« 橋下徹大阪府知事誕生 | トップページ | 第4回京都検定の合格発表 »

2008年1月30日 (水)

順天堂医院のがん哲学外来

 1月30日、順天堂大医学部附属順天堂医院に、「がん哲学外来」が設置されました。

 一人の人間として患者や家族、周囲の人々も含め、がんと共にどう生きるかを考え、語り合うことを目指し作られたもので、長年発がんの研究に携わってきた樋野興夫・同大医学部教授(病理・腫瘍学)が担当されます。

 従来の医療に風穴を開けたいとの視点から患者本位の新たな医療のモデルケースに取り組むことを計画し、国内で初の試みで無料での外来開設にこぎつけました。当面、1日4組約30分の予約制でスタートするそうです。

 さすがは今勢いのある順天堂です。予約が殺到することでしょう。もし私が自分や家族が治ることのないがんを告知され、どう生きていけばよいか分からなくなったら、相談したくなると思います。

 順天堂大は良い学生を採るため大学の授業料を減免したり、常に新たなことにチャレンジしている医学部だと思います。歴史と伝統もあり、医師国家試験の合格率も良く、素晴らしい大学だと思います。

 申し込み、お問い合わせは同医院がん治療センター03-5802-8196へ。

|

« 橋下徹大阪府知事誕生 | トップページ | 第4回京都検定の合格発表 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/86468/10068685

この記事へのトラックバック一覧です: 順天堂医院のがん哲学外来:

« 橋下徹大阪府知事誕生 | トップページ | 第4回京都検定の合格発表 »