« 京王百貨店 元祖有名駅弁大会 | トップページ | 目前!大学入試センター試験 東大の併願校 »

2008年1月13日 (日)

ピロリ菌はやっぱり癌を誘発?

 胃癌の原因とされるヘリコバクター・ピロリ菌が作り出す「CagA」と呼ばれるたんぱく質によって、癌が発症することを北海道大学分子腫瘍学研究チームが発表しました。マウス実験では、CagAが白血病など胃癌以外にも関係する可能性も浮かんだとのことです。ピロリ菌に感染した人が全て胃癌になるわけではありませんが、除菌の有効性を示す研究結果であると思います。

 ピロリ菌の感染率は日本で高く、約半数の方が感染しているといわれています。現在では内視鏡検査をしなくても、糞便中抗原検査や呼気試験で簡単にピロリ菌感染の有無を調べることができます。

 胃・十二指腸潰瘍が難治性であったり、再発を何度も繰り返している場合は、ピロリ菌除菌治療が必要です。今回の研究発表でピロリ菌の胃癌誘発の可能性も強く示唆されました。気になる方は、早めに消化器内科専門医を受診し、相談しましょう。

|

« 京王百貨店 元祖有名駅弁大会 | トップページ | 目前!大学入試センター試験 東大の併願校 »

コメント

 さよちゃん、こんばんは。胃内視鏡検査を受ける機会があるのならば、ぜひピロリ菌感染の有無をあわせて調べた方が良いと思います。こうした事もどんどん研究が進み解明されていくわけです。日々の医学の進歩には驚きますね。

投稿: >さよちゃん | 2008年1月13日 (日) 18時56分

sakiさん、こんにちは。以前行った胃内視鏡検査で慢性胃炎といわれたことがあります。ピロリ菌感染の有無も調べたいと思っていましたが、今まで機会がありませんでした。今回、sakiさんのブログを拝見して、是非検査したいと思います。

投稿: さよちゃん | 2008年1月13日 (日) 11時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/86468/9777199

この記事へのトラックバック一覧です: ピロリ菌はやっぱり癌を誘発?:

« 京王百貨店 元祖有名駅弁大会 | トップページ | 目前!大学入試センター試験 東大の併願校 »