« 東京マラソン2008 3万3000人の走り | トップページ | 「母べい」と吉永小百合さん »

2008年2月19日 (火)

元東京女子医大医師を逮捕 看護師に睡眠剤注射し乱暴

 仮眠中の女性看護師の下半身に睡眠剤を注射し、看護師が目を覚まして抵抗すると顔を殴るなど暴行を加えたとして、強姦致傷などの疑いで、元東京女子医大心臓血管外科医師の山崎暁容疑者が逮捕されていたことがわかりました。

 本人は「よく覚えていない」と供述し、女子医大は山崎容疑者を懲戒解雇しました。

 東京女子医大は2001年の女児の心臓手術の際の業務上過失致死罪、証拠隠滅罪の逮捕事件で特定機能病院承認の取り消し処分を受けました。体制が改善されたと判断され、2007年に再承認が認められたばかりという矢先に、また今回のハレンチ事件の発生です。

 1人の軽率な行動による逮捕事件のために、患者さんのために一生懸命頑張っている医師までがマイナスイメージに思われてしまうのが残念です。それにしても女子医大で起こる事件は、なぜ、心臓外科でばかり起こるのでしょうか?不思議です。

 女子医大病院自体は、「至誠と愛」を基本理念とし、最先端の診療体系を構築しながら常に時代の医療を牽引する役割を果たしてきた立派な病院だと思います。私の両親も腎臓癌と心臓病で手術や入院治療を受けましたが、素晴らしい医療を受けることができ、現在は二人とも元気に生活しており、大変感謝しています。

 今回の事件は社会的に許されず、きわめて遺憾ですが、今度は良い話題でニュースになって欲しいものです。

|

« 東京マラソン2008 3万3000人の走り | トップページ | 「母べい」と吉永小百合さん »

コメント

 さよちゃん、こんばんは。コメントありがとうございました。今回の事件はブログにも書いた通り、特定機能病院として再出発した矢先に起こってしまっただけに非常に残念です。さよちゃんの家族のように女子医大病院で良い治療を受け、命を救われた患者さんもたくさんいると思います。こうした事件が起こらないよう願い、めげることなく女子医大病院の先生方には頑張っていただきたいものです。

投稿: >さよちゃん | 2008年2月19日 (火) 19時44分

sakiさん、こんにちは。東京女子医大病院は、私の家族もお世話になったことがあります。担当の先生は、医療人としても、人間的にも大変すばらしい方で、よい治療を受けることができ、本人も家族も今でも感謝しています。それ以来、東京女子医大病院ファンの私たち家族としては、今回の事件はショックでした。ほとんどの職員の方は、真摯に仕事を行っていると思います。私たちは、これからも東京女子医大病院に通院します。

投稿: さよちゃん | 2008年2月19日 (火) 09時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/86468/10601646

この記事へのトラックバック一覧です: 元東京女子医大医師を逮捕 看護師に睡眠剤注射し乱暴:

« 東京マラソン2008 3万3000人の走り | トップページ | 「母べい」と吉永小百合さん »