« お値打ちランチ! | トップページ | 東京私立医大 学費、偏差値、合格率 »

2007年11月11日 (日)

私立医大 学費値下げ

 私立大学医学部の学費は6年間で平均3300万円と言われています(ただし、寄付金は含まず)。最も安いのが私学の雄、慶応大学医学部で約2000万円。偏差値に反比例して学費が高くなる傾向があります。ただ、最近医学部人気で偏差値は最低でも60ぐらいは必要になってきましたね。25年ぐらい前は、偏差値40ぐらいでも入れる大学がありましたから。

 ここにきて、順天堂大学と昭和大学が学費を大幅ダウン。学費が下がると受験者のレベルが上がり、ブランド力が上昇、患者が増え、病院経営がうまくいくというシナリオ。学費ダウンは先行投資というのが大学の考えのようです。ただ、大学病院はあれだけはやっていても、平均年間40億円の赤字だそうです。
 私立の御三家は「慶応」「慈恵」「日医」ですが、「順天」の躍進によって「日医」が脱落、「順天」が御三家入りといわれています。確かに順天堂大学は歴史も古く、御茶ノ水という都内でも好立地に病院があり名門に思います。ブランド病院では「慶応」「女子医」「順天」の順ですかね。

 都心の学生は都落ちして下宿して地方国公立大学に行くよりも、親元からブランド私立医大を目指すといわれています。研修医だけでなく、学生もますます東京志向が高まり、地方の医療過疎が進むことが懸念されています。

|

« お値打ちランチ! | トップページ | 東京私立医大 学費、偏差値、合格率 »

コメント

 上記本文を書いた記者様へ
 御三家の意味は単に一時的な偏差値の高下変化による
ものではないと思います。偏差値も一要因でしょうが、大学の歴史と伝統が最も重要です。順天堂病院は長い歴史を持つ由緒ある病院です。しかし、大学の創立は戦後で医学専門学校(医専)から、戦後の大学令改定で大学に昇格したと記憶します。因みに、大正時代の大学令で大学に昇格したいわゆる旧制医大は現在御三家と呼ばれている慶応大医学部,慈恵医大及び日本医大の三校のみです。参校とも歴史と伝統があり、あまたの人材を輩出しています。慶応と日本医大からは、研究者のほか日本医師会会長も出ています。日本医大は創立130年余を誇り、野口英世も出身者と聞きます。
大学は三大別できます。1、大正又はそれ以前からの大学(旧制大学)、2、戦前又は戦中からの専門学校で終戦後(昭和20年代)に大学に昇格した新制大学 3、昭和45~6年頃できた新設医大です。お調べください。私立医大の例:2)は東京医大,昭和医大,東京女子医大,東邦医大,等3)は杏林,北里大など多数です。
国立では、1)旧帝大(東大等7帝大),千葉大、長崎大等 2)群馬大,信州大等 3)は山形大等多数です。 戦後旧制医大(帝大も含む)は法令により全て新制医大として再発足しました。お調べになるとお分かりになりますよ・・。


投稿: あらき ほまれ | 2008年9月15日 (月) 18時46分

 官立好き好き男さん、こんばんは。コメントありがとうございます。大学を選ぶのに学費というのは大きなファクターになるのは間違いないと思います。おっしゃるように、国立を蹴って私立に行く人は少数派で、実際には国立を選ぶ人の方が多いのも事実だと思います。私の同級生も現役の時、大阪医大に合格しましたが、学費の問題で断念し、結局浪人して国立の医学部に入学しました。国立にせよ私立にせよ、医学部人気は高まりを見せ、医師になるのも難しい時代になりましたね。

投稿: 官立好き好き男さんへ ブログ主より | 2008年4月 7日 (月) 00時10分

国立大学附属高校→東大文科卒→地方国立大学医学部を経験したものです。都内私立医大の難易度は上がっていることは認めますが、私立医大合格者のいかほどが国立大学に合格していると思われますか?2割いないと思います。私立は専願が多いのも事実です。国立を蹴って私立いく場合ですが本当に悩みますよ。私は私立は日医、昭和に合格しました。慈恵は当時は国立と試験日が同日日でしたね。慶応だったら国立蹴ってでも行ったと思いますよ。でも慶応も阪大九大東北に蹴られています、新潟群馬広島にも慶応蹴りがいます。まあ、親の経済力も大いに関係しますが、医学部はやはり国立が断然難しいですよ。学費が10分の1ですからねえ。

投稿: 官立好き好き男 | 2008年4月 6日 (日) 14時03分

 記事野 正さん、こんばんは。ご来訪ありがとうございます。記事野さんのおっしゃるように、大正時代に出来た私立御三家はやはり別格だと思います。有名な医大の歴史を垣間みて楽しみたいと思います。アドバイスありがとうございました。

投稿: 記事野 正さん | 2008年3月21日 (金) 22時41分

私立医大御三家は、やはり慶応・慈恵・日本医大です。
大正時代の大学令により、この3大学は、大正時代から大学です。したがって多くの人材(例:日本医大は野口英世や元日本医師会長など・・・・)を生んでいます。
 その他の私立医大は、終戦後(昭和20年代)医専から医大に昇格したか設立したものです。御三家は大学そのものの格が違います。学費が安くなったから偏差値が上がるという一持的なものではありません。順天堂病院は歴史のある病院で大学も立派ですが、戦後の大学です。医学部及び医大は、:第2次大戦以前からの大学・旧帝大,旧国立医大及び私立三医大(御三家):終戦後昇格又は設立した大学、:1県1医大構想で昭和45年以後設立された新設医大の3グループがあります。医学界にはいまだ不確定な偏差値では計れない厳然たる格の相違と人脈があります。医大・医学部の歴史をお調べくださると面白いですよ・・・。


投稿: 記事野 正 | 2008年3月20日 (木) 17時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/86468/8855267

この記事へのトラックバック一覧です: 私立医大 学費値下げ:

» 2011年慶応小学校横浜校設立について [慶応小学校横浜校(仮称)Q&A]
慶応小学校横浜校設立について、まとめた記事です。トラックバックさせていただきました。何卒よろしくお願いします。 [続きを読む]

受信: 2007年11月14日 (水) 22時03分

« お値打ちランチ! | トップページ | 東京私立医大 学費、偏差値、合格率 »