« 森光子と放浪記 | トップページ | 福岡3児死亡事故と危険運転致死傷罪 »

2008年1月 8日 (火)

平成黄金の茶室とプラチナの茶室

 先日、東京銀座の「はせがわミュージアム」で平成黄金の茶室を鑑賞してきました。

 遠州茶道宗家13世家元 小堀宗実氏監修の作品で、純金箔8000枚を使用したものです。気品あふれ、吸い込まれるような上品さを持つ茶室でした。ちなみに購入希望のオファーがあるそうです。

 その他にも、人間国宝 江里佐代子氏作の「まり香合」、仏師 江里康慧氏作のパートドヴェール(ガラスの釈迦如来立像)など希少価値の高い伝統工芸美術品が多数拝見でき、とても満足でした。

 ちなみに、1月14日まで松屋銀座で開催中の「小堀遠州 美の出会い展」には、特別展示として愛・地球博に出品されたプラチナの茶室「利庵」も紹介されています。こちらはまた独創的でかつ新鮮な魅力があり、黄金の茶室とは異なる楽しみ方を満喫できました。

 新春のひととき、美の織り成す2つの茶室の素晴らしさを堪能してみてはいかがでしょうか。

|

« 森光子と放浪記 | トップページ | 福岡3児死亡事故と危険運転致死傷罪 »

コメント

 さよちゃん、こんにちは。私も初夢はまだ見ていません。金もプラチナも共に素晴らしい茶室で、一度お茶を点ててみたいなあと思いました。やはり、日本の古典文化は素晴らしいと思います。また、いろいろ見に行きましょう。

投稿: >さよちゃん | 2008年1月 8日 (火) 16時09分

今年もよろしく。時々おじゃましまーす。
黄金の茶室みました。想像よりおちついていて、でも華やかさがあり、よかったです。帰りに、枕の下におくとよい初夢がみれる金箔をいただき、早速試してみましたが、初夢はみませんでした。

投稿: さよちゃん | 2008年1月 8日 (火) 15時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/86468/9674138

この記事へのトラックバック一覧です: 平成黄金の茶室とプラチナの茶室:

« 森光子と放浪記 | トップページ | 福岡3児死亡事故と危険運転致死傷罪 »