択し終了しました。

 現実をみても、サブプライムローン問題に伴う金融市場の混乱の拡大や原油・原材料の価格高騰の影響で実質景気の減速などを考えると、利上げを行う環境にはなく、現状維持を続けるしかないといったところが本音でしょうかねえ・・・

 日銀総裁人事も武藤副総裁を昇格させる与党案に民主党も同意し、無難に決まりそうです。3月に交代する新しい総裁は低迷する経済活性化のためのナイスな策を打ち出してくれるでしょうか?

 日本の経済もアメリカに左右されるところが大きいので、オバマVSクリントンに注目が集まる大統領選挙も気になるところです。

|

« 医療事故 心臓の裏にガーゼ9年 | トップページ | 浅田真央選手と高橋大輔選手のアベック優勝 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/86468/10528117

この記事へのトラックバック一覧です: 日銀と政策金利と総裁人事:

« 医療事故 心臓の裏にガーゼ9年 | トップページ | 浅田真央選手と高橋大輔選手のアベック優勝 »