« 甲子園 大会13日目 予想と結果 | トップページ | 中華航空 爆発の瞬間画像 »

2007年8月20日 (月)

気温と株価とFRB

 酷暑列島日本。最高気温が塗り替えられるなか、日経平均は年初来安値更新。サブプライムローンの焦げ付きが、世界的な株安、円高の引き金になったと伝えられています。
 米国株安を受けFRBが緊急に公定歩合を0.5%引き下げました。FRBが「緊急」に措置をとることは滅多にないので、余程の事態と判断したのでしょうね。これに反応し、17日のダウは急反発、週末大きく下げた日本株もリバウンドすると思います。問題はどの程度戻るかどうか?
 日銀のオペも奏功せず、今の株価水準では利上げは先送りにするのでしょうが、日本株はやはりアメリカ市場次第でしょう。

|

« 甲子園 大会13日目 予想と結果 | トップページ | 中華航空 爆発の瞬間画像 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/86468/7580728

この記事へのトラックバック一覧です: 気温と株価とFRB:

« 甲子園 大会13日目 予想と結果 | トップページ | 中華航空 爆発の瞬間画像 »