« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

2008年2月29日 (金)

黒人演歌歌手ジェロ「海雪」でデビュー

 アメリカ出身の黒人演歌歌手ジェロのデビュー曲「海雪」が、最新のオリコンチャートに4位で初登場し、演歌の新人としては異例の大ヒットとなっています。

 ジェロさんはピッツバーグ大学卒業後、2003年に来日しシステムエンジニアをしながら歌を学び、3年前に他界した祖母と約束して演歌の道を志しました。

 「海雪」は秋元康さん作詞、宇崎竜童さん作曲で、ヒットメーカーのお二人が手がけた楽曲です。見た目はヒップホップミュージシャンのいでたちですが、ジェロさんのこぶしのきいた素晴らしい歌声にはスピリッツやパッションが感じられ、聞く者を惹きつける力があります。風貌と歌声のギャップも魅力のひとつだと思います。

 NHKのど自慢に合格した経歴もあり、その話題性に注目した紅白が目をつけ、すでに当確という情報もちらほら・・・

 天国のおばあちゃんも喜んでいることでしょう。異色の演歌界の期待の新星に大注目です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月28日 (木)

新銀行東京と石原慎太郎都知事

 石原慎太郎都知事の肝いりで開業した「新銀行東京」。業績は悪化する一方で、経常利益、最終利益とも開業からこのかた黒字になったことがありません。

 不良債権比率は、2.03%(2006年9月末)から10.17%(2007年9月末)と増え続けています。10%を超え、経営危機状態にあると言わざるを得ないと思います。累積損失は資本金の8割近くにまで膨らんでいます。そういえば、利用している人をほとんど見たことがありません。

 都民の税金を投入した銀行だけに、今後どうなるのかが気になります。意外な銀行が救世主として現れるとの憶測もちらほら・・・同行をめぐって、新たな銀行再編の幕が開く可能性も大いにありそうです。

 石原都知事、東京オリンピック誘致もいいけど、新銀行東京問題はどうするのでしょうか?

 

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年2月27日 (水)

世界らん展日本大賞2008

 洋蘭、東洋蘭、日本の蘭などさまざまなジャンルにわたる蘭を一堂に集めた世界の蘭の大祭典「世界らん展日本大賞2008」が東京ドームにて開催中です。

 今回で18回目を迎えるこのイベントは、出展される蘭の数や種類、規模、作品のレベル等において、世界に比類のない蘭の祭典として毎年人気を集めています。10万株を超える作品の中から、最も優れた蘭を花の女王として選出し、最高賞として「日本大賞」が授与されます。

 必見は、「あなたの知らない蘭との出会い」で展示される「プリンセスの涙」と呼ばれるマスデバリアだそうです。 

 特設ステージでは毎日様々なプログラムが予定され、本日2月27日には「假屋崎省吾トーク&フラワーデモンストレーション」が行われます。

 また、女優の吉永小百合さんの名前が付けられた、世界で一つの蘭を吉永さんのポートレートとともに特別展示として見られるようです。

 花は人の心を豊かにしてくれます。この機会に、蘭が繰り広げる華やかな美の競演を心ゆくまで堪能してみてはいかがでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月26日 (火)

ダブル合格で選ぶ大学 パート2 慶應医学部VS国立大医学部

 ダブル合格者が選ぶ大学 パート2として、今回は私立で断トツの知名度と難易度を誇る慶應大医学部と難関国立大医学部を比較してみましょう。

 慶大医(33.3% 3人)VS東京・理Ⅱ(66.7% 6人)

 慶大医(0% 0人)VS東京・理Ⅲ(100% 24人)

 慶大医(11.1% 1人)VS東京医歯・医(88.9% 8人)

 慶大医(54.5% 6人)VS千葉・医(45.5% 5人)

 慶大医(20.0% 1人)VS東北・医(80.0% 4人)

 (2007年度 駿台・ベネッセ調査)

 医学部は各大学とも定員が約80~100人と少ないため、調査対象も小さくなり一概には分析できませんが、さすがに日本の最高峰、東大理Ⅲに合格した方は全員理Ⅲを選んでいますね。千葉大で半々というところです。東北大とのダブル合格で慶應を選ぶ受験生が少ないのには少し驚きました。やはり、学費の問題や地元にあることを重視するからでしょうか。

 いずれにしても、医学部は最近ますます人気上昇で狭き門です。24人の東大・理Ⅲと慶應医学部のダブル合格者は相当勉強ができ、優秀な方々ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年2月25日 (月)

大腸がん撲滅キャンペーン「BRAVE CIRCLE」

 2020年までの統計予測によると、男女合計の日本人のがん罹患者数で第1位であると予想されるのが大腸がんです。そんな未来に歯止めをかけるべくスタートしたのが「BRAVE CIRCLE」大腸がん撲滅キャンペーンです。

 一人でも大腸がんで亡くなる人を減らすべく、検診への関心を高めていくための様々な展開を行っています。

 大腸がんはここ50年間で死亡者数はなんと約10倍に膨れ上がったそうです。しかし、比較的進行が遅いため、早期発見、治療ができれば、治るがんでもあるのです。

 特に女性は要注意で、羞恥心から検査に抵抗を感じて受けない方が多いため、発見が遅くなり死亡率が高いとも言われています。

 規則正しい食生活を心がけ、かつ便の潜血検査、年に一度の内視鏡検査を受けて、大腸がんから身を守りましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月24日 (日)

ダブル合格で選ぶ大学 パート1 早稲田VS慶應

 大学入試戦線もたけなわとなり、私立大学では合格発表が始まった学校もあります。そうした中、複数の大学に合格した受験生もおり、私立の雄、早稲田と慶應のダブル合格者はいったいどちらの大学に進んでいるのでしょうか?結果は以下の通りです。

 慶應大 法(90.8% 69人)VS早稲田大 法(9.2% 7人)

 慶應大 経済(62.2% 28人)VS早稲田大 政経(37.8% 17人)

  慶應大 理工(71.4% 120人)VS早稲田大 理工(28.6% 48人)

  (2007年度 河合塾調査)

 法学部、理工学部では慶應の圧勝で、看板学部同士の慶大経済と早大政経でも慶應が優勢です。

 私は正直意外な結果だと思いました。だいたい半々ぐらいに割れるのではと予想していたのですが・・・それにしてもどうしてこんなに両者の間に差がつくのでしょうか?

 慶應には同窓会の「三田会」が企業ごとに組織され、OBのつながりが強く、就職も好調で、面倒見が良いイメージがあること、さらに、早大に比べて学生数が少なく、丁寧な教育が行われているイメージがあることが理由のようです。

 最近は、学ぶ内容で大学を決めるというよりは、知名度・ブランド力があり、難易度の高い大学を選ぶ傾向が強いようです。

 それにしても、早慶両方に合格し、好きな大学を選べるとは羨ましい話ですね。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年2月23日 (土)

ホリエモン今いずこ?堀江被告側 控訴審で無罪主張

 ライブドア事件で証券取引法違反罪に問われ、一審で懲役2年6ヶ月の実刑判決を受けた堀江貴文被告の控訴審初公判が、22日東京高裁で始まりました。

 注目の堀江被告は出廷義務がないため、姿を見せませんでした。しかし、裁判所前に集まった株主らのプラカードには、「自家用ジェットはどうした」「言い逃れは通用しないぞ」と書かれ、怒りの思いが表れていました。

 数年前、時代の寵児ともてはやされ、毎日のようにマスコミに登場していたホリエモン。最近は話題となることも少なく、世間から忘れ去られてしまったという印象です。今回久しぶりにホリエモンの名前を耳にしました。時代の流れは早いものですね。

 現在ホリエモンは以前と同じ六本木ヒルズのマンションに住み、原則1泊2日の国内旅行を楽しんだり、昨年5月にはサイバーエージェント藤田社長の誕生パーティーや夕張復興プロレスに顔を出したりしていたようです。

 被告側は改めて全面無罪を主張しているようですが、粉飾決算を行い株主を欺き、株式市場を混乱させた責任は大きいと思います。皆さんはこの裁判の結末、いったいどうなると考えますか?

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年2月22日 (金)

産科医の人件費助成

 全国的に産科医の不足が深刻化していることから、厚生労働省は来年度から不採算で閉鎖や縮小の危機にある産科医療機関を対象に、医師や助産師の人件費を助成する異例の対策を開始することになりました。

 政府は来年度予算案に人件費などとして12億5000万円を計上しています。助成の対象は全国約100施設で、1施設に約1500万円を補助する予定です。

 出産を取り扱う医療機関は10年間で4000ヶ所から2900ヶ所になり、産科医も1割以上減少しています。

 高齢出産や合併症を伴うリスクの高い出産が多くなり、高度な医療技術が必要なケースの増加や、出産の事故に伴う訴訟の増加などの問題も産科医不足に関係していると思います。人手不足でハードな勤務が続く産科を目指す医師が少なくなってしまうことは残念なことです。新しい生命の誕生に触れることのできる産科医は、とてもやり甲斐のある仕事だと思います。立派な産科の先生が増えて、お母さん達が安心して赤ちゃんを産む事ができる社会になるといいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月21日 (木)

ミスタードーナツとモスバーガーが資本・業務提携

 ミスタードーナツを展開するダスキンとモスバーガーを展開するモスフードサービスは、相互に株式を持ち合う資本・業務提携を締結したと発表しました。

 業務提携では、販売促進、オリジナル商品の共同開発、品質管理、原料の共同購買、共同配送などを行い、共同出店なども検討しているようです。

 昨年からクリスピークリームドーナツをはじめとするドーナツブーム到来でしたが、行列で有名になったクリスピーと比べるとミスドはマスコミの話題に上ることも少なかったように思います。モスにしても、マクドナルドに押され気味?といった印象が否めません。原材料の高騰などの問題もあり、商品の価格アップを行った両者としても、今後の厳しい外食産業を生き抜くうえで何とかしなければという思いが一致したのでしょうか。

 業務提携といっても、いきなりモスバーガーの店でドーナツを売るということはなさそうです。どこにも負けない飛び切り美味しいドーナツとハンバーガーを販売して欲しいなあと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年2月20日 (水)

「母べい」と吉永小百合さん

 山田洋次監督、吉永小百合主演の「母べい」が現在大ヒット公開中です。

 昭和15年頃、治安維持法違反で投獄された夫を待ち、妻として、母として力強く生きていく母べいを中心に、信じあい寄り添う一家の物語です。

 私自身はまだこの映画を見ていないのですが、見に行った両親は大絶賛!毅然としたたくましい母べいの姿を小百合さんが見事に演じており、最後は、涙、涙・・・であったそうです。

 それにしても吉永小百合さんは通算112本の映画に出演している日本を代表する素晴らしい女優さんです。いつまでも美しく、清楚さと気品を持ち合わせたとても魅力のある方です。日頃から朗読等の平和活動を積極的に行っていることも立派だと思います。そんな彼女が演じるからこそこの作品も重みが増すのではないでしょうか。

 私も小百合さんのような知的で上品な女性を目指していきたいです。残念ながらベルリン国際映画祭の入賞は逃してしまいましたが、ぜひとも見に行きたい映画です。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年2月19日 (火)

元東京女子医大医師を逮捕 看護師に睡眠剤注射し乱暴

 仮眠中の女性看護師の下半身に睡眠剤を注射し、看護師が目を覚まして抵抗すると顔を殴るなど暴行を加えたとして、強姦致傷などの疑いで、元東京女子医大心臓血管外科医師の山崎暁容疑者が逮捕されていたことがわかりました。

 本人は「よく覚えていない」と供述し、女子医大は山崎容疑者を懲戒解雇しました。

 東京女子医大は2001年の女児の心臓手術の際の業務上過失致死罪、証拠隠滅罪の逮捕事件で特定機能病院承認の取り消し処分を受けました。体制が改善されたと判断され、2007年に再承認が認められたばかりという矢先に、また今回のハレンチ事件の発生です。

 1人の軽率な行動による逮捕事件のために、患者さんのために一生懸命頑張っている医師までがマイナスイメージに思われてしまうのが残念です。それにしても女子医大で起こる事件は、なぜ、心臓外科でばかり起こるのでしょうか?不思議です。

 女子医大病院自体は、「至誠と愛」を基本理念とし、最先端の診療体系を構築しながら常に時代の医療を牽引する役割を果たしてきた立派な病院だと思います。私の両親も腎臓癌と心臓病で手術や入院治療を受けましたが、素晴らしい医療を受けることができ、現在は二人とも元気に生活しており、大変感謝しています。

 今回の事件は社会的に許されず、きわめて遺憾ですが、今度は良い話題でニュースになって欲しいものです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年2月18日 (月)

東京マラソン2008 3万3000人の走り

 第2回 東京マラソンが行われ、一般参加の藤原新さんが日本人最高の2位に入る健闘を見せ、北京オリンピック代表候補に名乗りを上げました。

 多くの市民ランナー、芸能人、日テレアナウンサーの方々など約3万3000人が参加されていましたね。中には、84歳のおじいさんや義足のランナー、東国原知事もいらっしゃいました。

 テレビ中継を見ていると、参加者の皆さん、銀座や浅草など東京の名所を満喫しながら、楽しそうに走っているように見受けられました。

 目標通り無事完走できた人も、残念ながらできなかった人もいらっしゃると思いますが、エントリーし、目標に向かって努力してきたこと自体が生きる上での自信になるのではないでしょうか。

 参加者の皆さんのお話を聞くと、達成感と充実感を感じるとおっしゃるので参加してみたい気持ちはありますが、私は体力にまったく自信がないので無理だと思います。脚力に自信のある方は、来年ぜひ参加してみてはいかがでしょうか。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月17日 (日)

浅田真央選手と高橋大輔選手のアベック優勝

 フィギアスケートの四大陸選手権で、浅田真央選手がショートプログラムに続いてフリーでも1位となり、初優勝を果たしました。

 とてもきれいな美しいトリプルアクセルでしたね。全体の演技を見ても、ジャンプも表現力もうっとり見とれてしまうほど大変素晴らしく、真央ちゃん自身も納得のいく演技だったのではないでしょうか。今回初お披露目の新しいコスチュ-ムもお似合いでしたね。演技終了直後の真央ちゃんスマイルが印象的で、まさに氷上に舞い降りた天使のようでしたね。

 前日行われた男子の高橋大輔選手の2つの4回転ジャンプも凄かったです。世界歴代最高得点での他の選手を寄せ付けない圧倒的な強さで、日本勢のアベック優勝となりました。

 3月の世界選手権に向けて、ますます楽しみです。各選手ともさらに完成度を高め、再びダブル金メダルと表彰台での素敵な笑顔を見たいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年2月16日 (土)

日銀と政策金利と総裁人事

 日本銀行は、金融政策決定会合を開き、政策金利を年0.5%のまま据え置くことを決定しました。

 先日開かれたG7東京会議でも、「世界経済は厳しく、より不確実な環境に直面している」といった声明を採択し終了しました。

 現実をみても、サブプライムローン問題に伴う金融市場の混乱の拡大や原油・原材料の価格高騰の影響で実質景気の減速などを考えると、利上げを行う環境にはなく、現状維持を続けるしかないといったところが本音でしょうかねえ・・・

 日銀総裁人事も武藤副総裁を昇格させる与党案に民主党も同意し、無難に決まりそうです。3月に交代する新しい総裁は低迷する経済活性化のためのナイスな策を打ち出してくれるでしょうか?

 日本の経済もアメリカに左右されるところが大きいので、オバマVSクリントンに注目が集まる大統領選挙も気になるところです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月15日 (金)

医療事故 心臓の裏にガーゼ9年

 茨城県つくば市の病院で心臓の冠動脈バイパス手術の際に、心臓の裏から医師が患者の体内に置き忘れた約30センチ四方のガーゼが折りたたんだ状態で見つかり、約9年後の再手術で取り出していたことが分かりました。患者は再手術から約3年後、心不全にて死亡しました。

 病院側はガーゼの置き忘れを認めたうえで、「死亡に何らかの影響を与えた可能性がある。」として遺族に謝罪し、示談が成立したようです。

 本来手術で使われたガーゼはきちんとカウントされ、置き忘れがないように徹底して管理されているはずなのにどうしてこのようなミスがおきてしまうのでしょうか。患者の尊い命を預かっている限り、「間違えた 忘れた」といったことは医療人たるものおこしてはいけないことだと思います。

 日々の診察、治療、手術に対し常に緊張感を持って対処し、こうした医療事故の再発防止に努めていただきたいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月14日 (木)

バレンタインデーと義理チョコ

 本日2月14日はバレンタインデーです。街を歩けば、デパートやショップにたくさんのさまざまなチョコレートが立ち並んでいます。

 アンケートによれば、バレンタインデーの義理チョコの1個あたりの平均予算が今年初めて1000円を突破したそうです。義理チョコを贈る人数も昨年平均6.3個から7.8個へと大幅に増えています。

 ちなみに本命用は平均3050円(前年比64円増)、自分用は2698円(前年比106円増)、義理用は1029円(前年比177円増)で、いずれも昨年の調査よりアップしています。

 義理チョコを送る相手としても男性のみでなく、女友達や女性同僚・上司、母親など身近で親しい人に、相手の好みに合うかを考慮して心のこもったものを選び、送りたいと思っている方が多いようです。

 バレンタインデーの考え方も時代とともにだいぶ変化してきましたね。私としては老若男女を問わず、日頃お世話になっている人への感謝の気持ちを込めてチョコを贈る「Thanks Day」 としての今年的なバレンタインデーのあり方のほうが素敵だと思います。

 皆さんは、愛する人や大切な人にチョコレートを贈りましたか?そして、その感謝の思いをいつまでも忘れないようにしたいものです。

| | コメント (2) | トラックバック (2)

2008年2月13日 (水)

くも膜下出血と脳死と救命病棟24時

 救命病棟24時の再放送を見ていたら、小田切医局長が突然のくも膜下出血で倒れ、脳死状態に陥り、心臓や腎臓を臓器移植で提供するといったストーリーでした。

 心停止、呼吸停止から40分、DCショックで心臓は動き始めましたが、脳死状態は回避できず、医局長は亡くなりました。私自身、家族におこった約2ヵ月半前の出来事とほとんど同じ状況であり、しんみりと思い出してしまいました。

 日本では、脳死を「脳幹を含めた脳すべての機能が不可逆的に廃絶した状態」と定義しています。脳幹は呼吸や循環など生命維持機能を司る中枢が存在しており、人間が生きていくうえで非常に重要な役割を果たしています。脳死は、事故などで頭部にのみ強い衝撃を受けた場合や、くも膜下出血等の脳の病気が原因で発生することが多いです。

 植物状態と脳死の違いは、脳幹が生きているか、いないかです。脳幹が機能している植物状態では呼吸も自分で出来ますが、機能していない脳死では人工呼吸器の助けがなければ呼吸も出来ず、呼吸が出来なければやがて心臓も止まってしまう可能性が高いのです。一見同じように見える両者には実は大きな違いがあります。

 脳死の状態でも、心臓は動いており、身体も温かく、私は脳死を人の死と考えるには正直抵抗があります。でも、治療として移植しか方法がないような難治性疾患に苦しんでいる方にとっては、脳死判定、臓器移植がもっと活発に行われれば良いのにと思う気持ちも理解できます。なかなか難しい永遠のテーマです。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2008年2月12日 (火)

山下達郎さん CD購入者限定ライブ初開催

 クリスマス・イヴなどの名曲で有名なシンガーソングライターの山下達郎さんが、デビュー32年目にしてCD購入者限定ライブを初開催することになりました。

 3月12日にドラマの主題歌の新曲「ずっと一緒さ」を約2年5ヶ月ぶりに発売しますが、これがかなりの好反響で、山下さん自身も初のチャレンジを決めたようです。

 今回はアコースティック・ミニライブと銘打ち、同曲の初回盤CDに入っている専用はがきの応募者の中から抽選で選ばれた合計3000人を招待し、ゴールデンウィーク前後の時期に東京で3公演、大阪で2公演開催する予定です。

 若手歌手なら恒例行事の販売促進ライブも、ビッグネームの山下達郎さんとなれば話は別で、チケットの争奪戦は必至でしょう。

 メディアにもほとんど登場せず、ライブ自体も6年ぶりという山下さんの澄んだ歌声を生で聞けるなんて、夢のようですね。この希少なプラチナチケットを手に入れた方は、本当にラッキー!ちなみに私は、奥様の竹内まりやさんの歌も大好きです。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月11日 (月)

ヒトES細胞から網膜再生 失明治療

 あらゆる細胞に分化する可能性を持つヒトES細胞から網膜の細胞を効率よく作ることに、理化学研究所と京都大の共同研究チームが成功し、米科学誌のネイチャー・バイオテクノロジーに掲載されました。

 現在、高齢者の失明原因の多くを占める網膜色素変性症や黄斑変性症などの網膜変性疾患に対して、有効な治療法は確立されておらず、苦しんでいる患者さんがたくさんいらっしゃいます。

 私も身近で視覚障害者の生活を目の当たりにしたことがありますが、目が見えないということは日常生活や行動にかなりの制限が加わり、思った以上に大変です。どこかに出かけるにもに手を引いて連れて行ってもらわなければ行けません。人間は視覚から得る情報がいかに多いかを実感しました。

 是非とも近い将来の臨床応用を期待し、画期的な失明治療を実現させていただきたいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月10日 (日)

世界一のドバイ

 かつては海と砂漠しかなかったアラビア半島のドバイ。今、そのドバイがアツいです。

 高さ200~300メートルを超える高層ビルが立ち並び、中でも摩天楼ゾーンには、地上800メートルに達する「ブルジュ・ドバイ」が建設中で、世界一高いビルが誕生します。現在の世界一は台北101で509メートルですから、群を抜いて高いのがわかります。

 ドバイにみる世界一はこれだけでなく、世界最長の自動運転による地下鉄工事も急ピッチで進められており、世界的建築家が手掛ける現代美術館などのビッグプロジェクトも計画されています。この一連の巨大開発の総額は、4兆円だとか。その他にも、東京ディズニーリゾートの約100倍の広さのテーマパーク「ドバイランド」が2008年第1期完成予定です。

 なぜドバイはこれほどまでに世界一のものをつくるのかという疑問が沸きます。石油に国の未来を委ねるのではなく、石油資源に頼らない国家戦略を打ち出したためで、ドバイを世界一の観光都市にするというものだそうです。

 最近海外旅行のパンフレットを眺めていても、ドバイ方面のツアーを多く見かけるようになりました。羨ましいほどにリッチで、日々進化と変貌を遂げるドバイをいつか旅してみたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月 9日 (土)

私立医学部ランキング おすすめ大学は?

 2008年度私立医学部入試難易度予想ランキングは以下の通りです。

 ボーダー偏差値 72.5 慶応義塾 東京慈恵会医科 

            70.0 自治医科 順天堂 東京医科 日本医科

            67.5  昭和 東海 東邦 日本 

                          大阪医科 関西医科

            65.0 岩手医科 獨協医科 東京女子医科 

                北里 杏林 帝京 聖マリ など 

 (河合塾全統模試データより 偏差値65.0以上を抜粋)

 順天堂大学は学費値下げの影響もあるのか、難易度がアップしました。付属の大学病院にも著名で優秀な先生も多く、国家試験の合格率も過去5年間の平均で全国80校中3位をキープしており、医師を目指すのにはとても優れた大学だと思います。

 女子であれば、東京女子医大がおすすめです。女子だけですので倍率も他大学よりは低めですし、チュートリアル制度をカリキュラムに取り入れるなど、とても勉強しやすい環境にあります。6年間同じ新宿区の河田町キャンパスで学べるのも良い点です。多くの女医の先輩がいらっしゃるので、卒後も何かと心強いです。

 慈恵医大も私立で最も古い歴史と伝統のある学校で、おすすめ大学のひとつです。建学の精神は「病気を診ずして病人を診よ。」で、全人的医療を目指しています。少し難易度は高いですが、学費も比較的低めでとてもバランスの取れている大学だと思います。

 以上の3大学が私のおすすめ私立医学部です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月 8日 (金)

58階日本一マンション

 国内最高階層となる58階建てのマンションが東京都中央区勝どきに完成し、報道公開されました。

 ツインタワーマンション「THE TOKYO TOWERS」で、分譲される総戸数は1981戸、高さは193m、2つの建物を合計した延べ床面積は都庁を上回るそうです。敷地内には、スーパーマーケット、保育所、クリニック、ジムやプールも併設され、大変便利に生活できそうです。

 そして最大の魅力は、都心やお台場を見下ろすことができる素晴らしい眺望でしょう。

 ちなみに分譲物件の販売価格は、2670万円~2億1600万円で、約4ヶ月で9割が成約、14ヶ月で完売と大人気でした。

 超高層マンションは今後も続々と登場する予定で、来年には川崎市に59階建てのマンションが完成予定で、西新宿には66階建てのマンション工事も進められているようです。

 景色を満喫できるお洒落な高層マンションに住んでみたいですが、地震が来たらどうなるのかを考えるとちょっと怖い気もします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月 7日 (木)

赤福の再出発

 赤福が偽装発覚以来、約4ヶ月ぶりに営業を再開しました。赤福本店前には開店前から300人以上が大行列を作り、大勢のお客さんが赤福餅を次々と買い求めました。

 中には1人で110箱、11万円分を購入した方もいて、大盛況にて午後1時過ぎには売れ切れとなりました。

 寒い中、朝早くから集まってくれたのは、ほとんどが地元三重のお客さんで、今までもそして、これからも赤福を応援してくれる方々です。本当にありがたいですね。

 私も赤福餅は大好きです。程よい甘さのこしあんと柔らかいお餅の絶妙のバランスがとてもマッチしていて、とても美味しくてついつい食べ過ぎてしまうほどです。温かい期待に答えるためにも、原点に立ち戻り二度と同じ過ちを繰り返さないよう、信頼できる企業として再出発してもらいたいですね。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月 6日 (水)

どうなる?マイクロソフト ヤフー グーグル

 マイクロソフトは446億ドル(約4兆7500億円)を投じて、米ヤフーに買収を提案しています。すると、ヤフーはMSの買収提案対抗策として、ライバルのグーグルとの業務提携を検討する方針を明らかにしました。グーグルもヤフー支援用意の態度を示し、ヤフーをめぐって、MSとグーグルが争う可能性も出てきました。

 MSの今回の提案は、検索連動型広告などを強みに世界一のネット企業に急成長したグーグルに対抗するには独力では困難と判断した背景がありそうです。

 アメリカでのインターネット検索市場では、グーグルのシェアが66%に上昇し、ヤフーは押されっぱなしという状況。日本では、ヤフーが47%、グーグルが35%ですが、この一年で差はだいぶ縮まっています。日本でもグーグルが検索シェアでヤフーを逆転する日が来るかもしれません。

 私はグーグルの凄さが分かるほどネットに卓越してはいないので、昔から使い慣れているヤフーで検索することがほとんどです。世界の大国アメリカでそれだけシェアがあるのですから、グーグルには大きな魅力があるのでしょう。ヤフーをめぐる買収問題は、水面下での激しさを増しており、今後の展開が気になるところです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年2月 5日 (火)

診療所の再診料引き下げ見送り

 中医協は、2008年度診療報酬の改定で焦点となっていた診療所の再診料の引き下げを見送ることを決定しました。

 支払い側の健保連が引き下げを求めたのに対し、診療側の日本医師会が強く反対し調整が難航していましたが、病院の再診料引き上げなどの代替策を提案し、双方の了解を得た形となりました。

 現時点では、診療所の再診料は71点、病院の再診料は57点で、病院より診療所の方が僅かに高くなっています。このため患者は負担が少ない病院を選ぶ傾向が強く、勤務医の過重労働に繋がっているとの指摘もあるようですが?・・・

 軽い風邪やずっと安定している高血圧などで、何時間もかけて高度医療機関の病院にに行くのも馬鹿げていると思います。支払いが高いとか安いとかの前に、家庭医にまかせていい病気と、病院で精密検査や治療が必要な病気とを分けて考え、自分はどのレベルの医療機関を選択すべきかを患者自身が考える意識をつけることが必要だと思います。そうしたことを国民にもっと啓蒙することも大切ではないでしょうか。

 日本の医療制度はパンク寸前であり、診察側も受診側も共に大きな意識改革の必要性に迫られていると考えます。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月 4日 (月)

氷上のプロポーズ 

 フィギアスケートの全米選手権でペアに出場した井上怜奈選手が、パートナーのジョン・ボルドウィン選手から「氷上のプロポーズ」を受けました。

 演技を終えたボルドウィン選手がひざまずき手を握りながら、「僕と結婚してくれますか」と問いかけ、井上選手は一度で聞き取れず、二度目の言葉で「はい」と返答したそうです。

 なんてロマンチックで感動的なプロポーズなんでしょう!

 井上選手は苦労人のスケーターで、渡米後、若くして肺がんを患うも病を克服し、スケート競技に打ち込み、オリンピック出場を果たした素晴らしいガッツの持ち主です。そんな井上選手を理解し、共に競技生活を歩み支えてきたのがボルドウィン選手なのです。

 人生の良きパートナーを得て、お二人にはますます素敵な人生が待っていることでしょう。末永くお幸せに・・・

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年2月 3日 (日)

トヨタが自動車生産台数世界一に

 トヨタ自動車が、自動車生産台数で米国のゼネラル・モーターズ(GM)を抜き、世界一になりました。自動車業界で76年ぶりの首位交代です。

 トヨタは効率的な生産を行う、いわゆるトヨタ生産方式を世界で展開し、97年にはハイブリット車プリウスを市販し、環境問題にも早くから対応、そして北米での高級車レクサスブランドの販売に乗り出すなど、常に時代を見据え業界全体をリードしてきました。

 1937年の創業から約70年で自動車生産世界一になり、トップに上り詰めたトヨタ自動車。さすが、日本が世界に誇る国際優良企業です。後はわずかの差でGMに及ばなかった販売台数でもトップとなり、名実共に自動車業界No.1を目指して欲しいです。

 そして、今5780円に低迷している株価が昨年の高値の8000円台を超え、1万円の大台に向かって驀進し、低迷する日本経済回復の牽引役を担っていただきたいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月 2日 (土)

私立中学入試がピーク!

 2月に入り、首都圏の私立中学入試が始まり、ピークを迎えました。今春の首都圏の私立中学の受験者数は昨年より約1000人増え、過去最多の5万3000人に上る見込みです。

 私立御三家の倍率は以下のとおりです。

 開成  3.6倍  (定員300人    出願者数1089人)

 麻布  3.4倍  (定員300人  出願者数1030人)                          

  武蔵  3.7倍  (定員160人  出願者数597人)

 桜蔭  2.3倍  (定員240人  出願者数561人)

 女子学院  3.4倍  (定員240人  出願者数807人)

 雙葉  4.6倍  (定員100人  出願者数456人)

 いずれも高倍率で狭き門です。都内の区立小学校では受験のため7割を越える生徒が欠席し、ガラガラで閑散としている所もあるとか。

 少子化で子供の数は減っているものの、私立受験者数は年々増加し、不思議な現象がおきています。ゆとり教育による公立学校への不信が原因なのでしょうか?個人的には中学受験ブームが加熱しすぎるのはいかがなものかとも思いますが・・・しかし、良い学校に行き、高い能力を身に付ければ将来尽きたい職業の選択の幅も増え、未来の可能性も広がるわけで、しっかりした教育を実践している学校に行きたい、または行かせたいという気持ちもよく分かります。今後の受験ブームはどうなるのでしょうか?

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月 1日 (金)

石川遼くん ヨネックス、パナソニックと超大型契約

 プロ転向を宣言した男子ゴルフの石川遼くんがヨネックスとクラブ、ウェア、シューズなど用具の総合使用契約を結びました。契約金は年間2億円、5年で10億円とも言われています。

 遼くんは小学4年生の時父親とヨネックスを訪れ、ヨネックス側からクラブのサポートを受けるようになり、その関係は昨年マンシングウェアオープンKSBカップで優勝してからも継続しています。

 将来どうなるか分からない10歳の男の子にクラブサポートを提供したヨネックスも立派ですし、あらゆるメーカーからオファーを受けながらも、金額より今までの付き合いの長さや誠意を重んじてヨネックスと契約した遼くんも素晴らしいと思います。

 さらにパナソニックともCM出演など所属契約を結びました。

 遼くんは容姿がカッコイイだけでなく、自分のビジョンや意見をしっかり持っていてそれをきちんと表現する事ができる、人間としても優れた人物だと思います。いつかマスターズで憧れのタイガー・ウッズを下し、優勝する遼くんの雄姿をみたいですね。がんばれ、遼くん!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »