« 斎藤選手のコメント・スピーチ | トップページ | コムスン 介護地獄 »

2007年6月 6日 (水)

実演手術で患者死亡

 06年9月、医師の研修目的でライブ手術を行い、患者さんが死亡していました。
 愛知の病院で行われた腹部大動脈瘤の手術をライブ中、瘤が破裂。中継をやめて緊急処置を施すも2日後に亡くなりました。記録映像から、中継を見ていた医師から異論がでるも、執刀医は反論しながら手術をしていたこと、患者さんに死亡率が2割程なのに5%と説明していたことなどの問題点が指摘されています。

 06年10月、東京 千代田区の三井記念病院では、研修中の歯科医から全身麻酔を受けた患者さんが、麻酔薬の注入直後に心停止となりました。心拍は戻ったものの重い障害が残り、体調が回復しないまま、同12月下旬に亡くなっています。
 家族への説明では、歯科医の研修については全く説明がなかったといい、遺族は「もし歯科医の研修という話を事前に聞いていたら、手術に同意しなかった」と話しています。
 病院は歯科医師の麻酔研修を中止としました。

 02年、慈恵医大附属青戸病院で前立腺がんを腹腔鏡手術で行い患者さんが死亡しました。事件に関与した助手の医師の控訴審が東京高裁で行われ、判決は同医師は補佐的役割とし、禁固2年を1年6ヶ月(執行猶予4年は変わらず)としました。

 ルールもあまりにも厳しすぎると進歩・発展を妨げるかもしれません。しかし、患者さんへの説明や同意はちゃんとして欲しいですね。

その他の話題
・皇太子殿下 十二指腸ポリープ切除のため東大病院入院
・ハニカミ王子 石川くん
 関東アマチュアゴルフ 3オーバー8位タイ
・電通室長が、自衛官が、NHK職員が痴漢で逮捕
・緑資源機構 島根でも官製談合
・島根・出雲署 女性巡査長が拳銃自殺
・米倉涼子が全裸でプレゼントに!?

|

« 斎藤選手のコメント・スピーチ | トップページ | コムスン 介護地獄 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/86468/6676706

この記事へのトラックバック一覧です: 実演手術で患者死亡:

» 「ライブ手術」で患者が死亡 愛知で昨年9月 [ニュースの時間。]
『医師の研修を目的としたライブ(実演)手術で昨年9月、患者の死 亡する事故があっ [続きを読む]

受信: 2007年6月 5日 (火) 20時43分

« 斎藤選手のコメント・スピーチ | トップページ | コムスン 介護地獄 »