« メタボ基準 不変 OR 変更 | トップページ | 時代祭&鞍馬の火祭り »

2007年10月21日 (日)

荒行6年ぶり達成!

 千日回峰のなかでも厳しい「堂入り」。精神的修行にはなるでしょうが、肉体的には過酷で、体に悪そうです。
 下記記事は10月21日、読売新聞より

 比叡山の荒行「千日回峰」のうち、山中の明王堂(みょうおうどう)(大津市)に9日間籠(こ)もる「堂入り」に挑んでいた延暦寺大乗院住職、星野圓道(えんどう)師(32)が21日未明、満行した。
 達成は6年ぶり、戦後12人目。
 星野師は13日午後から、食事や水を断ち、不眠不休で不動真言を10万回唱え続けた。21日午前2時56分、星野師が両脇を支えられ、堂内からゆっくりとした足どりで姿を現すと、待ちわびた約600人の信者らは、手を合わせて真言を唱和した。
 「堂入り」は、千日回峰700日終了後の行で、最難関の苦行とされる。満行した行者は生身の不動明王とされ、「当行満阿闍梨(とうぎょうまんあじゃり)」と称される。

|

« メタボ基準 不変 OR 変更 | トップページ | 時代祭&鞍馬の火祭り »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/86468/8547764

この記事へのトラックバック一覧です: 荒行6年ぶり達成!:

« メタボ基準 不変 OR 変更 | トップページ | 時代祭&鞍馬の火祭り »